2017年7月26日水曜日

スタッフレポート

梅雨の時期になりました。

今私は下水管の調査業務に従事しています。

基本的には小型の自走式テレビカメラを下水管に挿入して異常がないかを調べているのですが、管の直径が80cm以上については直接人間が下水管の中に入って作業をします。

今施工している下水管は合流管といって、汚水、雨水共に流れています。

例えば、近年頻繁に発生している局所豪雨が近くで降った場合、あっという間に下水管内が増水してしまう為、中で作業をしていた場合は事故に繋がります。

また、下水管路は密閉された施設である為、酸素欠乏の発生も考えられます。

責任者として従事している私としては、一緒に作業をする仲間の命を預かっているという気持ちを常に心がけ、安全に対して妥協することなく、無事この仕事を完了できるよう、取り組んで参ります。

業務部 菊池一彦

2017年7月25日火曜日

スタッフレポート

この度3度目の家族会を行いました。

豊平どんぐり農園でのいちご狩りと豊平どんぐり村で、ワークショップとランチという内容でした。

小さいお子さんから大人まで楽しんで頂ける様な内容を部内で考え、今回も試行錯誤しながらの企画となりました。

今回は途中で場所を移動をしたり、当日の準備がばたばたしてしまって少し参加者の方に迷惑を掛けてしまったように思います。

でも、一年ぶりに会うお子さんの成長を感じたり、楽しそうにしている様子を見て微笑ましい気持ちになりました。

今回の反省点を踏まえ、来年はもっと良いものにしていきたいと思います。

総務部 金子美絵

2017年7月24日月曜日

スタッフレポート

今月末、いよいよ富士登山です。

五月の終わりに、登山予定の何人かで宮島の弥山に登ってきました。

弥山には子供の頃、何度か登ったことがあり、軽い気持ちで臨みましたが、こんなにキツイかったとは!

登るペースが速かったとはいえ、心拍数が上がり、膝もガクガクで、日頃の運動不足がたたる羽目になりました。

仕事が終わり家に帰ると風呂上りに、ついビールに手が伸びてしまいます。

がしかし、さすがにこのままだと体力的に不安になってきたので夜な夜なウォーキングぐらいはしていきたいと思います。

業務部 大村治生

 

2017年7月20日木曜日

スタッフレポート

629日の夜、激しい雷雨と夜中に何度も鳴る警報で翌日睡眠不足を感じた人は少なくないと思います。

睡眠と言えば、近頃「睡眠負債」という言葉が注目されているようです。

毎日の睡眠不足が積み重なり命のリスクにつながるとのことです。

この慢性的な睡眠不足によりガンや糖尿病、高血圧などの生活習慣病になるリスクが1.5から2倍に上昇すると言われています。

「睡眠負債」の返済のため休日に寝だめをするのは、そのやり方次第ではかえって身体に負担がかかるため、専門家の話では、

・普段より長く眠るため遅く起きるのではなく、早く寝ていつも通りの時間に起床する。

・早く寝るのが難しければ、いったんいつも通りの時間に起き光を浴びて体内時計を動かしてから二度寝や昼寝をする。

こうすることで睡眠負債を返済するのがいいそうです。

私自身、週の内12日睡眠不足を感じることがあり、休みともなるとつい朝ゆっくり起き、更にダラダラと昼寝をしてしまったり、ということが多く悪い睡眠のとり方をしていたようですので、睡眠負債を返済すべく、上記を実践していこうと思います。

総務部 吉村綾子

 

2017年7月19日水曜日

スタッフレポート

この6月からハガキ郵便の値段が値上がりしました。

消費税増税に伴う値上がりの時は、かなり大きなニュースとして取り上げられていたように思いますが、この度の値上げは直前になるまでほとんど話題になっていなかったように感じます。

普段あまり意識していませんでしたが、テレビからの情報が主な情報源になっていたのかな、と考えさせられました。

もっと色々な事に興味を持ち、自ら情報を得るように心掛けたいと思います。

総務部 山田佳恵

 

2017年7月18日火曜日

スタッフレポート

5月中旬に、FRP工法協会主催のFRP内面補強工法技能士の講習を受講しました。

管更生を行う上で必要な技術の1つで、今業界内では注目されている工法の1つです。

薬剤に硬化剤を混ぜ、ガラス繊維に含浸させ、専用の機械に巻き付けます。それを管の中に入れて補修していくのですが、含浸方法や硬化時間の調整など専門的な技術が随所に必要で難しい内容でした。

この工法の特徴は、耐食性に優れ、材料が50年仕様の本管更生と同等以上の高強度で耐久性に優れており、1か所あたりの施工時間が短く経済的であるところです。

最近のカンサイは、あまり管更生を行っていませんが、これから必要になることもあると思いますし、FRP製のグリストラップの補修などにも対応できるので、今ある業務から幅が広がっていくと思います。

受講させて頂きありがとうございました。

業務部 水田竜志 
 



2017年7月14日金曜日

エコアクションレポート「第三回 家族会」


624日(土)に、山県郡北広島町の豊平どんぐり農園と豊平どんぐり村にて、「第三回 家族会」を行いました。

社員(ぶぶも)と社員の家族、総勢58+1匹が集まりました。
 

まず、豊平どんぐり農園に向かい、いちご狩りを行いました。

豊平どんぐり農園のいちごは何種類もあり、どれもとても甘く、色んな種類を食べ比べながら美味しいいちごを沢山食べることが出来ました。

 
 
 
 
 
今回はいちご狩りの間に、『いちごゲーム』という、いちごの重さ当てクイズを行いました。

このゲームは、自分の予想したいちごの重さと、実際のいちごの重さの差が少なかった人が勝ちで、なんと!1位の賞品は、カープのチケットでした!!

いちごの重さをはかりで量るところです。
賞品獲得できるかな?

 
その後、どんぐり村に移動し、うちわに好きな絵を書き、自分だけのうちわを作ることが出来るワークショップを行いました。
 
 
 
 



昼食後は、いちごゲームの結果発表と景品の授与を行いました。

 
大人部門の1位は、予想と実際の重さの差が1グラム差で、子供部門ではピタリ賞が出ました!

おめでとうございます!!

 
 
同点の人はじゃんけんで順位を決めました。
 
 

午後からは自由行動で、どんぐり村園内で遊んだり、道の駅でお土産物を見たり、各自思い思いの時間を過ごしました。

ぶぶは子供達に大人気でした。

 
 

家族会は今回で三回目を迎えることが出来ました。

このような行事は、普段あまり接することがない他部署の社員と話をすることが出来たり、仕事以外の意外な一面を見ることが出来るので、社員同士のコミュニケーションが深まっていると感じます。
 
また、家族の方にも参加をして頂くことは、会社のことを理解して頂くことが出来るので、これからもこのような行事を継続して開催し、社員間・家族間のコミュニケーションを深めていきたいと思います。

 
総務部 舛本奈美