2016年11月30日水曜日

スタッフレポート

11月に入り、季節的にも気温が下がり朝晩は寒くなってきました。そうなると温泉や入浴がより気持ちいい季節となります。

私の場合は夏でも温泉が好きですが、夜の冬空で露天風呂につかりながら「ぼー」っとするのが至福の時でもあります。

温泉に限らず家の風呂でも、外から帰って冷え切っている体で入ると、気持ちいいと思います。

温泉や入浴の効能として、血液の循環や心臓、血圧などに影響があります。具体的には浮力、静水圧、温熱作用、泉質の化学作用などがあります。

浮力は、浮力で体が軽くなった分、関節などに負担をかけず、手足を自由に動かすことができます。筋肉への負担が減り、リラックス効果も筋肉や関節の障害、神経麻痺やリウマチなどによる運動障害などがある人でも、運動がしやすくなります。

静水圧は、血液の流れや心臓に影響を及ぼします。全身浴をすると手足など体の抹消にある血液が、静水圧によって心臓に押し上げられ、心臓の血液量は1.5倍にもなります。呼吸や心臓の働きが活発になるので、健康な人であれば、軽い運動をしたような効果がありますが、心臓や肺に疾患のある人には、心臓や肺への負担が強すぎます。

温熱作用は、作用で末梢血管系で動脈と静脈がつながっている動脈吻合が開き、静脈血にも酸素が多く含まれるようになります。この効果は42℃のお湯に10分間使ったとして、入浴後20分くらい続きます。温熱で血管が拡張し、血液の流れが良くなる。その結果酸素や栄養分が体の隅々まで行き渡って、老廃物の排出がすみやかに行われることで、新陳代謝が活発になり細胞が活性化されます。

泉質の化学作用で温泉に含まれる成分には、体に良い影響を与えるものもあります。日本に一番多い温泉は食塩泉で、保温効果が高く湯冷めしません。他にも硫黄泉や炭酸水素塩泉など多くの泉質があります。

最近では、入浴剤も進化してきたりして、家でも気軽に温泉気分に浸れます。スーパー銭湯などは、風呂の種類が多くアミューズメントとしても楽しめます。

これから寒い冬がきますが、入浴を楽しみながら乗り切っていきたいと思います。

営業部 福原史之

2016年11月29日火曜日

スタッフレポート

先日、庄原の熊野神社に行ってきました

とても歴史ある建物で、比婆山の遥拝所として信仰を集めた熊野神社の社叢は、100本以上の大杉から成り、中には樹齢が千年を超えるものもあり、そのうち11本が広島県の天然記念物に指定されています。

神社を守るように数十本の杉の大木が天に向かってそびえる様はとても神秘的で圧倒されました。

ここ近年の私の楽しみは、巨木巡りになっています。

触れるととても元気をもらえるので、続けていきたいと思っています。

総務部 金子美絵

 

2016年11月28日月曜日

スタッフレポート

先日、近所の海水浴場で開催されたクリーンアップキャンペーンに参加してきました。

その海水浴場は、家から車で5分程度のところにあり、夏には妻がほぼ毎日子供たちを水遊びに連れていっていたこともあり、是非この活動に家族で参加したいと思い、申し込みました。

当日は天候にも恵まれ、400人近い人が集まり、1時間ほど海岸のゴミ拾いをしました。

その後は近隣の農園へ移動し、みかん狩りとみかんジェラートの試食まで堪能させていただきました。

うちの子供はまだ小さいので、ゴミ拾いの真似事ぐらいしかできませんでしたが、今回のような楽しい活動を今後も体験させ、身近な環境に興味を持ち、自然を大切にできる子に育ってくれればと思います。

倉橋工場 石津智久

2016年11月24日木曜日

スタッフレポート

娘の保育園の運動会に参加しました。

今年は先生方のコスプレもカープ一色で、華やかでした。

自分は障害物競走に出場しました。普段体を動かす仕事をしているので、おそらく他の父兄には負けないだろうと思っていたのですが、いざ走り出すと足が思うように動かないどころか、もつれて転びそうになる始末で、結果、対戦相手は自分よりだいぶ年上の園児のおじいさんだったのですが、まさかの完敗という恥ずかしい事になってしまいました。

思えば”走る”という行為は仕事の中でもほぼ無いと言ってもいいでしょう。

かなりショックを受けたので、これからダイエットを兼ねて普段からジョギングなど運動をしてみようと思いました。

業務部 藤元勇太

 

2016年11月22日火曜日

スタッフレポート

先月、社長のご好意で野球観戦へ行かせて頂きました。

クライマックスシリーズ出場をかけた試合でしたので、大変多くの観客が入場しており、また大変な熱気でした。

双方の得点が入る度に歓声が沸き起こり、選手達からも応援席からも真剣さが伝わってくるようでした。

天気も良く、試合結果としてカープが勝ち、とても良い試合でした。

一緒に行かせて頂いた家族もとても喜んでいました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

総務部 山田佳恵

 

2016年11月21日月曜日

スタッフレポート

今年も、環境活動レポートの編集をさせて頂きました。

3年前より、環境文明21の加藤先生、藤村先生にご指導頂き、少しずつ読みやすいレポートになってきているのではないかと自分でも思います。

このレポートは、ご家族、お客様、ホームページ等で多くの方々に読んで頂き、カンサイの事業活動と現状をご理解頂き、今年よりも来年と成長していく、社員、企業を見て頂きければと思います。

本社工場 北川貴伸
 

2016年11月17日木曜日

スタッフレポート

朝晩ともに寒くなり、私はバイクで通勤していますが、上着をタンスの奥から引っ張り出し、冬に向けて、準備をしています。

県北では、紅葉が見ごろということで、先日、三段峡に行ってきました。

三段峡にも色々コースがあり、私達家族は、三段滝のコースを選びました。

私の想像では、少し歩き、写真を撮って終わりかと思っていたら、 かなり山の奥の方へと歩き、意外と狭く、 意外と急な坂道がたくさんあり、長男は何度も弱音を吐きましたが、三段滝に着いた途端、その疲れは吹っ飛び、あまりの豪快な水の流れに、一同唖然としました。

短いながらも、子供たちにとっては、初めての入山という事で、とても貴重な経験が出来たと思っております。

一つの事に、弱音を吐きながらも、達成出来た子供達をみて、成長を感じると共に、少しずつ親離れしていく瞬間が垣間見れ、ちょっぴり寂しくも思う一日でした。

営業部 中尾友暁

2016年11月15日火曜日

スタッフレポート「災害」

先日、鳥取で震度6の地震がありました。その前は、阿蘇山の噴火と大災害が多発しています。

地震による津波被害、大雨による水害、大型台風、また、予測できない火山の大爆発とか地球全体が何か活動期に入っているようです。

地球自体が、そうした異常気候を起こす周期になりつつある見方もある一方、われわれ人間による地球温暖化の影響も多分にあるようです。

今年の夏も暑い夏でした。30度以上の真夏日、猛暑日が普通のようです。
 
天災か人災かはどうかわかりません。そうした災害が、いつ何どき起こりうるかわかりません。
 
非常時に備えた危機管理を日頃からしときたいと思います。

総務部 藤岡広志

2016年11月14日月曜日

スタッフレポート

CS初制覇、「おめでとうございまぁ~す」

会社でペアチケットを頂いた1012日、クライマックスシリーズ初戦!
妻と二人で観戦してきました。

いつもは球場の外で500のビールを一本飲み、紙コップに500を移して中に持って入り、つまみを買って飲みながらの観戦、そして途中で売り子さんから生を買って飲むパターンとなっておりますが、この日は、大事なCS!

しかも会社で抽選で頂いたロイヤルBOX席最前列カープベンチ上!!

酔っぱらってる場合じゃないので、ビールの代わりにカープうどんの汁全部飲みで全力で応援してまいりました。

ジョンソンの完封で見事勝利しました。

日本シリーズでは、惜しくも敗れましたが、ヒロシマの町を盛り上げてくれた事に、感謝・感謝・ありがとうしか言葉が出てきません。

そして待ちに待った115日、41年ぶりの優勝パレード!

ゴール付近で見物してきました。思ったより走行速度が速く一瞬でしたがいい記念になりました。

次は日本一じゃ~ 黒田博樹 お疲れ様

業務部 大村治生
 
 
 
 


2016年11月10日木曜日

スタッフレポート

最近、「魔女の宅急便」の小説を読んでいます。

ジブリ映画で有名ですが、原作があるのをご存知でしょうか。

原作は6巻まであるのですが、映画の内容は原作の2巻までで、原作では、キキが様々な出会いと別れを経験して成長し、立派な魔女になり、トンボさんに恋をして結婚しお母さんになるまでが描かれています。

映画が小さい頃から好きで何度も見ていたので、映画のその後を読めるのが嬉しく、キキがどのように成長していくのかを、ワクワクしながら読んでいます。

今は4巻の途中なので、引き続き秋の夜長を楽しみたいと思います。

総務部 舛本奈美

2016年11月9日水曜日

スタッフレポート

カンサイが50期を迎えました。

50年続いているカンサイに勤めていることを誇りに思い、この先50年100年と持続していける会社になるように、これからも頑張りたいと思います。

カープの黒田投手が200勝あげたときに、『次の目標は201勝です。201勝に向けて明日からまた準備していきたい』と言ったように、我々業務部も一日一日いい準備をして、いい仕事をしてまいりたいと思います。

また、業務部では作業員の高齢化が進んでおりますが、ベテランの方の素晴らしい技術を次の世代へ伝えていけるよう、今いる若手とともに頑張っていきたいと思います。

業務部 水田竜志

2016年11月8日火曜日

スタッフレポート

最近自分を振り返ってみると、普段の生活の中で幸せと感じることより、不幸な気分(嫌な気分)を感じることが多いと思います。

実際そういう経験をされる方は少なくないと思います。
「では、幸せって何だろう?」と思うとすぐに答えに困ってしまいますが、実は幸せな事は普通に日常生活で転がっているもので、それを自分が幸せなことか不幸なことか決めているだけだと思います。

ある1つの出来事についても、幸せと感じる人もいれば、少しの不満があれば不幸に感じる人もいます。
「こうでなければならない」という人の根本には、ある種の欲深さがあると思います。自分に見合うだけのレストランに行きたい、もっと自分にふさわしい服を着たい、自分の能力に見合うだけの仕事がしたい、と欲を出せばきりがありません。しかし、幸福を感じられる人は「こうでなければならない」から完全に自由になっている。そういう人はいつも幸せな気分でいられます。

幸福感は、人の優しさや思いやりだと感じます。
日常のストレスを他人にぶつけるのではなく、それを感謝や思いやりに変えて他人を喜ばしたほうが何倍もストレス解消になると思います。

嫌なことやつらいことが続くとついつい自分が不幸だと感じますが、実際はハードルを下げてこんなものだと感じ、被害妄想を逆に他人を喜ばせることに力を注げばそれは幸福感に変るのではないでしょうか?

少し視点が変えてみれば人生が楽しくなりそうです。

営業部 福原史之

 

2016年11月7日月曜日

スタッフレポート

ある資料によると、創業から100年を超える企業は全国で約26千社存在しているそうです。

長寿企業の排出率が一番多い県は京都、少ない県は沖縄、広島は47位中35位と戦争の影響もあるのか少ない県となっています。

私の実家は安芸郡府中町なのですが、たまに帰る度に新しい店や会社が出来ています。反対に閉店や廃業する会社も見受けられます。
 
小学生時代、通学中にある工場施設の中を通って近道をしていた事があるのですが、先日前を通った時に、閉鎖されていたのを見て一抹の寂しさを感じました。

その中で、今年の10月をもって我がカンサイは50周年を迎えることになりました。とても誇りに思います。
 
カンサイが100周年を迎えるころには、私はとっくに定年していますが、今できる事を精一杯やっていこうと考えています。

業務部 菊池一彦

2016年11月2日水曜日

スタッフレポート

昔から物が捨てられない性分で「これはいつか使う時があるかも」とか、「この服はまた着る時が来るかも」などと言っては、どんどんと物が溜まっていき挙句には物が溢れかえったり、必要なものがなかなか見つからないという日常を繰り返していたのですが、近頃少しずつ家の中の物を整理していっています。

断捨離という言葉が何年か前に流行りました。

そこまでは行かずともそれなりに整理していくと、ほとほと不要なものが多いと自分でも呆れ返る程の色々なものが出てきました。

しかし、多少頑張った甲斐もあり以前より家の中がスッキリしてきたように思います。

有難いことに、日本では家庭から出るほとんどのゴミを自治体が無償で引き取り、処分してくれます。

もしもこれが産業廃棄物だとして有償で処理するものだとしたら、私が出したゴミはそこそこの料金がかかるだろうということは容易に想像できますし、捨てるものに対してお金を払うということに抵抗を感じる人が多くいることも共感できます。

物を大切にする「勿体ない精神」には程遠いほどの、言ってみれば「ゴミの山」を見るにつけ、必要ないものはもう買わない、安いからといってすぐに手を出さず、本当に必要かどうかじっくり吟味してから購入しようと改めて心に誓いました。

総務部 吉村綾子

2016年11月1日火曜日

スタッフレポート

9月10日。この日は美味しい所だけをつまんだとても良い日でした。

カープが優勝を決めた日の夜、まさに試合中に僕は妻を引き連れ近所の夏祭りへ行きました。

その日は夜勤明けで夕方まで寝ていた所、外からの祭り囃子で起こされました。

幼少期に祭りの神楽が好きだったのと近所に神社の存在を思い出し、強烈に妻と一緒に神楽を観たくなりました。決してカープを疎かにしたわけではありません(笑)

そして近所の祭りで神楽を観る事で、今の土地に本当に受け入れられた気がして意味不明の感動がありました。

また、出店での缶ビールがとても美味しく1時間もせず飲み過ぎた末、ベロベロ手前でした。祭り幹事の方々には感謝です。

神楽も演目をするだけでなく、神楽団には珍しく演者さんの面白いトーク時間?等もあり本当に楽しめました。

そして神楽の合間にカープ実況が逐一され、後ろ髪引かれる思いと妻が飽きたそうなのですぐさま帰宅し、カープ優勝の瞬間を目にする事ができました。

この日は神楽、お酒、カープと美味しい所だけつまみ最高の1日でした。

それもこれも全ては今仕事が楽しく充実して頑張れている事と、妻が支えてくれているからだなぁ思います。
 
この最高1日のような日がまた来るとこを願って、仕事を頑張りたいと思います。

業務部 森川誠