2014年3月31日月曜日

スタッフレポート

冬場や季節の変わり目で寒暖差が激しい時期になると、
体調を崩しやすくなります。周囲にもそういった人が
増えています。昔から言われている言葉に「病は気から」
があります。精神論的な考え方ですが、
ちゃんとした理屈で証明できます。

自律神経の不調が生じるのは、主に悩み、
心配事などのストレスの為です。大きな心配事が
あれば食欲もおち、良く眠れなくなります。
それは心の状態が自律神経を左右して体に大きな
影響を与えているからです。さらには、
免疫機能を断続的に調べたところ、楽しい記憶を
思い出したグループの免疫細胞は数も多く活発になり、
それに対して、気がめいる記憶を思い出したグループは、
免疫細胞の数が著しく低下し、その活動性も低くなり、
感染症にかかりやすいという研究データがあります。 

自分は絶対に風邪をひかないと思い込むだけでも
かかりやすさの面では全然違うと思います。
よく言われるのが「バカは風邪をひかない」
というのがありますが、実際は風邪をひいていても
本人は気付いていないので軽い症状ですむなど
普通の人と比べると風邪をひきにくいと解釈できます。

 
病気で寝込むぐらいなら
少々バカの方がいいかもしれません。

                  営業部 福原史之

2014年3月28日金曜日

スタッフレポート


2月に三重県の伊勢神宮へお参りに行きました。

去年が式年遷宮の年だったそうで、
友人に誘われてお参りしました。

 

たくさんの人がいましたが、食事をしたお店では、
去年よりもずいぶんと人が減ったものだ。と言っていました。

 

大きな木がとても良い雰囲気で、来てよかったな。
と思える場所でした。

 
誘ってくれた友人に感謝し、
また機会があれば色々な所へ行ってみたいと思います。

               総務部 山田佳恵

2014年3月26日水曜日

スタッフレポート「空港に行ってきました」

普段プラレールやトミカのミニカーといった
電車や車にしか興味を持っていない子供に
飛行機もあるんだということを知ってほしくて、
2012年に開港した岩国錦帯橋空港に行ってきました。

 

開港して間もない空港でとてもきれいなんですが、
ついてびっくりしたのは1日離発着合わせても
8便しかまだないんですね・・・

 

着いたのがお昼過ぎだったのですが、
到着する飛行機が15時過ぎで2時間以上掛る
らしいので滑走路が見れる展望台に行き
もしかしたら岩国基地の飛行機が飛ばないかと
期待してたんですが・・・飛ばなかったですね。

 

近くに空港ができて便利になると期待してたんですが、
これからのようです。

今は全日空の岩国ー羽田間のみなんですが、
これから増えてくれたら利用する人にとって
うれしいと思います。またLCCなど格安航空会社も
入ってくれたらと思うんですが、航空券をもらう
フロントの空きスペースがなかったのが
気にかかるところです。

 

調べて驚いたのですが、広島空港にもLCCは
参入してなかったんですね、さすがに
離発着の便数は多かったのですがちょっと意外でした。

 

これからもっと便利になってくれることを期待します。


                         ETF 宮森勝志

2014年3月25日火曜日

スタッフレポート


今年もすこしずつ暖かくなり始め、
花粉症の季節が近づいてきました。

毎年、花粉の時期は、もともとの鼻炎が悪化し、
苦しい思いをしています。

2014年は、昨年より飛散量が少ないといわれていますが、
早めに対策した人と、そうでない人では、
やはり症状の出かたが違うそうです。

 

 よく言われているのは、症状が出る前に
薬を飲みはじめることで、薬の作用で鼻粘膜の
炎症を早期にくい止めれば、かなり症状が
軽くなるということです。

ですが、毎年なかなか病院に行く機会がなく、
症状がひどくなってから、マスクや飲み薬などで
対応しています。

花粉症の飲み薬は、医療用と同成分と書かれた
市販薬がドラッグストアに並んでいます。

同じ薬なら、手軽に入手できるほうが
ありがたいように思いますが、 
アレグラという商品は昨年からジェネリックが
発売されているようで、医療用のものが
安く手に入るそうです。

病院に通うほうが経済的なのであれば、
時間があれば今年は病院での花粉症対策を
したいと思います。

 
ちょうど今年は中耳炎で耳鼻科に通っているので、
花粉症のことも聞いて、今年こそは花粉症の症状から
解放されたいです。

                    業務部 藤元勇太

2014年3月24日月曜日

スタッフレポート「社会貢献事業に参加」

月22日に資源循環協会主催の社会貢献事業
(不投ゴミ回収処理)に参加しました。

今回の対象現場は宮島の七浦の一つ、
腰細浦海岸と入浜海岸です。協会員と一般ボランティア
合わせて総勢120名余りが清掃に汗を流しました。
 
定期的に行われるこの社会貢献事業。家電等の
不法投棄がひどい現場が多い中、今回の現場は
というと目立つのはフロートや竹などの漁業関係からの
漂流ゴミが中心でした。不法投棄ゴミとは少し意味が
違うかなと思ったりしましたが、世界遺産であり
貴重な生態系も存在する宮島の環境保全に協力
できた事は良かったと思います。

カンサイは川本専務以下5名が参加して、
トータル65m3回収したゴミの内2t車1台、
4t車2台分を受入処理しました。
普段の仕事とは違った充実感がありますし、
産廃業界の社会へのアピールにもなっていますので、
また次もしっかり参加したいと思います。

                    営業部 笹本哲也

2014年3月21日金曜日

スタッフレポート


先日、新しいOfficeソフトを導入していただきました。

 
職務柄、ほぼ一日中パソコンに触れていて
表計算ソフトなど毎日のように扱っていますが
新しい物に少々梃子摺っています。

 今回導入された最新のものはかなり
レイアウトが違っていてまた、
当然ではありますが今までに無かった
機能も沢山組み込まれています。

 

月末、月初の忙しい時期に上手く使いこなせない
自分に多少の苛立ちを感じながらしかし
間違いがあってはお客様や会社に迷惑が
掛かることを頭において、いつもより
仕事のスピードが落ちてしまいますが
丁寧で確実な仕事になるよう、
心がけて作業しています。

 

今月よりは来月、来月よりは再来月・・・・と
せっかく良いものを使わせてもらえる環境ですので
効率アップ・スキルアップしていきたいと思います。


                       総務部 吉村綾子

2014年3月20日木曜日

スタッフレポート「やればできる」

先日参加した飲み会で、「定期的に断食をしている」という方にお会いしました。
その方は現在病気を患っておられるそうで、その療養も兼ねて年に125日間の断食をしておられるとのことでした。

断食をすると味覚が研ぎ澄まされ、食材の味に敏感になり、自分の身体にとって良いものとそうでないものがわかるようになる、という非常に興味深いお話でした。

(断食の方法や効果などには諸説ありますので、これはあくまでこの方個人の体験談です)

 

ちなみに病気を患う以前は、炭酸飲料を1ダースまとめ買いしたり、ポテトチップスを箱買いするような食生活だったそうで、病気になって初めて「食」について学び、考えたそうです。

 

私も以前ちょっとした病気(個人的には大きなショックでしたが)に罹り、体調管理に気を遣うようになった経緯があり、二人で「健康の大切さはわかっていても、かなり大きく体調を崩さないとなかなか生活を改めるまでには至らないものですよねぇ。」という話になりました。

 「わかっている」と「できる」との距離。

その間に能力的な問題がある場合は、
それなりの労力が必要になりますが
己の意思の問題である場合は、
「やればできる」わけです。

「やればできるけど、やらない」というのは
「できない」のと同じ、あるいは「できない」より
悪いかもしれません。

 

改めて自分の日常を振り返ってみると
やった方がいいと思いつつ、できていないこと。
やめた方がいいと思いつつ、ついついやってしまうこと。
そんなことが結構あるなぁと思います。

 
一人の社会人、一人の親として、

「できる」人間になれるよう強い意思を持って
行動していきたいと思います。


                    倉橋工場 石津智久

2014年3月19日水曜日

スタッフレポート


先日、出張で愛媛県の愛南町に行きました。
そこで、桜の木を見つけました。今にも咲きそうなほど、
蕾を膨らまし春が近いんだなと感じました。

 

 私は、桜が好きで毎年、桜が咲くこの時期を
楽しみにしています。8年前に娘が誕生した記念に
実家に桜を植樹してもらいました。その桜も昨年あたりから、
大変きれいに咲き、木全体が花びらに覆われるほどに
成長しました。(娘も大きくなりました。)

 

 桜は、穀物の神が宿るとも、稲作神事に
関連していたともされ、農業にとり昔から
非常に大切なものであったそうです。また、
100円硬貨の表面に刻印されているのが桜というのは、最
近の若いひとはあまり知らないのではないでしょうか?
 
 桜の開花の美しさははもちろん、散っていく儚さ、
潔さに毎年感動させられます。今年も実家の満開の桜を眺めながら、
一杯やることにします。

                        業務部 水田竜二

2014年3月18日火曜日

スタッフレポート

ビットコインが話題になっています。
仮想通貨ということで実際に関わっていないと
イメージし辛いものだという事は分かります。
それが消失し取引所が訴えられたりしている事で
連日ニュースに取り上げられていますが、
それを伝えるニュースキャスターが、
「よくわからないのですが」的なスタンスで
報道している場面にちょくちょく出くわします。

実際に利益や損害が生じている事象に対し
「よくわからないのですが」は少しプロ意識が
欠落しているように感じてなりません。我々も
お客様の質問や疑問に対し的確に回答できるよう、
日頃からアンテナを高くし勉強していかなければ
ならないと思います。

                   営業部 橋本一広

2014年3月17日月曜日

スタッフレポート


とても楽しみにしていた
ソチオリンピックが終わってしまいました。

夜時間はとても弱いので、
リアルタイムの応援は叶いませんでしたが、
一生懸命応援しました。

 

私が特に応援していたのは、今回の
オリンピックが最後かもしれない高橋選手・
鈴木選手・浅田選手・上村選手です

 

もちろんメダルをとってくれたら最高に
嬉しかったけれど、私が望んでいたのは
自分の演技に納得して彼らが笑顔で終わってくれること・・・

 

今回のオリンピックも、何度ももらい泣きしてしまうほど、
素晴らしいシーンに出会うことができ、
感動をたくさんもらいました。

 

彼らの内心は計り知れないけれども、
きっと?たぶん?笑顔で終われたのではないかと
思いたいです。

選手たちの 強いハートと チャレンジ精神は、
見ている私たちを魅了し、国境を越えた本物の
感動を味わえることができたので 心からありがとう
&お疲れ様と言いたいです

                    総務部 金子美絵

2014年3月14日金曜日

スタッフレポート


今年1月下旬にインフルエンザにかかってしまい、
職場の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしました。

 インフルエンザでしたが、38.0℃ほどの
発熱だったため、病院にて「風邪」と診断されました。
このため解熱剤を飲みながら勤務を続け、周囲の
方々に感染させてもおかしくない、非常に
危険な状態でした。その後も熱が引かず、
再度通院した際に検査を受け、インフルエンザB型
と診断されました。

 幸い、職場内での感染はありませんでした。
本当にほっとしております。
インフルエンザシーズンの発熱には、
注意を払いたいと思いました。

 

 ところで、このたびの感染ですが、
経路がわかっておりません。発症前、
お会いした方は皆さん元気でした。公共の
場所での感染ではないかと思っています。

 ここで感染したかな?と思う場所としては、
発症前の休日に立ち寄った、図書館、
スーパーマーケット、セルフガソリンスタンド
が考えられます。
 
解熱しても2日間はまだ感染能力があると
言われています。一人暮らしの方は外出
せざるを得ない場合もありますが、他人に
うつさないよう注意したいと思いました。
今年はもうかからないよう、手洗いうがいを
励行したいと思います。

             環境計量室 池本亜都奈

2014年3月13日木曜日

スタッフレポート「ルール」


私たちが、生活する上で
多くのルールがあります。

道交法、清掃法などなど多くのルール(決まりごと)
があり、それらによって守られたり、
不自由さなどを感じています。
その文面とか罰則規定などは知らないが、
他人に迷惑をかけないように幼少期から
両親、先生、大人達、友達と、多くの人
との関係性の中で知らないうちに教えられます。

しかしながら、大人と呼ばれるよになると、
社会のルールは人間関係の中で自らが感じとり
学ばなければいけません。ルールを身につけていなければ、
常識知らずとかわがままな人だと思われます。
ルールに疑問感じ変えたいのであれば、
正々堂々と関係する人たちと意見を戦わせて、
変えるべきだと思います。
 
そんな自己中心的な、言動を繰り返すといつかは
何倍ものしっぺ返しにあう事になると思います。
私ももう少しで40歳になります。社会のルールや
常識をしっかりと身につけて、これから人間関係を
構築していきたいと思います。

                         ETF 北川貴伸

2014年3月12日水曜日

スタッフレポート


3月に入り、年度末も最後の月となりました。

カンサイでは毎年この123月は繁忙期で
踏ん張りどころではあるのですが、
従業員の高年齢化に伴い、業務をこなす
スピードがおちているのを実感します。

また、若手従業員の経験不足は否めない為、
我々30代後半から40代前半の半ベテランが
バリバリ現場に出て現場をこなしていくところを
見せてやろうと踏ん張っています。
 
あと1ヶ月を切りましたが、最後まで事故怪我
のないよう又業務不履行の無いよう
がんばりたいと思います。

                業務部 菊池一彦

2014年3月11日火曜日

スタッフレポート


営業部では今期エコアクション21の取り組みとして
会社周辺の清掃活動 1回/月 を実施している。

この清掃活動では、主に近隣団地のメイン道路の
ごみ拾いを行っている。

今期5回ほど実施しているが、毎月同程度の
ごみが回収されている。

おそらくそのほとんどがポイ捨てに
よるものだろうと思う。

目立つのはたばこの吸殻、空き缶、弁当ガラ、
ビニール袋類といったところ。

ポイ捨ては近隣団地と幹線道路に出る
接続道路で特に多い。

団地の住民というより休憩等で駐車している
人が捨てているような気がする。

私も毎日通勤でこの道路を通っているが、
清掃してもすぐごみが目立つようになる。

社会の規範意識の低下が顕著に
なっている一例だろうと思う。

清掃活動は朝早い時間帯で行っているので、
団地の住民の方と接することは少ない。

中学生の通学ルートにもなっているから
中学生とは挨拶はよくする。

あとは犬の散歩をされている住民の方に
一度出会ったくらいだ。

その時は先方から「ありがとうございます」
という言葉があった。
何事も継続していくことが一番難しいと思うが、
少しずつでも長く続けていきたいものだ。

                        営業部 田原茂利

2014年3月10日月曜日

スタッフレポート「寒波」


今朝、外を見たら銀世界、昨日から寒気と降りつもり
雪で道路はツルツルの状態この冬一番の寒さです。

幸い、土曜日で通勤にはさほど影響はでませんが、
雪で山陽道や市内の方では随分渋滞や通行止めになったようです。

東京や関東周辺でも45年ぶりの大雪で高速道路の
通行止め渋滞等で機能しない状態です。そうした中、
海の向こうのアメりカでは記録的な寒波により
経済活動まで影響し景気を左右させているとのこと、
記録的な寒波により生産・物流といった
経済活動の停滞が景気にまで影響しているとのこと。

最近、記録的な天候が多いようです、
これからは、私達の暮らしに影響の
少ないよう願いっています。

                         総務部 藤岡広志