2016年9月29日木曜日

スタッフレポート

朝晩涼しく過ごしやすくなってきて、スーパーでは梨やさつまいもや栗などを見かけるので、秋の気配を感じます。

それに伴い台風も頻繁に発生するようになりました。

先日は、台風10号が東北や北海道に大きな被害を残しました。
強い台風が太平洋側から東北や北海道に上陸するのは観測史上初めてのことだそうで、これも温暖化による影響なのでしょうか。

今後このような予想もしないようなことが頻発するのかと思うと、とても恐ろしいです。

災害が発生した際は避難情報を待つだけでなく、自分の身は自分で守るため、普段から自分自身で災害について知識を深め、対策を考えていないといけないなと改めて感じました。

総務部 舛本奈美

2016年9月28日水曜日

スタッフレポート

50歳の誕生日を迎えました。

若い頃想像した、50歳になった自分というものとはまったくかけ離れた現状というのが率直な感想です。

孔子曰く「五十にして天命を知る」という事ですが、天が自分自身に与えた使命というものを、今もってまったく自覚出来ていません。

とは言え平均寿命80歳という現在、未だ人生の3分の2を経過したに過ぎませんので、新しいことにも周りの人とともに積極的にチャレンジし、人生を充実したものにしていきたいと思っています。

営業部 橋本一広

 

2016年9月26日月曜日

スタッフレポート

9月に入り朝は少し涼しくなってきましたが、日中は、まだまだ残暑厳しく、現場も滝のように流れ落ちる汗を拭いながらの作業が続きます。

暑いといえば、今年の広島東洋カープ!

暑いは、いい加減うんざりですが、カープの熱いは大歓迎。
 
振り返れば、新井の2000本安打、黒田の日米通算200勝、そして神ってる鈴木を初め若手を中心とした日替わりヒーローの誕生と、まさにベテランと若手が一丸となったチーム、若手の中での過熱したポジション争い。

これまでの練習の成果がグラウンドで一気に開花した一年だと言えるでしょう。

われわれも、お客様の前で高いパフォーマンスが出来るチーム・会社を目指し、節目となる50期にむけ全員で熱く進んで行ければと思います。

リーグ優勝、クライマックス、日本一!

街に出て広島全体での25年ぶりの歓喜に飲みまくり・騒ぎまくります!

業務部 大村治生

2016年9月21日水曜日

スタッフレポート

お盆休みに夫の郷の奈良へ行ってきました。

23日の内、一日は日中に散策しようと出かけたのですが、30分もしない間に茹だるような暑さに負け、手近な喫茶店に入り、ゆっくりと涼むという何をしに出掛けたのかわからないような時間を過ごしたものですから、リベンジするつもりで、その日の日没後に再度散策へと出かけました。

燈花会(とうかえ)という行事をご存知でしょうか。

奈良公園付近一帯で燈花というろうそくを灯す行事なのですが、幻想的な夏の風景を楽しむことができます。

夜なので日中よりも涼しくなっていることを期待して出掛けましたが、盆地ならではなのか、暑さがほとんどひくことなく、結局昼間とあまりかわらない程度の散策で終わってしまいました。

興福寺の五重塔あたりまで人込みの中ゆっくりと歩き、猿沢池のほとりをぐるりと見て回って今年の燈花会を楽しんできました。

次の帰省はお正月になりそうです。

まだまだ見に行きたいところ、見に行けてないところのたくさんある夫の郷ですが、少しずつ夫婦で色々なところを見て回りたいです。

写真は五重塔を見上げた景色です。

総務部 吉村綾子
 


2016年9月20日火曜日

スタッフレポート

ここ数年、集中豪雨など多くの異常気象が顕著になってきています。

先日には東北地方に台風10号が直撃し、東北地方や北海道に大変な爪痕を残し、多く人々が災害に見舞われました。

このことは、災害に遭われた人だけのことではなくて、地球のどこに住んでいようと免れないでしょう。

このことは、私たち人類が豊かさと引き換えに地球温暖化を起こしたからに違いありません。

しかし、このまま指をくわえていても仕方ありません。

個人で出来ること、会社単位で出来ること、研究者として出来ること、政治として出来ることなど、他人任せではなく、今できる事を微力ながら行動に移していくことこそが、地球温暖化の進行を遅らせて、子どもや孫の世代にこの美しい地球や文化を残していければいけないと思い、ニュースなどを見ては考えています。

幸いにも私達カンサイは、NPO法人環境文明21の先生方と出会い、多面的な考え方が少しづつはできるようになりつつあるように実感しています。
 
一気に方向転換はできないでしょうが、これからの会社の事業活動では見過ごす事の出来ない問題(地球温暖化)の一つで、他社との差別化を図る事の出来る考え方と私個人は思っています。

一個人が出来ることは微力ですが、会社単位で考えれば少し希望が湧き、やればできるように感じられますので、希望を持ち今できる精一杯の努力を していければと思います。

本社工場 北川貴伸

2016年9月15日木曜日

スタッフレポート

9月に入り、朝夜ともに少し肌寒く、日中も過ごしやすい日が続いています。

さて今月は、山田真哉さんの「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」を読んでみました。

この本は、会計の入門書よりも前の入門と一般人の間の位置づけで書かれており、日頃の生活の中で、題にもあります、さおだけ屋はどうして商売が成り立っているのか?また郊外の住宅街にある、高級なレストランは、儲かっているのか?などのお金に関する日常の中の疑問から始まり、会計の本質的な考え方を通して、会社としての会計、また日々の生活の中で使える会計の考え方が参考になる本でした。

ちなみに、この作者 山田真哉さん。
このさおだけ屋はなぜ潰れないか?の印税で入ってきた数千万を、FXの失敗で泡にしてしまったそうです。

営業部 中尾友暁

2016年9月14日水曜日

スタッフレポート

今年の8月は猛暑、酷暑の夏になりました。

業務部は屋外での作業が多く、連日熱中症の危険があります。しかし、8月は熱中症にかかる社員は一人も出ず、暑い夏を乗り切ろうとしています。

ここ2,3年の暑さは尋常ではなく、社内での熱中症対策も進んできています。
 
本社工場の休憩室は冷房運転し、塩飴、経口補水液が常備されています。現場に出ていく際には、ジャグにスポーツドリンクを入れて持っていき、いつでも水分補給出来るようにしています。また、個人でソフトクーラーを準備している社員もおり、熱中症に対する意識は高くなってきています。

8月後半は、朝晩涼しく過ごしやすくなってきましたが、日中はまだ残暑厳しい日もありますので、引き続き熱中症対策を継続し無災害で乗り切りたいと思います。

業務部 水田竜志

2016年9月13日火曜日

スタッフレポート

楽しみにしていたオリンピックが開催されました。

いつも、オリンピックの前後には感動の涙、悔し涙、嬉し涙・・・たくさんの涙と出会い、もらい泣きをしてしまいます。

出たくても出れなかった人・出ることが出来ても努力が報われずに終わった人・最高の結果がでて喜びに輝く人・結果はそれぞれですが、どのシーンを見ても その人の汗と努力、日の丸を背負った重圧感、4年間の積み重ねたものをかいま見る事ができて、いつも感動してしまうのです。

今回特に感動したのは、いつも応援しているテニスの錦織選手の涙、体操男子の団体、陸上男子のリレー、バトミントン、卓球・・etc

次は東京だと思うと、4年後はさらに選手たちの意気込みも増すことでしょう。

選手の努力にみあう素晴らしい大会になることを期待したいと思います。

総務部 金子美絵

 

2016年9月12日月曜日

スタッフレポート

7月中旬にキャンプに行って来ました。
今回は、山口県の周防大島にある片添が浜オートキャンプ場で海キャンプしました。

楽しみにしていたのに、胃痛で半日テントで寝ているというアクシデントがありましたが、海に入り、温泉に入り、焚火をし、お酒を飲み大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今回行ったキャンプ場は、海がとてもきれいでまるで南国のリゾート地に来たと思わせるような、私一押しのキャンプ場です。
 
テントで寝ることに抵抗がある方も、コテージがあり安心して過ごすことが出来ますし、デイキャンプでも気軽に行けますので、ぜひ興味のある方は行ってみて下さい。
 

業務部 水田竜志 
 

2016年9月8日木曜日

スタッフレポート「平均寿命」

先日の新聞記事で、日本人の平均寿命が男女共伸びたとありました。

医学が進歩していることが大きな要因のようであるようですが、人口の方は、65歳以上は増加して、少子高齢化に歯止めがかからない状況です。

我が国の平均寿命は男性85.5歳、女性86.8歳と世界でもトップクラスです。

寿命を延ばしていることに、健康寿命を延ばしていく事もあるようです。健康寿命を延ばすには、生活習慣病が大きく影響しています。

若いうちから、健康管理に努めることがベストですが、今からでも健康寿命を延ばす努力したいと思います。

総務部 藤岡広志

2016年9月7日水曜日

スタッフレポート

先月にも投稿しましたが、現在30度を越す暑い日が続いています。

今進めている作業に下水管の清掃作業がありますが、日陰もなく、またアスファルトからの照り返しの中道路上での作業はかなりこたえます。汗だくになりながらの作業なので、水分補給をこまめに取るなど、熱中症対策をしながら進めています。

以前はこんなに暑かったかなと考えながら、自分も歳をとり体力が落ちたのかなとも思います。

しかし、このような時期だからこそ、自らが率先して引っ張って行く覚悟で頑張ります。同時に作業員の体調もしっかりと見極めながら無理をさせないよう取り組みたいと考えます。

業務部 菊池一彦

2016年9月6日火曜日

スタッフレポート

先月、友人との待ち合わせに外出した所、熱中症のような症状が出ました。

視界が白くモヤがかかったようになり、耳鳴りと吐き気があり、その場に立っていられなくなるような症状でした。

幸いにも、重症化せず水と食べ物を口にしてしばらく休んでいると回復しましたが、とても驚きました。

普段から気を付けているつもりでも、ちょっとした事で熱中症になるのだと身を持って体験しました。

これからも暑い日が続きそうです。今まで以上に気を付けていきたいと思います。

総務部 山田佳恵

2016年9月5日月曜日

スタッフレポート

人は生活する上で、仕事や家庭等でイライラすることが大抵の人はあると思います。

そんな精神状態では、上手くいくことも上手くいかなく、周囲に不快な雰囲気を与えるだけで、自分にとってなんのメリットもありません。意識では、イライラしないと心がけていても実際は、難しいので食べものから改善できる方法があるので、紹介していきます。

まず、アーモンドやクルミなどのナッツ類です。ストレスによって失われるものにマグネシウムがあります。ストレスを受けることで尿中にマグネシウムやカルシウムが多く流れてしまうので、ピーナッツやアーモンドには豊富に含まれているので摂取する必要があります。
 
ダークチョコレートは、カカオが含まれており抗酸化作用や美肌効果ストレス解消、心疾患リスクの軽減といった様々な健康メリットがあります。ミネラルが豊富で、疲労感を軽減してくれます。

他にも緑茶、フルーツ、ホウレンソウ、乳製品、豆腐や納豆、赤身の魚や肉があり定期的にまんべんなく食べれば効果がありそうです。

普段イライラしている人を見つけたら、これらの食材を差し入れすれば穏やかになるかもしれません。

営業部 福原史之

2016年9月1日木曜日

スタッフレポート

先日、夫が激しい腹痛に見舞われました。

その時の朝食メニューや前日夜に食べたものであたりそうな食材が思いつかなく、ひとまず整腸剤を飲んでもらったのですが、痛みがおさまらず、脂汗が出るほど更に強い腹痛が続くため病院に行ってきたところ、「カンピロバクター胃腸炎」という細菌性の胃腸炎だったようです。

カンピロバクターという細菌は鶏肉によくいる細菌で、潜伏期間も25日とやや長く、今回感染した原因は多分、4日前に食べた焼き鳥だろうとお医者さんに言われたそうです。

その時は思い当たる節がなく、一般的な下痢止めを服用しましたが、この細菌に感染した場合は腸の動きを止める薬は駄目だそうで、とにかく体の中から菌を出すことが大事だとのことです。

鶏肉はきちんと加熱してから食するようにとよく言われますが、全くその通りで、思い起こせば原因と思われる焼き鳥が、少々生焼けのものがあったりしました。

家庭内では気を付けているのですが、外食時も同様に気を付けなければいけないと思いました。

総務部 吉村綾子