2017年6月29日木曜日

スタッフレポート

先日今年の社員旅行「富士登山」組の有志で、各自現状の体力がどの程度のものかという確認もかねて宮島弥山に登ってきました。

何度も登ってきた山ですので、どの程度のものか大体分かっているつもりでいましたが、団体での登山ではなかなか自分のペースというわけにはいかないということが実感できた事は良かったと思います。

また、山頂での達成感やすがすがしさを共有でき、下山したあとのビールをみんなで楽しめるという団体登山ならではの喜びも感じることが出来きた事も、今回の収穫でした。

登山はある程度年齢を重ねても楽しめる趣味だと思いますので、「富士登山」が終わった後も続けていきたいと思います。

営業部 橋本一広

2017年6月28日水曜日

スタッフレポート

531日、大型運転免許を取得しました。

入社して約24年間、中型車を運転し続けて来ましたが、これからは大型車もバリバリ乗り回して仕事の幅を広げていきたいと思います。

カンサイの現場で長年働き、ほぼ出来ない事は無いと自負していますが、資格がない事で従事出来ないもの、また経験、技術が足りない部分も沢山あります。

今後も必要な資格を取得していき、経験を積み成長できるよう取り組んでいきたいと考えております。

そして、管理者としての技術も今後の課題として取り組み、成長していきたいと思います。

業務部 菊池一彦

2017年6月27日火曜日

スタッフレポート「忖度?!」

恥ずかしいのですが、森友問題で初めて知った言葉でした。

私が思う忖度は、日本人が持ち合わせている独特の文化のように私は思えるのですが、それを政治家がブラックな事象をグレーに変えるように誘導し、利用しているよう思えてなりません。

長い間、自民党政権で国政が成り立っているので、国民も官僚も何が正しい事か誰の為の政治なのかが分からなくなってしまい、現状を維持したいあまり保身的考えが優先され、本当の忖度ができていないではないでしょうか。

私ができることは、ほとんどないのですが、注意深く見て、来るべき選挙にはしっかりとした意思表示を示したいと思います。

本社工場 北川貴伸

 

2017年6月26日月曜日

スタッフレポート

息子が鹿児島の大学に行っている間に、【蒲生(がもう)の大楠】に会って来ました。

鹿児島県・蒲生八幡神社境内にそびえ立つ大楠は、樹齢約1,500年、根周り33.5メートル、目通り幹囲24.22メートル、高さ約30メートルと日本で一番大きな楠です。

保護の為、囲いがあり触れることは出来ませんでしたが、その佇まいは日本一というに相応しいどっしりとして、たくましい姿でした。

巨木に出会うたびに、その長い歴史に圧倒され、人間の一生の短さや儚さを感じます。

そして、一日一日を大切にしなくてはと改めて思うのです。

総務部 金子美絵


2017年6月22日木曜日

スタッフレポート

ちょうど衣替えの季節になりましたが、今年は早くから真夏の兆候が現れ、着る服に困る今日この頃です。

プロ野球が開幕し、全く野球に興味のなかった妻が、去年の優勝を機に、プロ野球なしでは生きていけないくらいハマってしまいました。

休日には、外出しても、野球が始まるまでには帰るというほど、野球バカになっています。

2歳になった末っ子も、かなりカープに興味があるようで、テレビ観戦中に盛り上がった時は、家族分の応援バットを持ってきて、家族全員に渡してくれます。

それがとても可愛いです。

外出していても、赤いものを見つけると『ぱ~ぷ、ぱ~ぷ』と叫んでいます。

家の中で、おもちゃのバットでバッティングをさせると、中々のセンスで、投げるフォームも悪くないので、3人目にして初めて、スポーツをさせてみようかと思う今日この頃です。

営業部 中尾友暁

スタッフレポート

管路補修工法の研修会に参加させていただきました。

参加者の皆さん全員が非常に真面目に研修を受けており、有意義な研修会でした。

現時点では現場の経験はありませんが、インフラ整備の問題から今後益々必要になる技術だということなので、今回得た知識と経験を生かして更に技術力を高めていきたいと思います。

また、大型自動車免許も取得し、新たな仕事に取り組むことになります。初心を忘れずに、安全第一で、無事故、無災害でいきたいと思います。

業務部 藤元勇太

 

2017年6月20日火曜日

スタッフレポート「夏に向けて」

5月に入ってから、少しずつ日中の気温が上がってきています。
天気が良い日は25℃を超える夏日になることもあります。これからの時期に外仕事の本社工場が注意すべき点は、作業中の熱中症です。

場内は日陰が少なく直射日光の下で作業することも多くあります。また、焼却炉周辺は、かなり体感温度も高く、多くの汗をかきます。作業環境は、お世辞にも快適とはいえない状況です。
 
この状況で、毎年熱中症患者が出てないのは、作業員が注意しているおかげだと思います。油断は禁物ですので、これからも日々声かけをし、注意啓蒙していきたいと思います。

また、声かけだけでは無く、新たな設備などの導入など作業環境の改善なども平行して取り組み、より安全な作業場を目指していきたいと思います。

本社工場 飯田一樹

2017年6月19日月曜日

スタッフレポート

暖かくなってきたので、今年もベランダ菜園に挑戦しようと、先日ミニトマトの苗を植えました。

昨年もミニトマトを育てたのですが、昨年は7月に数個収穫出来ただけで、8月以降は全然収穫出来ず失敗に終わってしまいました。

今年は、病気に強く実付きがいいと言われている、アイコを選びました。

ミニトマトは簡単と思っていたのですが、初心者は水をやり過ぎて失敗することも多いようです。私も昨年は加減が分からずやり過ぎていたようなので、それであまり収穫出来なかったのかなと思います。

今年は昨年と同じ失敗をしないように、水のやり過ぎには注意して、今年こそ甘いミニトマトをたくさん収穫出来ることを楽しみにしながら、成長を見守りたいと思います。

総務部 舛本奈美

2017年6月15日木曜日

スタッフレポート

大型自動車免許取得の為、自動車学校に通っています。

普通免許を取ってから15年程経っており、改めて自分の運転を他人に評価してもらうという、良い機会でした。

私の場合、まず中型免許の限定解除から始めましたが、正直言って、普段乗り慣れている中型車の教習は簡単にクリア出来るだろうと思っていました。しかし、いざやってみると、様々なクセがついていることを指摘され、驚き、危機感を抱きました。自分だけではおそらく気づかなかったでしょう。

大型車を運転することは、社会的にも責任が大きくなり、今まで以上に慎重な運転が必要なので、しっかりと交通ルールを学び、努めたいと思います。

業務部 藤元勇太

 

2017年6月14日水曜日

スタッフレポート

世界と比べると日本人のもったいない精神は、際立ったものがあります。

その代表的なものにトイレの水洗レバーの「大」「小」で、これは日本だけにしかないものです。

1回のトイレ洗浄に使用する水量は、メーカーや機種、節水タイプであるかどうかなどにより異なりますが、一般的な便器の場合、大レバー使用時は8リットル程度、小レバー使用時は6リットル程度の水が流れます。
 
「以外と多い!?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレの水の役割は、排泄物を便器から流し出すだけではありません。

配管に落ちてから平均10メートル以上流せなければならないという評価基準が設けられているため、どうしてもある程度大量な水が必要となるみたいです。もちろん、大の場合の方がより多くの水が必要となり、大レバーと小レバーでは使用水量に2リットルも差が出ることになります。

一般家庭での水道水の使用量が最も多いのはトイレで、家庭内で使われる水量の約28%がトイレでの使用だということがわかっています。

その後、風呂24%、炊事23%、洗濯17%と続きます。家族が毎日何回も使用するということで量が多くなると思われます。

環境への影響や水道代を節約することを考えて、小レバーで問題ない場合には小レバーを使うよう心がけたいものです。そうすると1年間の水道料金も少しの努力で安くなっているはずです。

営業部 福原史之

2017年6月13日火曜日

スタッフレポート

7月の富士登山に向けて、色々と準備をしています。
まず、自分の体力を確認する為に低めの山へ登山へ行きました。

ゆっくり歩く事を意識していたので、何とか頂上まで登りきる事は出来ました。しかし、普段から運動をしていない為かとても疲れてしまい、大変な体力不足と筋力不足を感じました。

3ヵ月で本番です。
それまでにもっと力をつけていきたいと思います。

総務部 山田佳恵

2017年6月12日月曜日

スタッフレポート

先日、西条の酒蔵通りへ行きました。

長いこと月に10日東広島方面へ行く業務があり、近くはいつも通っていたのですが、やっと行くことができました。

僕は「白牡丹」の味が好きで家で飲むことが多いので、白牡丹を含め色々な酒蔵を見ることができて楽しかったです。

外国人観光客も多く、外国人観光客向けの映像を流している蔵までありました。

妻が飽きてきたので、全蔵回るのは諦めましたが、とても充実した一日になりました。

業務部 森川誠

2017年6月8日木曜日

スタッフレポート

GWのお休みを利用して以前から気になっていた、中山みどりさんのフェルトアート展を観に行きました。

フェルトアートを始めた初期の作品は素人目にも、「私でもこのくらいなら作れそう」などと思う物のありましたが、作品の精巧さはどんどん増していき、本物の犬や猫と見紛う程の作品がたくさんありました。

依頼されて制作された作品(主に飼っている・又は飼っていたペットをモデルにしたもの)は依頼者さんから預かった写真を基に、一針一針丁寧に気持ちを込めて作っていった様子が伺えて、また、依頼者さんのエピソードも一緒に展示されていたので、目頭が熱くなりながら鑑賞したりもしました。

なかなか近場で展示会がなかったのですが、タイミング良く観に行けて、有意義なお休みとなりました。

総務部 吉村綾子

2017年6月7日水曜日

スタッフレポート

いよいよ社員旅行「富士登山」の日程が確定し、日増しに気分が高まってきています。

トレッキング的なものが好きで年に何度かは近場の手頃な山には登っていますが、本格的な登山は初めてです。
 
わからない事だらけの中、登山専門店にていろいろなアドバイスをいただきながら何足も試し履きをさせていただき、ある程度しっくりくる登山靴を購入することが出来ました。
 
どのような世界にもノウハウがあり、素直にその道の専門家に教えを乞うことは重要で、それにより的外れではない準備ができると思います。
 
あとは足を引っ張らないようできる限り体力面での向上を目指し、その日に臨みたいと思います。
     
営業部 橋本一広

2017年6月6日火曜日

スタッフレポート

倉橋工場のトイレが新しくなりました。

今までは汲み取り式トイレでしたが、それがウォシュレット付きの水洗トイレに変わりました。

トイレは全従業員が毎日使うものですし、来所されるお客様や関係者の方々も使われる共有スペースでもあります。

みんながいつも気持ちよく使えるよう清掃を徹底し、倉橋工場の5S活動推進の象徴として大切に使っていきたいと思います。

倉橋工場 石津智久

 
 


2017年6月5日月曜日

スタッフレポート

繁忙期も終わり、業務部ではひと段落しています。

この時期は年度末の反動で気持ちがたるみ、集中力も持続せず小さな事故やヒューマンエラーが発生しやすいのではないかと思います。

気持ちを引き締めるためにも、この時期にしか出来ないことをしっかりやってこれからに備えたいと思います。

私自身も毎年、この時期は気が抜けてしまうのですが、新たに資格を取得するために試験勉強に取り組もうと思います。

業務部 菊池一彦

 

2017年6月1日木曜日

スタッフレポート

この時期今年も、健康診断に行ってきました。

毎回日帰り人間ドックを受けるようにしてます。年一回、自分自身の健康状況を確認できるいい機会です。

毎回、経過観察の所や新たな所や年齢相当に問題です。その検査の中で毎年苦手なのが、胃カメラでの検査で、咽喉から麻酔してもダメなので、鼻からの検査にしました、

今回は麻酔なしで、とてもスムーズで抵抗がありませんでした。先生の技術が良かったのかもしれませんが、問題なく受診できました。

健康診断のこの時期だけ、摂生しても数値は変わらず、日頃の生活習慣とストレスが大きく影響します。
 
日頃からでも健康寿命を延ばせるよう努めたいと思います。

総務部 藤岡広志