2018年1月16日火曜日

スタッフレポート

先日結婚2周年祝いで、江波山にある「シエ・ヤマライ」というフランス料理店へ行きました。

かなり歴史のある店で、元を辿れば1900年頃からやっているそうです。

フランス料理をやり始めたのは1970年からで、そこから考えてもかなりの長い間続いてる店だと思います。

江波山気象館と江波山公園の横にあり、店の雰囲気はレトロなログハウスのような感じです。

フルコースが夜は5000円からで、特別な日に行くのに良い所だと思います。

僕はあまり料理には詳しくなく、フランス料理とイタリア料理の差がわからないくらいですが、何れも美味しく頂けました。

特にシエヤマライが力を入れている牡蠣料理は美味しかったです。

この冬の間にもう一度くらい行けたらいいなと思います。

業務部 森川誠


2018年1月15日月曜日

スタッフレポート「忘年会に参加して」

12月月初恒例の㈱カンサイ忘年会に参加させていただきました。

会場は数年ぶりのオリエンタルホテルでした。例年、忘年会当日は、勤務も結構多忙で、集合時間に間に合わせるのに必死ですが、当日は、ちょうど休日をいただけた日だったので、ゆっくり自宅で身支度をして会場に行く事が出来ました。

ちょっとしたトラブルで会の開始時刻が遅れたので、待ち合いで色々皆さんと話をしたりする事が出来ました。
 
普段は、仕事モードでなかなか話をする事がない皆さんと他愛ない話をしながら、こういったコミュニケーションも時には必要だなと感じました。また、普段なかなか顔を見る事もない方も今回は参加されていて、お元気そうな顔を見ると、ほっこりする気持ちになりました。
 
忘年会が始まってからも、終始和やかで、楽しく2時間弱を過ごす事が出来ました。
 
私も、数年前、幹事を経験しましたが、今回の幹事の方々も準備が大変だったと思います。参加する皆さんが喜んでくれる事を期待し、色々準備するのですが、なかなか想定通りにはならなかったり色々するのですが、そんな事も無く、最後まで皆さんも楽しそうでした。幹事の皆さん、お疲れさまでした。
 
また、来年も同じメンバーで開催出来れば良いなと思います。
 
本社工場 飯田一樹

2018年1月11日木曜日

スタッフレポート

私の個人的意見かもしれませんが、今年の秋は紅葉が例年になく長く楽しめて、かつ美しかったように思います。

母が景色を楽しみながらのドライブが大好きなので、何度も紅葉狩りに出かけました。

年齢の割には足腰が丈夫な方だと思うのですが、だんだん陰りがでてきて、不注意で転倒してしまったり、足首が痛くなったりと不調を訴えるようになってきました。

無理はさせられないのですが、出不精にならないよう毎週末には少し運動になるようなおでかけプランをたてるようにしています。

自分でも感じるのですが、年々少し油断すると覇気のない日常を過ごしてし まいがちです。

自分のモチベーションを保つには、創意工夫が必要だと肝に銘じて日々を過ごしたいと思います。

総務部 金子美絵


2018年1月10日水曜日

スタッフレポート

昨年の122日に関新会主催の忘年会が行われました。

関新会とは、カンサイの主なイベントの立案から運営まで行っています。

今回は、テーブル1チームで、数あるうまい棒の味を当てるゲームや、カンサイ社員の顔のパーツを当てるゲーム、そして毎年恒例のビンゴ大会など大いに盛り上がりました。

カンサイでは、社員の家族を招いての家族会や社員参加の研修など、社員間や家族とのコミュニケーションの充実に力を入れていて、近年、忘年会の雰囲気も一層和やかになってきているように感じます。

関新会の皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
 
営業部 中尾友暁

2018年1月9日火曜日

スタッフレポート

業務部は、繁忙期に入ろうとしており、防食工事や下水管のテレビカメラ調査など忙しくなってきました。

工事や調査には報告書などの成果物を提出するのですが、この作成にはとても時間がかかり大変だったのですが、最近パートさんが入り、毎日調査してきた内容を報告書にまとめてくれており大変助かっています。
 
調査から報告書作成までの時間が短縮され、作業効率が上がっています。
 
年間で多くの工事や調査がこなせるようにこれからも効率を求めていきたいと思います。
 
業務部 水田竜志

2017年12月28日木曜日

スタッフレポート

先日、カンサイの忘年会が開催されました。

今回は、自分が幹事という立場で臨む初めての会だったため、過去幹事をしてこられた方々の苦労をこれでもかというぐらい体感することとなりました。
 
去年までは、自分の中ではカンサイの忘年会は、年中行事の中でも大きな楽しみの一つでした。しかし、幹事になった途端、「苦痛」とまでは言いませんが、完全に「楽しみ」ではなくなっていました。
 
準備もあれこれ大変でしたが、本番当日は、準備開始時間が大幅に押すという想定以上のトラブルから始まり、会が始まってからも小さなアクシデントがちょこちょこありつつ、最終的には、開始時間の遅れ以上に閉会時間が更に押すというてんやわんやな忘年会となってしまいました。
 
自分としては、反省点しかない忘年会となってしまいましたが、そのような状況にもかかわらず途中のクイズやビンゴなどを盛り上げて下さった参加者の皆さんや、臨機応変に対応してくれた他の役員の皆さんには、本当に感謝しかありません。
 
「立ち位置が変われば、見え方も変わる。」

今までの人生の中で何度も経験してきたことですが、今回もそのことを強く感じました。
 
引き続き来年の忘年会も幹事を担当することになりますが、今年の反省点をしっかり活かし、皆さんに喜び、楽しんでいただける会にしたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久

2017年12月27日水曜日

スタッフレポート

先月、友人と九州のスペースワールドへ行く機会がありました。

私が幼い頃から何度か訪れた事のある遊園地ですが、12月末で閉園されるそうです。
 
園内を散策したり、アトラクションを楽しんだりしましたが、私の記憶にあるスペースワールドと何も変わっていませんでした。
 
昔は遊園地のような特別な場所でしか体験する事が出来なかった3DXも、今では大きめの映画館で体験する事が出来ます。

技術の進歩の早さを感じました。
 
閉園してしまうのは残念に感じますが、久しぶりに童心に帰りとても楽しく過ごせました。

最後に訪れる事が出来て良かったと思います。
 
総務部 山田佳恵