2017年8月17日木曜日

スタッフレポート

暑い季節がやってきました。

今年は猛暑と言われており、毎日のように熱中症で搬送されたというニュースを見かけます。

今の時期は、日中家の中は網戸にしていても、部屋の中がかなり暑くなります。

ペットを飼っているのですが、暑くてもクーラーを毎日昼間からつける訳にもいかず、室内で飼っており、外の涼しい場所に自分で自由に出かけることは出来ないので、何かいい方法はないかと考えていたところ、最近はペットの暑さ対策として、ペット用のひんやりマットやシートなどが発売されているのを知りました。

中でも冷却ジェルが入っているマットは、体感体温を34度も下げるそうです。

ペットは人間のように汗をかいたり出来ず、暑さに強いといわれていますが、猛暑はペットも辛いと思いますので、そういった物を取り入れたりして、ペットの猛暑対策をしたいと思います。

総務部 舛本奈美

2017年8月16日水曜日

スタッフレポート「野球観戦」

今年初めての野球観戦に家族で行ってきました。

3年振りのナイターで、照明に照らされた芝がきれいでいつも以上にテンションも上がりました。

子どもの時初めて見た旧市民球場でのナイターは、テレビで映しだされる芝が剥がれた球場ではなく、蒼々と芝が生え、野球少年だった私にとっては憧れの場所だったことを思い出しました。

カープも勝ちリフレッシュできいい時間を過ごすことができました。

本社工場 北川貴伸
 

2017年8月10日木曜日

スタッフレポート

この度、主任に昇進することになりました。

この昇進は私自身の力だけではなく、業務部の先輩方が長い目で育てて下さり、また他部署の方々のフォローあっての事です。

今現在、現場仕事後にPC入力業務に没頭している最中で、中々目の前の仕事を務める事で精一杯なのですが、まだまだ出来ない事があるので自身の仕事の幅を増やすのはもちろん、自分にしか出来ない事を見付ける事、他にも周りのフォローにも力を注ぎたいと思います。

業務部 森川誠

2017年8月9日水曜日

スタッフレポート

先日、カープを見に行きました。

この日の先発は大瀬良で、初回から味方のミスなどで3失点といまいちな内容でした。雰囲気的にも6回までは勝てそうな感じはなく、今日はダメかなと思って見ていました。

しかし、7回に磯村の1点差に迫るプロ初ホームランが飛び出し、球場の雰囲気が一変しました。8回表には、松山のバックホーム送球でアウトにし、失点を阻止しました。こうなれば後は逆転じゃろと、誰も疑うことなく見ていたと思います。

8回裏には、あれよあれよという間にチャンスが広がり、4番鈴木の逆転3ランホームランであっさり逆転し勝利しました。

鈴木選手は、4月下旬から4番に座り、ずっと4番を打っていますが、なかなかいい結果を残せず、もどかしさがあったと思います。
 
この日も4打席目までは精彩を欠いていましたが、『ここっ』という所の集中力は素晴らしいものがあるなと感じました。ベースを回っているときの何度もするガッツポーズは本当に感動しました。

セリーグ連覇が見えてきたカープですが、気を抜くことなく勝ち続けてほしいです。そして昨年逃した日本一をカープファンに見せてほしいと思います。

業務部 水田竜志

2017年8月8日火曜日

スタッフレポート

今年で3年目の家族会が開催されました。

みなさん、お疲れ様でした。

今回は、過去最高の参加者で、天気予報では、60%位の雨でしたが、天気も味方して、なんとかもってくれました。

初めて参加される家族の方や、毎回参加される家族の方、奥さん、旦那さん、子供さんとも親睦ができ有意義な時間でした。

特に、子供さんたちの成長には、逢うたび驚かされます。

また、次回まで楽しみです。

総務部 藤岡広志

2017年8月7日月曜日

スタッフレポート

何年か前から一部スーパー等でセルフレジなるものが登場しています。

店員を通さず客自身がバーコードを読み取り支払いを行うレジです。沢山買う人、特にバーコードがついていない商品が混じっていたりすると大変かもしれませんが、小量の場合はスムーズに会計を済ませることができます。だいたい進みの悪い方のレジを選択する身としてはストレスから解放されるわけです。

さらに先日、全商品に電子タグをつけ、台に置くだけで精算が完了するシステムを全てのコンビニに導入するという発表がありました。数年後にはレジ周りの状況が一変しているかもしれません。

人手不足の解消になるのか働く場所を奪うことになるのか。個人的には状況が変われば新しい仕事が生まれてくるのではないかと思っていますが。

営業部 橋本一広

2017年8月3日木曜日

スタッフレポート

先日、お陰様で無事長男が誕生しました。

長女、次女の名前は妻が考えた(私も考えましたが却下されました)ので、今回は私が命名権をもらいました。

私は、占いなどには関心がなく、画数なども気にしないでいいかなと思っていたのですが、長男の名前を考えているときに、何気なく自分の名前の画数を調べてみたところ、ものすごく良い画数であることがわかりました。

私の名前は父親が付けてくれたようですが、画数が良かったということより、父親がそこまで考えて自分の名前を付けてくれていたことをありがたく思いました。

姓名判断を信じる信じないは別にして、良い結果を不快に思う人はいないでしょう。

そのような経緯もあり、音の響き、漢字の意味、画数にこだわって名前を考えました。

様々な問題を抱えている日本、世界、地球ですが、強く優しくしなやかに人生を歩んでほしいと思います。

倉橋工場 石津智久