2013年8月23日金曜日

スタッフレポート「気が滅入る八月」


今年は伊勢神宮の式年遷宮の年である。
二十年に一度、伊勢神宮は社殿を建て替える。
今年はそれだけではない。出雲大社も同じく
建て替えの年である。
 
日本の神道の思想によれば、社殿を建て替えることで
神様が若返り、新たな力がみなぎるらしい。
神様が絶対的な存在であるキリスト教やイスラム教とは違う。
仏教とも異なる独自の精神世界がここにはある。
 
そもそも神社にお参りに行って拍手を打つことが
宗教なのか、違うのではないかという
思いが私にはある。
 

そうした中、8月15日の終戦の日が近くなると、
靖国神社に閣僚が参拝するのかしないのか、
公人なのか私人なのか、という議論が夏の恒例行事
のように行われる。今年もそうなのだろう。
いい加減にしてもらいたいと感じている。

死者に対してA級だのB級だの区分を設けて
一緒のところにお祭りすることがいいとか悪いとか、
およそ日本人には理解できない発想であり、
自分たちが理解できないものを無理やり型に
はめようとするから無理がある。

もう亡くなられたのだから敵も味方もなく、
ましてや遡って罪に問うなどあってはならぬことである。
しかし当の日本人がそれをやっているという現実を
目の当たりにするこの季節は毎年つらいのである。

私たちだけでなく、子や孫も敗戦国という看板を背負って
生きていかねばならぬのか。勝てば官軍負ければ賊軍。

八月は気が滅入るのである。

2013年8月22日木曜日

スタッフレポート

小さい頃、かわったお菓子として「ねるねるねるね」
というのがありました。砂糖を主成分とした粉にを加えて
ねるねる」を作り、キャンディチップやチョコクランチを
付けて食べる。化学実験を思わせる手順によって自ら菓子を
「作る」斬新さや、作る過程で色が変わる点などが
子供の心を掴み、発売から20年以上経った現在も
根強い人気を誇っています。

開発当初は「ねりっちょ」という名称も検討されたが、
議論の末「ねるねるねるね」となり、
2011年時点で、累計7億食を販売しました。

この商品が発売されCMが流れていた当時、
私は小学生だったと思いますが魔女がでてきて
怪しげな雰囲気だと印象に残っています。
しかし、子供心をくすぐられ
健康に良くなさそうだが食べてみたい
という願望が根強くのこってました。

 
今でこそ、食品に対しての安全は絶対的なものですが、
当時からこの商品については合成添加物を使っていた
わけじゃなく自然由来の成分が着色に使われていました。
アントシアニン系の色素であり、原材料は赤キャベツクチナシである。
色の変化も酸性値の変化によるもので、
これはリトマス試験紙と同じ原理です。

このようなお菓子のことをサイバー菓子や
近年では知育菓子というジャンルになっています。

遊び心くすぐられるお菓子は、楽しいものですが
それプラス健康面を考慮している点が消費者には
うれしいのとこれからはこのことを考えないと
売れないというのが感じられます。

2013年8月21日水曜日

スタッフレポート

引越しをしました。

きっかけは妻の「そろそろ引っ越したいね~」のひと言でした。
そこから、私事で猫を引き取る機会に出会い、
妻も猫を飼いたい派だったので決断は早かったです。

新しい部屋を探してみると、犬はOKでも猫はNGという
物件が多くて選択を広げるために一戸建ても探してみたのですが、
とある不動産屋さんで「一戸建てで猫飼いは退去時に
修繕費が莫大かかるケースがありますよ」
と教えられ止めました。

なんでも、一戸建てで猫OKの物件では、
オーナーが猫の事をあまり知らない人が多いらしく、
退去時に修繕費を莫大請求したりすることがあるんだそうです。
これがマンションだと、オーナーが猫好きな場合が多くて
理解が寛大だったりするんだとか。

そんな訳で、決まった新しい部屋は今までより
海抜が一気に上がり、山の中腹くらいの位置にあったりします。
裏がすぐに山です。

会社までの距離は今までとあまり変わらないですが、
実家に近くなったのは個人的に安心といえます。
因みに、妹夫婦の家にも近くなり、これで家族3件が
同じ団地に集まったことになります。
それはそれで、集まって遊ぶのが楽になって
良いことかなと思ったり。

さて、この部屋に決めた最大の理由の猫ですが、
現在着々と受け入れ準備が進んでおり、
先日も西広タイムスに掲載されていた「猫トイレゆずります」
に飛びつき、譲っていただきました。
ペットグッズって意外とお値段が高価なので、
こういった安く入手できる手段は最大限利用
させていただいております。

うちにやって来る予定の猫は野良なのですが、
親猫1匹と子猫1匹です。もう2匹子猫があるんですが、
うちでは2匹までの制限なので酷い事と分かっては
いるのですが他の2匹は野良として親と別れて
暮らしてもらうことになります。この2匹は懐いてくれなくて
捕獲が無理そうなんですよね…。

果たして野良が自由を殺して安寧の生活を楽園とするのか否か、
その問題は考えても考えても答えはでません。
猫の家族を引き離してまで飼うことは、
ただのエゴではないかとか色々考えてしまうのですが、
どうしても答えは出てきません。なので、
飼うからには出来るだけの幸せを与えようと………
たぶん、こうやって猫馬鹿が出来上がるんだと思います。

猫を飼うのは初めてですが、家族の一員として
迎え入れるからには最期まで可愛がってやろうと思います。

2013年8月20日火曜日

スタッフレポート

梅雨明け宣言がされた中、今年は日本各地で
大雨による被害が続出しています。
猛暑もさることながら、突然の尋常ではない
降り方の雨は以前にはなく、気候が大きく
変動している事は間違いないと思います。

やはり温暖化の影響が年を追うごと
深刻さを増しているのでしょうか。

気温の上昇とそれに伴う影響は冬はあまり
実感がわきませんが、今年の夏をみていると
明らかに影響が大きくなっていると感じます。
猛暑や豪雨は起こるものだとして厳重に警戒するとともに、
なんとか温暖化を止めねばこれは本当に
大変な事になると思う今日この頃です。

自民党政権では原発再稼働に向けて進んで行くのでしょうが、
再生可能な自然エネルギー推進の政策をもっと
進めてもらいたいと思います。

2013年8月19日月曜日

スタッフレポート

広島県が、7月22日からひろしまクールフェアを
実施しているというニュースをテレビで見ました。

クールシェアとは、電力需要が一番多い昼間の時間帯に、

家庭のエアコンなどを消し、県や市の施設や民間の
商業施などの涼しい場所に出かけて過ごす、
ピークカット対策の取り組みだそうで、
私はニュースを見るまでこの取り組みを知りませんでした。

9月20日までの実施期間中、クールシェア協力店では、

タイムサービスや割引券の配布などお得な
サービスを実施しているそうで、美容院などでも
実施しているそうです。

クールシェアに協力することにより、環境に優しく、

夏場は特にエアコン代がかかってしまう家計にも優しく、
良いことずくしなので、昼間の暑い時間帯は外出するのが
億劫になりがちですが、今年のお盆休みや休日は
私も積極的に協力しようと思いました。

2013年8月16日金曜日

スタッフレポート「更なる飛躍へ」


私は今、入社10年目になりますが、その間に
カンサイの本社及び本社工場の周辺環境も
随分変化しました。
 
私が入社当時は、すぐ側の大型遊技場もありませんでしたし、
近隣の団地もまだ、家がまばらな感じでした。
当時は、同業の会社が数社ある。そういった周辺環境でした。

 
しかし、今は、近隣の団地も多くの方が
住んでらっしゃいますし、大型なショッピングモールの
建設も予定されています。
大きく周辺環境が変化する事でしょう。

 
ですが、今までも我社は、少しずつ変化する
周辺環境や業界の変化にしっかり対応し、
変化してきました。今も多くのお客様に我社を
選んでいただいている大きな理由の一つだと思います。

 
ですから、今後の変化にもしっかり対応していき、
更なる進化を遂げると信じています。

 
ただ、社員一同が何もしなくて、他力本願では、
変化も進化も実現しない事でしょう。

 
全社員が一丸となり、この周辺環境の変化に
本気で智恵と勇気で対応し、更なる飛躍を
成し遂げたいと思います。
 

その一端になれる様、私も努力していきたいと思います。

2013年8月15日木曜日

スタッフレポート


梅雨が明けて、日中の気温が一気に高くなりました。
気温が高くなると発生するのが熱中症です。
私も外での業務が多いので熱中症にはかなり
気を使っています。対策としては、いつでも
水分補給出来るように水筒を持ち歩く、
塩飴を舐める等誰でもできることをしております。

予防や対策で熱中症にかからないのが1番なのですが、
熱中症になってしまった時の対処、
対応も頭に入れておく必要があると思います。

涼しい場所で休む。動脈に近いところを冷やす。
(首元、わきの下、足の付け根など)水分・塩分補給をする。
ぐらいの対応は作業員の中で当たり前に
出来るようになればいいと思います。
 
また、作業長は「大丈夫か」と声を掛けるのではなく
(大丈夫かと声を掛けられると「大丈夫です」と
言いがちなので)作業員の顔色を見て
積極的に休憩をとる等の対応が必要だと思います。
 
まだまだ暑い時期は続きますが、
みんなで声を掛けあいながら一人も熱中症に
かかることのないようにしていきたいと思います。

2013年8月14日水曜日

スタッフレポート

間もなく68年目の原爆の日を迎える平和公園界隈を
車で走っていますと、多くの人たちが至る所にある
記念碑やモニュメントを清掃しておられる光景を目にします。

我々広島県人にとっては当たり前のように特別な日と
して意識するこの時期ですが、他県の人にとっては
案外そうでもないようです。

教育の違いがあるので致し方ない事なのかもしれませんが、
何か寂しいというより恐ろしいような感じがします。

わずか68年前の、恐らく人類史上最悪ともいえる出来事が、
日本人の中ですら早くも風化し始めているのかと。
どんな大きな事が起こっても、それを忘れるスピードが
だんだんと速くなっているような気がします。

歴史を教訓としなければ、何度も同じ失敗を
繰り返すような事になる気がするのですが。

2013年8月13日火曜日

スタッフレポート

毎日暑い日が続いています。
熱中症も心配ですが、今年はゲリラ豪雨が
頻繁におきているようで、そちらも心配です。

実際に、花火大会やコンサートが中止に
なった事もあるようです。
また、ゲリラ豪雨の雷に打たれ、
不運にも亡くなられた方もいらっしゃったようです。

広島でも、最近雨が突然降り出す事が
多くなったと思います。
ゲリラ豪雨にあっても、落ち着いて行動
出来るように考えていきたいと思います。

2013年8月12日月曜日

スタッフレポート


エコアクションで各部署来季の目標骨子を
各自が持ちよりました。

私自身エコアクションをどう仕事に活かし
活用するのかということが理解できておらず、
メンバーに適格なアドバイスをしてあげられませんでした。

第一回の会議では、皆が的外れな目標設定をして
会議が紛糾しました。

それから、環境力道場やその後の懇親会で
率直な自分の思いや、これからのカンサイについて
話す事ができてなんとか骨子ができました。
 
まだまだ細かな修正やもう少し具体的にする
必要はありますが、自分達の力で会社を盛り立て
昨日より今日、今日より明日と会社も従業員成長
できるように来季の目標を通じて、
真剣に前向きに取り組んでいきたいと思います。

2013年8月9日金曜日

スタッフレポート


最近サッカー観戦に行く機会が多くなり
現在の立地条件に感謝している。

世間では広島中心地にサッカー専用スタジアム
を建設する運動が起きている。

現在のスタジアムでも建設に向けた
署名活動も盛んである。

しかし、私には現在の場所の方がずっと便利で
自転車でも気軽に観戦に行ける便利な場所だ。

確かにエディオンスタジアムは陸上競技場と併用式なので、
ピッチとの距離もあり迫力には欠ける面はあるだろう。

サッカー観戦がもっと迫力があり、
選手との距離が近くなればもっとファンは
増えるだろうとは思う。

自分の都合だけではない、もしサッカー専用
スタジアムが建設されれば既存施設の維持費は
どこから捻出するのだろう。
サッカー関係者も行政も政財界も
そのあたりの事も含め十分議論したうえで
方向性を決定して欲しいものだ。