2011年1月31日月曜日

スタッフレポート「今年を振り返って」

 早いもので、今年もあと二日で終わりとなります。
今年を振り返ってみると、例年と比べて
本当に充実した一年でした。

ETFにも大きな影響を与える問題が発生したりもしました。
もちろん、まだ施設内にはその影響も多くありますが、
そういった環境の中でも、事象に対して前向きに
取り組む事が出来たと思います。

また、色々な新しい取り組みや改善も
実施する事が出来たと思います。
 
反省点は、色々新しい挑戦や改善を多く実施するあまり、
一つ一つの改善策の成果や結果をしっかり検証
出来ていない物もあります。
問題が解決した事に満足し、検証が疎かになりがちでした。
来年はそういった所も改善していきたいと思います。
 
まだまだではありますが、今年は例年よりも
私なりに成長する事が出来たと思います。
来年もより一層努力して、自分を成長させたいと思います。

2011年1月28日金曜日

スタッフレポート

サッカーアジアカップが始まりました。
ザッケローニ新監督の初公式戦ということで、
非常に楽しみです。

そんな中、「キング・カズ」こと三浦知良選手と
「旅人」中田英寿氏の対談をテレビで見ました。

お二人とも日本サッカーの歴史において
欠かすことの出来ない方達ですし、
殊に三浦知良選手においては私と同年代でありながら
今尚現役という、まさに尊敬に値する人物ですので、
大変興味深く拝見しました。

その対談の中で、今の日本代表に望むことは?
という質問に対する答えが共に“サッカーが上手い選手が
一人でも出てきてほしい”というもので、
なるほどと思うとともにさすが、とも思いました。

身体能力が高い、ドリブルが速い、シュートが正確
というだけではない「サッカーが上手い」というニュアンス。
試合の流れを読みながら他の選手を使い決定的な仕事をする。
そういうことなんだろうなと、妙に納得しました。

2011年1月27日木曜日

スタッフレポート

あと少しで新年を迎えます。

来年は体調管理を万全にして
技術の向上が出来るように頑張りたいと思います。

2011年1月26日水曜日

スタッフレポート「全力疾走する。」

全力疾走する。

私は子ども会の球技を指導していますが、
この言葉から指導をはじめる事を基本にしています。
全力で走ることは技術的なことを抜きにして、
誰でも気持ちがあればできることです。

しかし、全力で走ることは
思った以上に教えるのが難しいことです。
選手が「上手になりたい」「試合に勝ちたい」
という気持ちになったとき、練習から繰り返し
実践してはじめてできることです。

六年生はこの3月で卒業していきますが、
最後の試合で下級生が必死の顔で
全力疾走していることでとても嬉しい
気持ちになりました。

上級生が必死に全力疾走していないチームで
下級生がそうすることはありません。

毎年強いチームは常にこういう循環ができて
気持ちの部分を上級生から受け継いでいきます。
子どもたちはやる競技が変わっても、
この気持ちを忘れず全力疾走して欲しいものです。

2011年1月25日火曜日

スタッフレポート

2010年も無事に終わり、新しい年になりました。
時間が経つのがとても早く感じます。

朝礼でも話をさせてもらいましたが、
今年も元気で大晦日を迎えて、
幸せな一年だったと言える年にしたいと思います。

また、皆の迷惑にならないように
去年よりも頑張りたいと思います。

2011年1月24日月曜日

スタッフレポート

 2000年代のはじめの10年が過ぎ2011年を迎えました。
携帯電話・インターネット等情報関係の分野が急速に
発達した印象があります。

年明け早々、全国ニュースを見ると様々な話題があります。
インターネットに関係して、ネット上で買い物をする
ということが当たり前になっており、
今回起きた事件ではネット上からお節料理を
注文したところ豪華お節のキャッチコピー
にもかかわらず届いたのは、中身が少なく、
しかも異臭がするといった冗談でも豪華とは
言い難いものらしい。
私もその写真を見たが残飯を詰め込んだような
とても売り物として出せるようなものではなかったです。

2,3年前に食品偽装が話題になりましたが、
また復活してくるとは思いもよりませんでした。
 
明るいニュースとしては、
「各地でタイガーマスクからの送りもの」があります。
児童養護施設の子供たちにタイガーマスクの主人公
伊達直人がランドセルを贈っているのです。

模倣事件かもしれませんが、各地で同じ手口のものが
発生しています。私もこのニュースを聞いて驚きましたが、
タイガーマスクという演出が凝っているのと
寄付者の正体が不明な点に素晴らしい話と思うのと同時に
感動しました。
できれば、わたしもこんな風にできたらいいのに
と思いますが残念ながらそこまでの甲斐性がありません。

今後の人生の目標にしたいと思います。
 
今年もいろんな年になりそうですが、うさぎ年らしく
ステップアップを行い、次の辰年に天に昇る為、
今年一年努力していきたいと思います。

2011年1月21日金曜日

スタッフレポート

2010年も今日で終わりですがこの時期に思う事は
やはりこの一年を振り返り年の初めに立てた
目標や計画がどれくらい達成できたかということです。

私の場合、勤めていた会社を退職し、新たなところで
がんばろうと奮闘しておりましたので就職ということが
大きな目標でそれに向けて目標や計画を設定し
新年の抱負としておりました。

その結果、(株)カンサイでお世話になることとなり
目標を達成するができたことを大変感謝しております。

来年は(株)カンサイに入社して初めての新年
ということで公私共に昨年より具体的な目標を
立て気持ちも新たにがんばりたいと考えております。

それからこの一年(株)カンサイの皆様方に
大変お世話になったこと、心より感謝しております。

2011年1月20日木曜日

スタッフレポート

今年一年、振り返ってみると
多くの人に助けられて過ごしていることに
気づかされました。

搬入してくださるお客様、営業部・業務部・
総務部・庶務課の人達・忘れてはいけない
ETFのメンバー。

誰一人として欠けては今の私は存在していない
ことを感謝し、その人達の為に私は
なにか出来ているか深く反省し、
明日からの活力にして来年は多くの人からの
信頼を得られるように一日一日を大切に、
感謝の心を忘れずに過ごしていきます。

2011年1月19日水曜日

スタッフレポート

㈱カンサイにお世話になり、6年たちました。

約6年の間には、公私とも様々なことがありました。
落ち込むこともあり、自分を否定したくなることも
ありましたが、そんな時でも会社に来て仕事をすることで
自分の居場所がある喜びを感じることができました。
 
様々な仕事をさせていただけて感謝しています。
あと少しですが、しっかりと自分の仕事をして
恩返しできたらいいなと思っています。

2011年1月18日火曜日

スタッフレポート「年頭所感」

正月の朝、ベランダのすずめ達の
賑やかなさえずりで眠りから覚めました。

混沌とした時の流れの中で
平成23年ウサギ年は
どんな年になるのでしょうか。

昨今、正月とは言っても門松や注連飾りに
新年の装いは感じられますが、
道行く人たちはいつもと何ら
変らない普段着姿がほとんどです。

日常の中の一通過点と堕してしまった正月・・・

男の子の無事成長を祈った凧揚げ、
女の子の一年の災いを払うとされた羽根突き、
そしてコマ回しなど正月の風情は
子供達が遊ぶ事の出来る空地の減少や
TVゲームなど遊びの変化で
過去の遺物となりつつあるのは寂しい限りです。

核家族化の中で例年の如く渋滞の帯の続く
高速道路をひたすら走り、超満員の新幹線に
耐えながら故郷をめざす民族の大移動の様子が
マスコミ報道されますが故郷の家族に会いたい一心で
移動の苦労をいとわない姿に家族の絆を感じます。

正月から営業する店舗が多いことは、
消費者にとっては確かに便利ですが、
店舗で働く人達は家族団らんの新年を
迎えることが出来ません。

利益優先の経済社会にあっては
仕方がないのでしょうが、
人間社会の何か大切なものを
失っているような気がしてなりません。

ともあれ、景気回復の兆しが見えない
年頭にあって時代の変化に対応しつつ
ウサギが跳ねる勢いにあやかって
この1年を過したいと思います。

中休みしないで着実に歩みを運ぶ
亀さんに追い抜かれることのないように。

2011年1月13日木曜日

スタッフレポート

誠意という言葉はとても便利だ。

「誠意ある対応」といえば、それは良い意味だろう。
しかし「誠意を見せろ」というのは、
言葉とは裏腹に何らかの要求を
突きつけている台詞である。

あまりに濫発しすぎると「誠意」は軽いものになる。
「セイイ大将軍」と揶揄されたタレントがいたように、だ。

車中でラジオを聴くと、国会中継をやっていた。
国会中継では、予算委員会の与野党の攻防が
繰り広げられていたが、まさしくそこは
「誠意のデパート」とでも呼ぶべき有様だった。

野党委員が閣僚に質問をぶつける。
閣僚の中には、明らかに質問内容を聞いていなかったり、
理解できていなかったりと、資質を問われても
仕方のない者もいたが、多くはのらりくらり、
イエスなのかノーなのか、同じ言葉を繰り返す、
など、議論がかみ合わない、
およそ誠意とは無縁の答弁であった。

そうしたときに限って「誠意」という言葉が登場する。
「誠意を持ってやります」という具合だ。

資質の問題は横に置いておくとして、
問題はこういうときに使われる
「今後は誠意を持ってやりますので」というくだりだ。

誠意を持って対処するからこれ以上は言うな、
という意味だろう。ここに私は違和感を覚える。

「誠意」とは、何をもって判断するのか。
自分が誠意ある態度をしているのだからいいではないか、
なのか。誠意とは、相手がそれを「まことの心」
と受け止めて、感じてくれるからこそ、ではないのか。

こっちがこれだけ誠意を見せているのに、
あいつの態度はなんだ、と私もつい思う。
しかし相手が「まことの心」だと受け止めてくれなければ、
独りよがりの押し付けでしかない。
そんなものが誠意であるはずがない。

ラジオを聴きながら、本当に伝わる誠意とはどういうものなのか、
それは意識して為すことなのか無意識から生まれるものなのか。
自分の誠意が軽くなってしまわないよう、
飾らずに、素直に人と向き合うことを考えた。

2011年1月12日水曜日

雪が積もりました

ここ石内では、今朝雪が積もりました。


長期予報では1月は冷え込むということでしたが
天気予報通り、昨年末に続いて
2回目の雪景色です。


車輌ならびに工場の安全運転と
各自体調管理に心がけたいと思います。
寒さが厳しいですので
皆様も風邪、インフルエンザなど
お気をつけください。

2011年1月11日火曜日

スタッフレポート

娘が2歳になり色々と言葉を覚えてきました。

保育園・自宅で何気ない言葉も聞いていると思います。
ですから、変な言葉を覚えてしまう前に、
自分たち大人が使う言葉を気を付けていきたいと思います。

2011年1月8日土曜日

マルシェin ひろしま

昨年暮れに、「マルシェinひろしま」に出店しました。
そのときの様子をご紹介します。























これは、NPOふぞろいプロジェクトさんが企画運営される

イベントで、今回は12/21、一日限りの市場(マルシェ)が

開かれました。
























会場は紙屋町シャレオ中央広場です。























みなさん自慢の産品を持ち寄り、

お客様に猛烈アピールです。



私どもは、きなり村の野菜、卵、アイスクリームなどを

出品しました。

他の野菜を扱う方と比べて割高だったのですが、

それでもなんとかほとんどの品を完売することができました。




安心安全、しかもおいしい野菜について

皆様に理解していただき、私どもの取り組みを知っていただく

またとない良い機会をいただきました。


ありがとうございました。


2011年1月7日金曜日

スタッフレポート

ホームセンターに行き、衣服をハンガーにかけておける、
押入れ収納ハンガーラックを買いました。

お店で見た時にこれがあれば便利だと思い
購入したのですが、当然のことながら
展示してある状態で使用するには
組み立てる必要があります。

私はこういったものを組み立てるときには
パッケージの写真をみて自分で勝手に
組み立てていくのですが、
今回は自分で判断して失敗することを減らそうと思い、
説明書を見ながら手順通りに組み立てていきました。

説明書を見ながらの組み立ては
時間がかかってしまいましたが、
失敗なく組み立てることが出来ました。

普段の仕事におきましても、
まずはイメージを作り、
そこに向かって焦らず考えて行動することを
心がけようと思います。

2011年1月6日木曜日

スタッフレポート

朝晩の冷え込みに本格的な冬の到来を感じています。

今年の冬は夏の異常な暑さとは対照的に
非常に寒くなるということですので
古くなったスタッドレスタイヤを新調することにしました。
 
たかがタイヤですが命に関わることですので
余分な出費と思いながらも近所のタイヤ専門店を
数件、まわってみることにしました。

いろんな店に行って見積もりをみて
金額的にもサービス的にも納得のゆく店で
購入しようと思っていたのですが、
結局は一番最初に行った小規模の店で
即購入する結果となりました。
 
そのお店に決めた理由はいくつかあります。
 
店長さんが大変熱心にこちらの要望を聞いてくれて
商品紹介、丁寧な商品説明をしてくれたこと。
在庫状況や作業予定等をすばやく確認し
対応してくれたこと。
金額的にも納得のいく価格設定だったこと。

これは価格が他店より安いということでなく
私自身が納得したということです。

理由としては他にもいろいろありますが
一番の決めては店長さんの商売テクニックです。

商品説明等をする中でこれがあなたの要望、
希望の商品であり価格的なものも含めて
全てを満たしているという方向に話しをし
こちらの購買意欲を刺激してくるのです。
話の途中からあまりにも華麗なテクニックに
惚れ惚れしてしまいました。
 
今の時代、何でも物を安くする方向にシフトし
とりあえず安くなければ話にならないといった感じですが、
私はそのことに対して少し違和感を感じています。
 
もちろん消費する側からすれば安いに越したことは
ないのですが、その結果大量に商品を取り扱うことのできる
大型店や大手メーカー等しか商売の土俵に上がれない
環境になってしまっているように感じます。

そんな中、独自の方法、テクニックで顧客を確保している
この小規模店に今回はお願いしてみようと思いました。
 
大型店も価格、サービスは非常に充実していると
思いますがそれだけではない部分で今回は判断してみました。

2011年1月4日火曜日

スタッフレポート

先日、NASAが地球外生命体を発表する
という予告があり世間を驚かした。

実際、映画や漫画にでてくる宇宙人を
想像した人も少なくないかもしれません。
 
私自身もついにNASAがこれまで隠していた
宇宙人の存在が解禁されるのかと
若干期待もしましたが、フタを開けてみれば
新種の細菌の発見ということで
ガッカリ半分とそれを信じた自分が恥ずかしかったです。
 
生物学上は、厳しい環境下の中で
生息できる生物がいることから、
宇宙環境の厳しい状態でも生息している可能性は
あるという事です。
とりあえず宇宙人発見の第一歩ではないかと思います。

NASAは宇宙人の存在を隠している。
私は、ずっとそれが気になっています。

近い将来、本当の宇宙人発表がくる日は
そう長くはないかもしれません。