2016年12月28日水曜日

スタッフレポート

カンサイは今日が仕事納めです。

年始は1月5日(木)から営業致します。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

私は一足お先に仕事納めをして、帰省しています。
年末年始は楽しい予定がいっぱいなのでワクワクです♫

みなさま、よいお年をお迎え下さい。
今年一年大変お世話になりました。

総務部 ぶぶ

2016年12月27日火曜日

スタッフレポート

今年も残り1ヶ月を切りました。

毎年この時期はあっという間に日が過ぎていきます。

現在業務部ではいくつかの現場を抱えていますが、いずれも工期や納期に追われています。

しかし、だからこそ改善して少しでも効率の良い方法を見出すチャンスでもあると考えています。

気持ちをしっかり持って、これから年度末にかけて全力で取り組んでいこうと思います。

業務部 菊池一彦

2016年12月26日月曜日

スタッフレポート

大学4年生の弟が、ようやく就職が決まり来年の春から社会人になります。

残念ながら第一希望は落ちてしまい、第二希望のところになってしまったのですが、小さい頃からずっとなりたいと言っていた職業なので、夢が叶って良かったなと思います。

今までずっと実家暮らしだったのですが、春からは一人暮らしになり車通勤にもなるので、仕事のこと以外も慣れるまでは色々と大変だと思います。

しかし、なりたい職業に就けることはとても幸せなことで、なりたい職業があっても、就ける人ばかりではありません。

実際働いてみると、楽しいことばかりではなく、辛いことや悩むことも出てくるかと思いますが、すぐに諦めず、頑張って続けてほしいなと思います。

総務部 舛本奈美

2016年12月22日木曜日

スタッフレポート

片淵監督のアニメ映画「この世界の片隅に」。

第2次世界大戦のさなか、江波に住む18歳の女性すずが請われるままに呉へ嫁ぎ、慣れない土地で戸惑いながらも一生懸命日常を過ごしていくという内容です。

日を追うごとに空襲が激しくなっていく中、一般の人々の暮らしが細かく描かれています。

楽しいこともつらいこともある日々の暮らしですが、時折表示される日付が昭和20年8月6日にどんどん近づいていき、この幸福な日常は永遠のものではないんだという何とも言えない感覚に途中辛くなったりもしますが、主人公すずさんのキャラクターとあまりにもはまりすぎの感がある声を演じるのん(能年玲奈)がすばらしく、最後はいい映画を観たなという満足感でいっぱいになります。

機会があれば是非。

営業部 橋本一広
 


2016年12月21日水曜日

スタッフレポート

年末に近づくにつれ、仕事のスケジュールがきつくなり、気持ちも焦り気味になってしまいます。

最近は歩行者に車が突っ込む等の事故も多く、ニュースを観る度に恐い気持ちになります。

私は最近事務作業が多いのですが、日によっては1日のほとんどを運転に費やす事もあるので、自分の体調によっては休憩を適度にとり、安全に運転に努めていきたいと思います。

業務部 森川誠

2016年12月19日月曜日

スタッフレポート

12月に入り、今年もいよいよ数週間となり、カンサイも繁忙期に入ってきました。これから、営業の私も、現場で身体を動かす日が増えてきそうです。

今月は、山田ズーニー著「伝わる・揺さぶる!文章を書く」という本を読んでみました。

筆者は、教育誌編集者という立場で高校生に文章指導しているとの事で、非常に理解しやすい事例が多く面白く読めました。

内容としては、書く為の技術的なものもありますが、それよりも、書く為の考え方に重点を置いていて、その考える方法として、意見・望む結果・論点・関係性・論拠・根本思想の7つ要件をそれぞれ考える事で、自分の思いに嘘をつかず、そして相手に伝わる文章になっていくというものでした。

私が、何故この本を読んでみたいと思ったのかというと、私が人に伝えるという事が上手くないので、何かヒントになればと思い、レビューで単にいい文章を書く為のノウハウ本ではないとの意見が多くあり、根本の部分で為になるのではないかと思い手にしました。

読み終えて、レビューにある通り、ただのノウハウ本ではなく、伝える事・コミュニケーションに対しての筆者の思いが非常に伝わり、私もまた人と関わる事の考え方を教えてもらえました。

営業部 中尾友暁

2016年12月15日木曜日

スタッフレポート「年末に向けて」

今年も、もう早いもので師走に突入しました。

この時期は毎年ですが、どの部署も仕事が充実した日々になります。この時期になると思い出すのが、以前社長が言われた事です。
「忙しいとは、心を亡くすと書く。忙しいのではなく、充実していると考える。」です。

物事はその人の心の持ち方で同じことでも大きく変わります。あれから、私も日常の中で忙しいと言わないように注意しています。
 
また、忘れがちですが、日々、仕事に追われるのではなく、追いかけるぐらいの気持ちも心がけるようにしています。一歩先を進む事で、イレギュラーな仕事にもスムーズに対応出来る様になると思います。なかなか実践出来てはいませんが、心にとめておくだけでも違うと思いますので、心の中で繰り返し唱えています。

現場では、毎年、仕事が増える時期に怪我や事故やイージーミスが増えてしまいます。
 
今年も大きな事が無く、無事にみんなで仕事終わりを迎えれる様、気持ちを引き締め頑張ります。

本社工場 飯田一樹

2016年12月14日水曜日

スタッフレポート「健康」

現在、日本の人口は、年々減少傾向になりつつあります。

65歳以上の人口は増加し、少子高齢化に歯止めがかからない状況です。

我が国の平均寿命は、世界でもトップクラスで、医学の進歩によるところも大きく影響しています。

しかし、私自身も日頃から病院や薬といった医療だけに依存しないよう、日頃の生活習慣の改善をするなどして、健康増進に努めたいと思います。

総務部 藤岡広志

2016年12月13日火曜日

スタッフレポート

先日、関新会主催の忘年会を無事執り行う事が出来ました。

今年は会社の50期と言うこともあり、何をしようか色々と悩みましたが今回は役員も皆と一緒に飲み・食べ・楽しもうという事に致しました。

思い返せば約24年前、まだ髪の毛がフサフサだった頃、関西特殊産業株式会社に面接に行った時の事がつい昨日の事のようです。
 
まだ初代もご健在で、現場から戻ると
「頑張っとるか、しっかりやれえよ、怪我はするなよ」と、よく笑顔で声を掛けて頂きました。

妻とも会社で出会い、子供も三人授かることができました。

会社、先輩方、同僚、後輩これまで携わってきた方々に感謝し、和を持って事を成すの精神でこれからも皆としっかりとタッグを組み60、70期と目指して行きたいと思います。

業務部 大村治生

スタッフレポート

朝晩と気温が低くなり、日中も寒く感じることが多くなってきました。

寒くなると体の可動域が狭くなり、ケガの原因になります。また、暖かい時と同じように体を動かしていてもうまく動かすことが出来ず、余計に体を動かすことで知らぬ間に疲労が蓄積してケガをするということがあります。

作業前には、ラジオ体操をしたり軽くストレッチをするのが重要であると思います。
若いうちはそんなことをしなくても平気だと言われますが、思わぬところでケガをするのはそういうことを怠った若い人が多いように思います。

準備を怠ってケガをし後悔するよりも、めんどくさいけど体をケアし、いつもいい状態で仕事ができるように保つことが重要ではないかと思います。

業務部 水田竜志

2016年12月12日月曜日

スタッフレポート

運転免許証の更新に行ってきました。

今回いただいた教本や講習の内容でも触れていましたが前回の更新から三年経過している間にいくつか道路交通法が改正されており、それらを知るいい機会だったと思います。

4~5年前に軽微な違反をしたため、今回の更新では残念ながらゴールド免許にはなれませんでした。

免許を取得して20年程経ちますが、振り返ってみると、ゴールド免許になったのはたったの1回きりです。

違反の原因や理由を思い返してみたところ、そのほとんどがうっかりと標識を見落としていたり、少しぐらいならという自分勝手な行動による違反だったように思います。

講習で見たビデオでは、こういったところから重大な事故に繋がったというケースを紹介していました。

もしかしたら、自分にも起きることだってあり得るということを肝に銘じ、日々慎重な運転を心がけ5年後の更新時にはゴールド免許が貰えるように安全運転に努めて行きたいと思います。

総務部 吉村綾子

2016年12月8日木曜日

スタッフレポート

映画「ハドソン川の奇跡」。

なんの予備知識もなく観ましたので、監督がクリントイーストウッドだと知ったのはエンドロールでしたし、主演がトムハンクスだというのも途中まで気付かなかったくらいでしたが、ここ何年か観た映画の中では最高に心に残る作品となりました。

離陸直後に鳥の群れに衝突、制御不能になった飛行機を機長の機転でハドソン川に不時着水させ、155人全員が無事生還できたという実話に基づいた作品で、直後は英雄視された機長が、事故調査委員会のコンピューターシュミレーションで直ぐに最寄りの空港へ向かえば着陸できたという結果が出たため、一転、その判断は本当に正しかったのか、乗客を危険に晒しただけではないのかという疑惑が持ち上がり、、、という内容ですが、時間軸が絶妙で、なかなか機長を信じきれない作りになっています。

プロフェッショナルのすごさやコンピューターの危うさなど、色々考えさせられる要素も多く、ラストは目頭が熱くなります。

公開はそろそろ終わりのようですが、お勧めです。

営業部 橋本一広

2016年12月7日水曜日

スタッフレポート

今年も残り1ヶ月を切りました。

つい最近までは気温が高く、熱中症対策をしながら作業をしていたのですが、気づいたら朝晩はかなり冷え込み、寒さで目が覚める状況です。

本当に時間が経つのが早く感じます。

我々カンサイはこれから年度末にかけて繁忙期に入りますが、体調管理を心掛け、全員で乗り切りたいと考えています。

また、この時期はどうしても気持ち的に余裕がなくなり、事故が発生する確率が高くなりがちです。
 
これは毎回言っている事ですが、いくら良い仕事をしても事故を起こせば一瞬でマイナスになるということを改めて業務部全員で認識し、同時にやるべき事を迅速にこなし、充実感のある年度末を迎えたいと思います。

業務部 菊池一彦

2016年12月6日火曜日

スタッフレポート

安芸太田町の筒賀にある、大銀杏を見に行きました。

まだ色付き始めだったで黄色の部分は一部だけだったのですが、推定樹齢が1100年を超える大銀杏は、トトロの木のように想像以上に大きく迫力があり、圧倒されました。

大銀杏は、安芸太田町の紅葉スポット6選に選ばれているそうで、カメラを持った人が次々と訪れていました。

夜にはライトアップもされたり、見頃のピークには落葉後の銀杏が黄金の絨毯のように地面に埋め尽くされてかなり綺麗らしく、それもオススメだそうです。

安芸太田町の他の紅葉スポットは、三段峡や温井ダムや深入山などがあり、紅葉は一年の中でこの時期しか見れないので、見頃の頃にまた行きたいなと思っています。

総務部 舛本奈美


2016年12月5日月曜日

スタッフレポート「50期を迎えて」

今年の10月から、()カンサイも50期目となりました。

その、すごい歴史の中には、先輩方の色々な苦労があったと、想像します。ゼロから形になるまで、大変な思いをされたと思います。普段、忘れてしまいますが、感謝しなければなりません。

また、私が入社させていただいてからも、もう14年以上になりますが、色々なことがありました。特に、私が所属する部署は、ここ数年で飛躍的に進化し、大きく変化したと思います。

業界を取り巻く状況や本社周辺の環境、どちらもどんどん変化していく中で、現象維持を望んでは、後に衰退する原因になりかねません。
 
数年後、この50期を境に、()カンサイは大きく飛躍したと振り返れるよう、小さい事でも日々疑問を持ち、事象に貢献したいと思います。

本社工場 飯田一樹

 

2016年12月1日木曜日

スタッフレポート

先日、一泊二日で四国旅行へ行って来ました。

観光場所は、徳島県三次市のかずら橋と愛媛県の道後温泉でした。朝イチで出発し14時頃にかずら橋へ到着し、道後温泉で一泊しました。翌日、しまなみ海道街道を渡り広島へ帰りました。

かなりの長旅が予想され、大変だろうなと思ったのですが、妻も交代で運転してくれて、少ない負担で車移動が出来ました。

出発の朝は気分はとても良くて、行く場所場所で楽しく観光できました。広島での知名度は低いと思われるかずら橋は、木のツル製の大きな橋で、渡る時の足下の大きな隙間から見える谷底は怖かったです。

また、道後温泉の雰囲気もよく、温泉もとても体が温まり道中の疲れがとれました。

僕は元々行動力がない出不精なのですが、妻が色々計画してくれたので、とても楽しく過ごせました。
 
またいつか遠出をして、夫婦共々癒されたいと思います。

業務部 森川誠