2015年10月30日金曜日

スタッフレポート

暑い夏から急激に秋を迎えたように思います。

朝晩の冷え込みと、日中の暑さのギャップで体調を崩しそうです。

でも、秋は 『芸術の秋』『食欲の秋』『読書の秋』
過ごしやすく、楽しいイベントが満載です。

先日、栗拾いに出かけました。
今年は収穫量があまり多くないそうで、残念ながら栗拾いは出来なかったのですが、ほかほかの焼き栗と栗ご飯、栗あんのお餅を買って帰り、秋の味覚を堪能しました。
とてもおいしかったです。

今度のお休みは、コスモスなど秋のお花を愛でに出かけようと思っています。

母が、美しい景色を見るのがとても好きで、どこに連れて行ってあげてもとても 喜んでくれます。
いろいろな場所へドライブに連れ出し、母の喜ぶ顔を見るのが、今の私の楽しみにもなっています。

写真は美味しかった【焼き栗】です!

総務部 金子美絵
 

2015年10月29日木曜日

スタッフレポート

中日の山本昌投手が引退し、32年間のプロ野球生活に幕を下ろすというニュースを見ました。

50歳で現役というのは想像もつかないような苦労があったのではないかと思います。

山本昌は「自分が学生時代に野球を見ていた時の選手」という感覚があります。
そう考えてみると、西武の秋山や工藤など、その時代に活躍していた選手は監督やコーチになっており、皆オジサンになっている中、一人現役でやっているのは改めてすごいです。

自分はスポーツ選手ほどには体を動かすわけではないですが、5060歳になっても今と変わらない働きができるように、今後カラダのケアを考えて生きていきたいと思わされる出来事でした。

業務部 藤元勇太

2015年10月28日水曜日

スタッフレポート

9月の連休に、好きなアーティストのライブに行きました。

席が決まっているライブだったのですが、抽選で一番前の席が当たり、とても運が良かったと思います。

久しぶりのライブはとても楽しく、また参加したいと思いました。

しかし、一番前の一番端の席でしたので、ちょうどスピーカーの前で、大音量の音楽を聞き続けたせいか、ライブの翌日まで、耳鳴りが止まず、また、耳の閉塞感を感じていました。

今は自然に治りましたが、次からは耳栓をするなどの予防をして参加したいと思います。

総務部 山田佳恵

2015年10月27日火曜日

スタッフレポート

10月に入り新しい期がスタートしました。

毎年いろいろな物を一旦リセットし、気分が切り替わる時期ではありますが、今年は部署の引っ越しが実施され、より一層新鮮な環境となっています。

ほぼ全ての部署が1つのフロアに集約され、他部署の人達との距離が今まで以上に近くなり、コミュニケーションが円滑になったと感じています。

SNSなどの普及で常に他人と「つながっている」状況のように見える昨今ですが、やはり実際に会って話をするということを超えるものではないような気がします。

同じ空間で仕事をするということのメリットを最大限活かしていけたらと思っています。

営業部 橋本一広

 

2015年10月26日月曜日

スタッフレポート

新年度がはじまりました。

新しい目標をたて、また新たな気持ちで取り組んで行きたいと思います。

しかし、前年度でやり残したこともいくつかありますので、少しずつでもクリアしながら進んでいけたらと思います。

若手も少しずつ経験を積んできて現場を任せられるようになってきました。これから新しい人材も入ってくると思います。人を育てるにはまず自分が手本とならないと、誰も成長しないと教えられました。

しっかり肝に銘じて、頑張っていこうと思います。

業務部 菊池一彦

2015年10月23日金曜日

スタッフレポート「シルバーウィーク」

この秋、シルバーウィークと呼ばれる大型連休が6年ぶりで、旅行や観光等でゴールデンウィーク同様に、新幹線や高速道路は大渋滞のようです。

この連休中天候も秋晴れの晴天でよく、わたしも、彼岸の中日に墓参りと、畑の草刈りや草取りの農作業し良い汗をかきました。

農作業は地味な作業ですが、手抜きすればそれなりの野菜となります。育てて収穫するまで楽しみです。

次のシルバーウィークと呼ばれる今回のよな大型連休は、11年先きの2026年だそうです。

総務部 藤岡広志

2015年10月22日木曜日

スタッフレポート「新しい期を迎えて」

48期が終わり、10月より、新しい期を迎えました。
今期は、メモリアルな50期を迎えるための準備をする大切な期になります。

10月までに、当社の中間処理場も、大幅に場内の整理が進み、新たな期により一層、飛躍する準備は出来ました。
 
これからは、全社一丸となって新たな()カンサイをステークホルダーの皆様に、アピールしていけたらと思います。
 
そのために、ETFとしては、いつも綺麗で整然と整理され、いつでもお客様をお迎えする事が出来る中間処理場を目指し、さらにスタッフ一同、努力していこうと考えています。

また、メモリアルな50期を、笑顔で迎えることが出来る様、私個人も49期、しっかり頑張ります。

ETF 飯田一樹

2015年10月21日水曜日

スタッフレポート

先日、大学時代の友人が子供を連れて家に遊びに来てくれました。

その友人は写真家として個人事務所を構えているバリバリの働くお母さんです。

私は、一人目の子供ができた際に、ちょっといいカメラをと思い、一眼レフのデジカメを買ったのですが、ずっと「オート」のモードで撮影をしていました。

それに気付いた友人が、「もったいないなぁ」と言って、基本的な撮影のミニレッスンをしてくれました。

カメラの設定をちょっと変えるだけで、逆光でもある程度きれいに撮れるようになったり、晴れた日に外で撮影しても色が白くとばなくなるなど、確かに今までもったいない撮り方をしていたもんだと気付かされました。

仕事でもプライベートでも様々な道具や機械を使いますが、必要最低限の利用法や操作しか知らず、それらが持っている機能をうまく活用しきれていないものも多いように思います。
 
最近の機器は、過剰な機能とも思えるようなものも多いとは思いますが、知っていればもっと効率よく作業ができたり、仕上がりがよくなるようなものもきっとあるはずです。
 
「宝の持ち腐れ」にならないように意識していきたいと思います。

倉橋工場 石津智久

2015年10月20日火曜日

スタッフレポート

ラグビーワールドカップがイングランドで開催されています。

日本では、あまり注目されていませんでしたが、初戦の優勝候補南アフリカに勝利したことで、俄然注目されるようになりました。

ラグビーにはあまり番狂わせがなく力の差がはっきり出る競技なので、日本も世界に肩を並べる強豪国として注目される一戦でした。

これが一過性の人気で終わることのない様、目標のベスト8へ進出し、更にラグビーファンを増やしていってもらいたいと思います。

そして、ラグビーが国内のメジャーな競技として、発展していくことを期待しています。

業務部 水田竜志

2015年10月19日月曜日

スタッフレポート

毎年、シーズン終了間近になると今季で現役引退の選手が発表されます。特にプロ野球については感慨深いものがあり、例えその人が好きな球団ではないとしてもなぜが寂しく、一つの時代が終わっていくような気があります。

中には、全盛期の頃とは違った球団で引退を迎え、久々に名前を聞いたかと思うとこの球団にいたのかとびっくりしたり、全盛期の頃から一筋で同じ球団で引退を迎える選手もいます。

今季については、有名な選手の引退が多いと感じます。
西武の西口選手、中日の谷繁選手、小笠原選手、和田選手等おります。
 
特に気になったのがプロ野球の最年長勝利記録を持つ中日ドラゴンズの山本昌選手です。
 
50歳という年齢まで現役投手を貫いた方でまさにレジェンドが引退ということで、個人的にはまだがんばってほしいので非常に残念です。

野球ファンじゃなくても有名選手の引退については関心があり、この人がついにといった感じで、これまでの活躍にお疲れ様ですと敬意を示したいと思います。
 
営業部 福原史之

2015年10月16日金曜日

スタッフレポート

「赤十字フェスタinひろしま」というイベントに行ってきました。

こういった催しがあるというのは営業の方から聞いてはじめて知り、普段名前は聞くけれど業務上、お客様の所へ直接行ってみたり担当の方とお会いする機会がないので興味があり、行ってみました。 

どんな催しをするのかと事前にもらったチラシをチェックしていたところ、美容専門学校の生徒さんによるハンドマッサージというのがあり、楽しみにしながら当日イベントに行ったのですが、とても人気だったらしく、行列ができており他のブースを見て回って戻ってきたらもう受付終了してしまい、お目当ては叶いませんでした。

しかし、他にも色々と普段できない体験があり、「手洗いチェックコーナー」ではブラックライトに手をかざして上手に手洗い(ばい菌落とし)が出来ているか目で見てチェックできたり、「簡単な健康診断コーナー」でははじめて骨密度を測ったりしました。

「救急法ミニ講習会」では人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使い方を教わりましたが、これが自分の中では一番ためになるいい体験だったと思います。

テレビや救急法の載ったハンドブックなどで知識があるものの、実際にやってみると自分の身についた感じがし、とてもいい経験になったので、いつかカンサイで全社員参加の講習会が開けたらいいなと思いました。

救急法を教えてくださった方は赤十字の職員の方かと尋ねたところボランティアの方で、他のブースにもたくさんのボランティアの方々がたくさんいらっしゃいました。

どなたもとても感じよく対応しており、なにより皆さん笑顔で楽しみながら参加しているという空気が伝わり、いい時間を過ごせました。 

来年もまた行ってみたいと思います。

総務部 吉村綾子

2015年10月15日木曜日

スタッフレポート

カンサイも、48期が終わり10月から49期がスタートしました。

目まぐるしく変化をし続ける環境に対応するために、本社工場の焼却炉は、集塵設備をサイクロン式からバグフィルターに変更しました。

工場内の作業環境整備も、私が入社した時よりは格段改善はされてはおりますが、まだまだ胸を張って誇れるものではありません。

49期も、健全な処分場にすべく努力をし続けていき、ステークホルダーの皆様に営業部の人たちが、会社見学時に自信を持って案内して頂けるようにしていきたいですし、何より本社工場で働くスタッフがきれいな職場で日々作業をして、この会社のこの部署で働いていて良かったという、充実感を実感させてあげたいと考えています。

ETF 北川貴伸

2015年10月14日水曜日

スタッフレポート

7月の初めから、9月の終わりまで約三か月間にわたって四国の愛媛県に出張に行っていました。

夏場の現場作業ということもあって毎日、大量の汗をかき、その分、大量の水分(夜は勿論ビール)を取り、また、宿泊していた宿が漁師さんの経営している民宿で、獲れる獲物は車エビ・ うひわエビ・スルメイカ!
お陰様で5キロも体重が、、、

それはさて置き、四国に行って必ずと言って見かけるのが、お遍路さん!私が泊まっていた宿にも、お遍路さんがたまに泊まられていました。

そもそも、お遍路とは今から1200年前に弘法大師空海が、「さとり」を開きながらながら廻った八十八ヶ所霊場を巡礼するものです。
その「さとり」とは、私たち一人一人が自らの能力、才能を存分に生かせる生き方を目指し努力し、人々が幸せであり、繁栄することを理想とされたと云われています。

これからの季節、参拝者が増え、お遍路シーズンの到来です。

大体、八十八ヶ所を巡礼するのに45日から50日かかるそうです、お金も日数×1万円ぐらいだそうです。

私も、いつの日か、古に思いを馳せ、空海のたどった道を、八十八ヶ所に伝わる物語をひも解きながら歩んでみたいと思っています。
そのためには健康と金が~~~。

あ、もちろん仕事は無事終わりましたよ!

業務部 大村治生
 


2015年10月13日火曜日

スタッフレポート

田んぼでは稲の色が変わりはじめ、もう稲刈りの時期かと一年の速さを感じます。

私は、今月 スティーブン・R・コヴィーの「七つの習慣」という本を読んでいます。
自己啓発の本としては、世界的にも有名な本ですので、読んだことがあるという方もいらっしゃるかと思います。
 
いろいろと考えながら読んでいくので、まだ三分の一ほどですが、人の成長・人間関係において、何かテクニックや手法をとって表面的な部分しか見ないよりも、農場の法則といわれる、種をまいて、水をやり育て刈り取るときちんとした時間をかけて、段階をきちんと踏んでいかないと、達成されない等、考えながら読んでいくので時間はかかりますが、噛みしめながら残り読んでいきたいと思います。

営業部 中尾友暁

2015年10月9日金曜日

スタッフレポート

接遇研修を受講させていただきました。昨年に続き2回目です。

前回の研修の中で、舌の位置は普段何も意識していない時、どこにありますか?というものがあり、私は下にだらんと落ちている状態だったのですが、それだと気道が狭くなり、口呼吸になりやすく、風邪をひきやすかったりイビキの原因になったりと様々な健康被害の原因になるとのことでした。

それから1年間、正しい舌の位置である上顎にピタッとついた状態というのを意識してきました。確かに風邪をひきにくくなるなど、いい影響がでてきていると思います。その研修に参加していなければ、おそらく今でも低位舌は良くないということに気付いていなかったと思います。

いろいろな人と会ったり、コンサートや映画の鑑賞など、新しいことを経験することにより、いくつになっても発見や気付きがあるものだなあと、しみじみ感じる今日この頃です。

営業部 橋本一広
 

2015年10月8日木曜日

スタッフレポート

飲酒や喫煙を18歳以上からとする法案が検討されているというニュースを見ました。

成人や選挙権を18歳からと変えるにあたって、抑制だけでなく、しかるべき自由の権利も与えようというのは理屈は分かるのですが、本当に必要なのかと疑問を抱きました。ただでさえ飲酒運転が無くならないのに、さらに高校生にまで拡がるとなると、更に事故が増えていくような気がします。

20歳を超えていても大人とは決して言い切れず、逆に18歳以下でも立派な人はたくさんいると思います。難しいことはわかりませんが、親や教師や上司など、身の周りの先輩たちに認められて、初めて「大人になる」ということじゃないかと個人的には考えています。

まずは我が子を周りが認めてくれるような人間に育てていきたいです。

業務部 藤元勇太

2015年10月7日水曜日

スタッフレポート「大規模修繕」

本社工場の老朽化に伴い、今、私が所属する部署は、今までで初めて位の大きな修繕補修の最中です。

それに伴う準備や作業で、この時期では珍しく、年度末並みの繁忙期になる事が予想されます。しかも、補修作業はこれからが本番です。現場は、こういった繁忙期ほど、労災や事故などが起きやすいものです。

ですが、今回の修繕で我が部署は、飛躍的に良くなっていくと思います。さまざまな弊害が取り除かれ、大きく変わっていくでしょう。
 
その完成を楽しみにしながら、しっかり気を引き締めて作業したいと思います。

ETF 飯田一樹

2015年10月6日火曜日

スタッフレポート

最近では、朝、晩とだいぶ涼しくなり夏場のように暑苦しい環境で寝るのに比べ、睡眠がとりやすい環境になってきました。

そうなるとついつい休日など寝すぎてしまって、起きたらもうこんな時間ということで昼前になっていた経験もあります。昼までにやりたいことがあったのにと寝すぎてしまったことに後悔されます。

長時間睡眠をとったからといってすっきりしている訳でもなく、なんか頭が重たいなど頭痛があったりします。

こんな場合は生活習慣が関係あるらしく、カフェインのとり過ぎ、運動不足、遅い時間の夕食などいくつか原因があるということですが、私が特に気になったのが遅い時間の夕食ということで、遅い時間や寝る前に食事をすると寝ている間に消化器官が働くことになりその結果、睡眠中に内蔵が休むことが難しくなります。

できるだけ、寝る前に食事をとらない、量は少なめにするなど食生活を改善して朝すっきり目覚めたいと思います。

営業部 福原史之

2015年10月5日月曜日

スタッフレポート「物つくり」

自分は何かを作るということがとても苦手です。

プラモデルとかは子供のころよく作っていたんですが、学校の工作の宿題や図工でいつも頭を悩ませていました。

そして大人になった今、息子が会社から帰ると毎日のようにプラレールを作ってとせがんできます。

それで作り始め1本のレールで形を作ることは簡単なんですが、それが枝分かれしたりすると何故か毎回同じ形が向かい合ってしまうんです。

線路には凹凸があり、はめ込んでいくことで出来上がるのですが、自分が作ると凸と凸だったり、凹と凹が向かい合ってしまうことがよくあるんです。

嫁さんは作るのがとても上手で、自分なんかでは真似できないものを作ってるんですが、それを真似ようとして頑張ってみた日には悲惨なものになってしまいます。

そんな自分の作っているものを見て毎回、「なんでこうなるん?」と言われるのですが、自分でもさっぱりわからないのです・・・。

よくツタヤで借りている子供向けのDVDを観て、こんな風にできたらいいのになと夢見ながら、毎日今日もプラレールを作っております。

ETF 宮森勝志

2015年10月2日金曜日

スタッフレポート

先日、接遇研修を受けさせて頂きました。

去年と同じ先生でしたが、内容が面白く3時間があっと言う間でした。

特に印象に残っているのが一番最後にした、筆談でグループ全体に意思疎通をするゲームです。

このゲームでは、相手(部下)に言わなくても知っているだろう。と言う思い込みをしていないか。また、相手(上司)からの指示待ちになっていないか。
と言う事を体験する内容になっていました。

頭では分かっているつもりでも、実際にゲームで体験すると、思い込みや支持待ちを普段からしている事に気付かされました。

この接遇研修で気付いた事を、これからの仕事にいかしていきたいと思います。

総務部 山田佳恵

 

2015年10月1日木曜日

スタッフレポート

今年に入って歯の治療をしています。
歯医者さんに行ったきっかけは、奥歯が虫歯で寝る時も痛みが出てきたからです。

子どものころから、歯が丈夫で虫歯になったことがなかったので、歯医者さんにも通ったことがなく、なんとなく恐いイメージを持っていましたが、行ってみると歯科衛生士さんも院長先生もとても感じがよく安心して治療が出来ています。

最初に行った日は、おやしらずが虫歯になっていたので抜歯してめちゃくちゃ痛かったですが、その次の治療からは優しく歯石を取ってもらったり、優しく詰め物を詰めなおしてもらったり恐いイメージを払拭することが出来ました。

虫歯は放っておくとどんどん進行し、顎の骨にまで虫歯の菌が入って大変なことになりかねないそうなので、お困りの方は早めに最寄りの歯医者さんに行かれてみてはいかがでしょうか。

業務部 水田竜志