2011年9月30日金曜日

スタッフレポート

上半期も終わろうとしています。
先月に引き続き、某所浚渫工事に従事しておりますが、
作業員として、T君ををつけています。

毎日暑い中、草刈りや吸引ホースを引っ張り回して
頑張っております。

作業中に指示を出すのですが、
初めは誰でも何をやっていいのか分からないという事が、
頭の中では分かっているのですが、
今日はここまでやると目標を建てて作業にはいるため、
中断して教える事が出来ない事もあり、
つい怒鳴ってしまったりと、
人に教えることの難しさを感じました。

そこで、先ずは指示されたことをひたすらこなして、
その後に何のためにそれをやったのか考えさせる事にしました。

結果、休憩時間や帰りの車内で
あれはこういうことだったんですか?
という質問がくるようになり、少しづつですが、
仕事を覚えていっていると思います。

体も現場に慣れてきており、
経験した事については自発的に行動もし、
今後が楽しみです。

自分自身も人に教えるためにはそれなりの人間に
ならなければならないという事を忘れず、
頑張って行こうと思います。

2011年9月29日木曜日

スタッフレポート

8月も終わり、 朝晩がとてもすごしやすくなりました。

早朝などは少し寒いくらいです。
しかし、日中は気温があがり、
30度を越える事もあります。
まだまだ、熱中症には気をつけなけないといけません。

今から秋になり、冬になりますが、
特に季節の変わり目は体調を崩しやすいので、
今まで以上に体調管理に気をつけていきたいと思います。

2011年9月28日水曜日

スタッフレポート

高い支持率でスタートした新政権ですが、
早くも某大臣の不適切発言による辞任で躓いた形になりました。
一刻も早い復興を成し遂げなければならない現状の中での
こういう言動は、いかにも無神経で辞任は当然だと思いますし、
首相の任命責任をも問われて然るべきだとは思います。

が、少なくとも私は直接の辞任原因になった発言を
報道等で見ていません。オフレコでの発言ということで
我々一般人は記事を信じるしかないわけです。

メディアの先導で世論が左右されると言う事は
歴史的に実際あったと思います。
まさか現代においてそれは無いと思いますが、
しかし様々な報道を盲目的に鵜呑みにするというのは
やはり危険なことではないでしょうか。

常にいろいろな可能性を検討してみるということは、
忘れてはならないと思います。

2011年9月27日火曜日

スタッフレポート

東日本の大震災から半年、
犠牲者の追悼式が行われたとテレビで報道を見ました。

そういった震災関連の報道を見ると多くの人が
そうと思いますが震災に遭われた方々のために、
その復興に向けて自分にも何か出来ないか、
自分には何が出来るかと考えてしまいます。

ネット上でも支援のため実際に現地に行って
ボランティア活動が出来るようサポートを
してくれるサイトがあります。

そういったサイト等を活用して実際に現地に行って
実情を知りたい、実際に支援の活動をしたいと
思っていますが現状ではなかなかそういう訳にもいかず
ニュース等の報道を見る度に何かやりきれない気持ち
にもなります。

一日でも早い復興、それから原発に関わる
放射能汚染の終息を願わずにはいられません。

2011年9月26日月曜日

スタッフレポート「恩」

はるかな昔、紅顔の美少年や夢多き少女であった
同窓の友が還暦を越えてこの盆休みに
10年ぶりに集いあった中学校同窓会。

「○○ちゃん!元気そうじゃね。」
「今、どうしているの?」等々、
時を経て会った懐かしさと喜びの中、
ちゃん付けでお互いの近況を報告しあう
微笑ましい姿が会場のあちらこちらに・・・・。

そうした中で、教え子達に会いたい一心から
ご高齢でご不自由な身にもかかわらず
参加してくださった恩師の先生方には
頭が下がる思いです。

あの頃は、本当にいい時代であったと
懐古心が湧き起こる年齢になったのかなあと
同窓との語らいの中でつくづく感じました。

髪の毛が濃い、薄いとか顔の皺の数が多い、
少ないとかの差はあっても同窓の友に会えば、
一瞬にしてあの時代の情景が思い出され、
昔話に花が咲き、時の立つのも忘れてしまうほど
話が尽きません。

良き仲間たちと友に歩んだ中学時代は、
これまでの人生にあって思い出多き時代
であったと思います。

恩師の先生方が、一人ひとりの生徒たちを
親身になってご指導して頂いたおかげで
今日の私達がある事は疑う余地はありません。

仰げば尊し、わが師の恩であり、参加者一同、
受けたご恩を忘れずに人生を歩んでゆこうと
心に誓い合い、恩と云うものが希薄になりつつある
社会にあって人としての原点を確認し会った
同窓会となりました。

2011年9月22日木曜日

ひろしま環境の日 行動宣言登録証

カンサイは、
広島県知事より
「ひろしま環境の日」行動宣言の登録を受けました。






















キャッチフレーズは
“今すぐecoじゃけん広島~熱い気持ちで地球をクールダウン~”
です。

「ひろしま環境の日」については
ここをクリックしてください。

2011年9月2日金曜日

スタッフレポート「模倣は全て悪なのか」

中国では、驚くべき列車事故が起きた。

新幹線の追突事故で死者40人。
事故の原因究明をするそぶりすら見せず、
翌々日には運転再開し、事故車輌は畑に埋める
という雑な対応である。

さらに驚くべきは言論統制が行われているかの国で、
報道機関が公然と政府批判をしたことだ。

4億7000万人ともいわれるネット人口と
その圧力に押される形ではあるが、
これまで国内の検索サイトで「天安門事件」ですら
検索できなかったことを思えば、
中国社会の変化が見て取れる興味深い現象であった。

さて先日、中国に進出を計画する日本企業と
意見交換の機会を得た。
その企業は入念に現地の調査を行い、
かの国では全てが輸入技術のつぎはぎで、
それを統合するだけの蓄積がないことが問題だ
と分析していた。
導入した技術を消化、吸収し切れていないのだ。
新幹線などはまさにその典型である。

わが国も開国以来西洋文明を積極的に、
むしろ盲目的に導入した時期がある。
それらを根本から理解し、吸収したからこそ
今日のメイドインジャパンがある。
かの国には、時間をかけて血肉にしようという
思想がかけているようだ。

アップルストアらしき店、イケア風家具、
なんちゃってディズニーランド、ガンダムもどき、

模倣天国と言われるほど、かの国は外国のものを
取り込むことに熱心だ。

ミッキーマウスは「耳の大きい猫」、
ガンダムは「中国のロボット」と言い張り、
本格的に訴訟を起こされそうになると一夜にして撤去。
全く姿かたちだけのそっくりさんばかりだ。

しかし、そっくりさんを作ることが全て悪なのだろうか。

本物にたどり着く為の一番の近道は、
マネであることは疑いようがない。
絵画でも彫刻でも最初は模写、模倣から始まり、
しっかりと技術を身につけてから、いよいよ独創的な作品を創る。
その下積みとでもいうべき時間を経ず、
一足飛びに完成型を目指すところに無理がある。

かの国の人は、必ず「これ、どれだけ資金があればできますか」
と尋ねる。そして、完成の暁には、それは「中国独自の技術」
とも言う。

最初は模倣でもよいではないか。
模倣から本物になっていくという謙虚ささえあれば、
必ず技術が蓄積していくはずである。
それを飛び越えていきなり一番をめざして
完成品を買えばよい、という成長モデルが
いつまで通用するのか。

わが国にも「一番のものを外国から買ってくればよい」
と言った大臣がいたが、それは日本的な考え方ではない。

先述の巨大なネットユーザーは、
世界が自国をどのように見ているかを知るはずである。今
回批判の声を上げた彼らが、カタチだけのモノマネではない、
いつかはホンモノになっていくための力になってもらいたい、
と期待するものである。

2011年9月1日木曜日

スタッフレポート

ここ数年、健康志向も高まり
肥満体質を改善しようと世間的にはウォーキングをしたり、
適度な運動を行う人をよく見かけます。

肥満体質は、健康的に様々な影響を及ぼすので
そうならないためにも早い内に対処しておきたい所です。

まずは、食生活が考えられると思いますが、
私は夜寝る前にご飯を食べる事が多く、
若い時はそんな事は気にしなくても異常はありませんでしたが、
最近はそのせいで肥満を気にしています。

昔から良く言われている言葉に
寝る前に食べると太るといわれていますが、
理屈としては、カロリー収支のバランスが崩れ、
消費するカロリーより摂取するカロリーの方が多いせいです。

贅肉が腹部の周りにつきやすいのも、
人間が原始時代食糧を定期的に確保できなかった時
エネルギーの蓄積としてする為ですが、
食糧が豊富にある現代では逆にマイナスの効果になっています。
(原始時代に肥満の人はいなかったと思いますが)
寝る前に食べると太るのは副交感神経の働きで
基本的に夜に副交感神経がはたらきエネルギーを
蓄積しようとするため太りやすくなります。

原因は、分かってますが夜遅く食べる事情や
ついつい小腹が空いて夜食に手をだしてしまうので
誘惑に負けないようしっかり意思をもって
食生活は大事していきたいです。