2017年9月28日木曜日

スタッフレポート

9月に入り、朝晩とバイクの通勤で肌寒く感じ出し、現場応援で同じ仕事なのに、楽になってきて、あの暑さを忘れるくらい、急に過ごしやすい日が続いています。

我が家では、このお盆に新しいテレビが届きました。

結婚の記念にと、10年前に中古の物を買って以来で、その値段と性能の進化には、驚かされます。
 
その当時、中古品でも10万円していたものが、今では、機種にもよるでしょうが、5万円くらいで、新品を手に入れられるようになりました。

性能面では、10年前には考えもしなかった、インターネットの動画が観られようになり、技術というのか性能の進化には驚かされます。

想像できるものは現実になるとよく言われますが、まさにその通りで、この先10年後どうなっているか、楽しみになります。

営業部 中尾友暁

2017年9月27日水曜日

スタッフレポート

先日、以前からずっと読みたいと思っていた「置かれた場所で咲きなさい」という本を読みました。ご存じの方も多いと思いますが、ノートルダム清心学園の理事長をされていた渡辺和子さんの著書です。

あるとき気が付いたのですが、私は生まれてから今まで3年以上同じ場所で暮らしたことがありませんでした。子供の頃は転勤族だった親の都合で転居を繰返していましたが、大人になってからも自身の目標が更新されるたびに転居(転職)を繰返してきました。

20代の頃は「やりたいことがあるところへ飛び込んでいく」という姿勢でしたが、様々な経験を経て30代に入った頃から「特定の場所に根を下ろし、そこでやれることをやっていこう」という考え方に変わっていきました。

ちょうどその頃、この本の存在を知りました。

今の家で暮らし始めて3年が過ぎました。カンサイでお世話になって5年が過ぎました。

まだまだ蕾の状態で咲けていませんが、蕾のままポロッと落ちてしまうことなく、満開になって散れるよう努力していきたいと思います。


倉橋工場 石津智久

2017年9月26日火曜日

スタッフレポート

九月に入り、朝夕は過ごしやすくなってきましたが、まだまだ日中は残暑厳しく、作業内容によってはヘロヘロになり、水分を求めて自販機に抱き着く日々がまだ暫らくは続きそうです。

業務部では早くもスケジュールが埋まり、嬉しい悲鳴を上げ始めました。

忙しくなれば作業効率、スピード、回転率と、当然のように求めるものです。

ですが、作業員の年齢、体力、得意不得意等は個人差が有り、皆が同じレベルの仕事をこなす事は難しいでしょう。ですが、目指すべき場所は同じでなければなりません。

最近、業務部では車両事故が続いています。
 
今一度気持ちを引き締め、チームとして一つ一つ問題をクリアして前進していきたいと思います。

業務部 大村治生

2017年9月25日月曜日

スタッフレポート

夏の風物詩と言えば海やスイカ、それに花火と言ったところでしょうか。

いつも出無精な私ですが、美味しいフレンチをいただきながら宮島の水中花火を見ようとの実母からのお誘いがあり、十何年ぶりに花火の観覧に出かけました。
 
宮島のちょうど対岸あたり、やや小高い所にあるレストランでいつもよりちょっと早めのディナーを楽しんだ後、レストランの建物最上階から花火を観覧しました。
 
高い所からなので打ち上げ花火は見えるでしょうが、海面で扇状に広がる水中花火は見えるかしらと少々心配していましたが、そんな心配など綺麗さっぱり無くなる程の高さの花火もよく見え夏の夜空を彩るダイナミックな花火を満喫できました。
 
母から誘ってもらったことを感謝しつつ、来年は脱!出無精してこちらから母を誘ってみようと思います。
 
写真はガラス窓越しの花火なのであまり綺麗ではないですが、本物はもっと綺麗でした。

総務部 吉村綾子



2017年9月21日木曜日

スタッフレポート「富士登山を終えて」

7月末に社員旅行で富士登山に行ってきました。

今回の社員旅行は、選択制で、(富士登山)と(道後温泉)でした。色々悩みましたが、有志が行く富士登山に参加しない訳にはいかないと思い、富士登山を選択しました。

普段から、頻繁に趣味でスポーツをしたりするわけではないので、頂上まで登りきれるか、体力面を心配しながら、当日を向かえました。
 
カンサイ社員16名での登山でしたが、ちゃんとガイドの方が二名付いて下さり、各々の体力や登山経験もマチマチな16名を、終始ゆっくり、感じを見ながら先導してくださいました。やはり、しっかりとしたガイドさんのお陰で、トラブルや離脱者も無く、無事に登頂する事が出来ました。

道中の景色や、宿泊した山小屋、みんなと登山しながらの会話など、なかなか経験できない貴重な体験で、とても有意義な旅行でした。
 
短い時間でしたが、仲間たちと一緒に登ることで、私の気持ちの中にも、今まで以上の一体感を感じる事が出来ましたし、今回の経験が今後の仕事にも良い影響を与えてくれるのではないかと感じています。

登る前の登山のイメージと登った後のイメージが大きく変わりましたので、また機会があれば、プライベートでも登ってみようかなと思っています。まさか、私がこんな気持ちになるとは、思ってもいませんでしたが・・・・・。

本社工場 飯田一樹
 

2017年9月20日水曜日

スタッフレポート

50期の社員旅行として富士登山に挑戦しました。

自分は本格的な登山の経験も無く、装備も充実していなかった為、当日まで不安でいっぱいでした。

いざ登ってみると、社員旅行ということもあり、ガイドの方が老若男女の団体用のペースで引っ張ってくれたので、想像していたより楽に頂上までたどり着く事ができたと感じました。とはいえ、やはり日本最高峰である富士山に登頂したことは感動的であり、一生の思い出になりました。

共に登った同僚の方々とも、声をかけ、励まし合い、助け合ったことで今まで以上の団結力が生まれたのではないかと思います。
 
今後の仕事や人生に有意義な体験でした。企画していただき、ありがとうございました。
 
業務部 藤元勇太

2017年9月19日火曜日

スタッフレポート

社員旅行で富士山に行かせて頂きました。

自分は体力があると過信していて、5月のメンバーでの練習まで、個人で練習を一切していなかったのですが、練習で弥山に登ってみると、みんなのペースに付いていけず、翌日からはひどい筋肉痛で、自分の体力のなさを痛感しました。

そこから焦って練習を始めたので、富士山でも下山ではみんなのペースにはついていけませんでしたが、高山病にもならず何とか登頂出来たので、本当に良かったです。

下山が想像以上にかなりハードでキツく、山小屋では寝れず辛い思いもしましたが、登頂出来た時の達成感や、山小屋から見た夜空や、9合目で見たご来光、雲の上からの景色など、今回の富士山での経験は、一生忘れられない思い出となりました。

一生のうちに一度は富士山に登ってみたいと前々から思ってはいたのですが、今回のような機会がなかったら自分では行動に移せていなかったと思いますので、会社に感謝の気持ちでいっぱいです。

富士山を登るにあたって、登山靴やウエアなど色々揃えたので、これからは登山を趣味にして、まずは日帰りで登れる初心者向けの山から色々登ってみたいと思います。

総務部 舛本奈美


2017年9月14日木曜日

スタッフレポート

78日に、四国の石槌山に行って来ました。

子どものころ山開き期間中は、毎年行っていたのですが、仕事の都合上ご無沙汰になっていましたが、8年ぶりに行って来ました。

頂上に立つには、約3キロ山道を歩き最後に三ヶ所の鎖場を登らないといけないのですが、三の鎖で雷が凄く感電のおそれがあるので、迂回路で頂上に登頂しました。

今回は鎖場までの道のりが辛く、鎖場が楽に感じました。しかし子どもの頃は、その逆で命綱を着けてもらい登る鎖場が怖くて辛い思いでした。

この登山で、40才を超え体力の衰えを実感させられましたが、自分を見つめ直すためにも来年も登頂したいと思います。

本社工場 北川貴伸
 


2017年9月13日水曜日

スタッフレポート

先日、何年かぶりの社員旅行がありました。

道後温泉組と富士登山組の二班に分かれての旅行で、体力に自信のない私は道後温泉を選びました。

アサヒビール四国工場見学に始まり、夜は美味しいお料理と楽しい宴会、翌日は来島海峡での急流観潮船体験と、二日間に渡り至れり尽くせりの旅行で、心身ともにリフレッシュさせていただきました。

少し残念なのは、私自身夏風邪が長引いており、体調面が万全ではありませんでした。

ですが、普段あまり接点のない他部署の人と隣り合って色々お話出来たりして、充実した時間が持てたと思います。

毎年は難しいかもしれませんが、なるべく沢山こういう機会があれば、皆んなの励みになると思いますので、また次回の社員旅行を楽しみにしながら、明日からも頑張っていこうと思います。

総務部 吉村綾子

2017年9月12日火曜日

スタッフレポート

会社の旅行で富士山に登山しました。

人生で一度は登ってみたいと思っていたので、丁度いい機会だと思い参加しました。登山前は体力面での不安も多少ありましたが、ガイドさん付きでスローペースで山小屋に一泊して、二日目の登頂だったため、肉体的には問題ありませんでしたが、山小屋での狭い空間でオッサン8人で寝るのは、世界で一番劣悪な宿と言われているのが良く解りました。
 
また、富士山にあるトイレは、全てバイオマスですが匂いが強烈です。それでも子供から女性、年配の方と多くの登山者が訪れていました。

頂上の記念碑では写真を撮るための長蛇の列が出来ていました。

温泉や観光地巡りの旅行も良いですが、今回のような会社の仲間と、達成感のある何かを共にやり遂げるといった、研修的な要素も含む旅行も良いもんだと思いました。

また、いつの日か息子と登ってみたいと思っています。

業務部 大村治生
 

2017年9月11日月曜日

スタッフレポート「社員旅行」

5年ぶりに社員旅行が開催されます。

今回は、富士山と道後で、体力に自信のある方は登山、そうでない方は温泉です。

私は、体力的にも自信がないので、道後温泉組のバスツアーです。

道後温泉は、20年振りくらいで随分と変わっていると思います。

こうした社員旅行も、日頃あまり話しなどコミニュ-ケーションの場としては良い機会です。

富士登山・道後温泉の社員旅行での事故・怪我等ないように安全祈願致します。

総務部 藤岡広志

2017年9月7日木曜日

スタッフレポート

6月24日に孵化し始めたお蚕さんが、7月26日頃から繭を作り始め、8月6日夕方からカイコガになって繭から出て来始めました。

その間に脱皮すること6回(内、一回は繭の中で脱皮して蛹になるので見られないけど。)

どんどん大きくなって、餌をあげるのも大変でしたが、繭を作り始めると食べるのを止めて、縮み、病気になるものも一気に増え、脱皮や蛹化するのって本当に命がけなんだな~と思いました。

子どもたちも、「どうして食べないの?」「どうして糸を吐いてるの?」「どうして卵になっちゃうの?(←繭の事ですけどね)」と、『どうして』と不思議を感じ、想像し、一緒に調べたり、学ぶ事の楽しさを共有しています。
 
環境計量室 楠田瑞穂

 
 

2017年9月6日水曜日

スタッフレポート

先月、ずっと準備をしてきた富士山登山旅行へ参加させて頂きました。

思っていたよりもゆっくり登ったせいか、薬を飲んで登ったせいか、幸いにも高山病にはならず無事に登頂・下山する事が出来ました。

一緒に参加したメンバーも、全員登頂出来、とても良い経験になったと思います。

旅行中、体力が少ない私を気遣って下さった富士登山組のメンバーにも、いつもより少ない人数で仕事をして下さった道後温泉組のメンバーにも、感謝したいと思います。
 
また、この度は貴重な機会を与えて下さり、ありがとうございました。

総務部 山田佳恵

2017年9月5日火曜日

スタッフレポート

8月に入ると台風が発生しやすくなりこれから9月にかけてシーズンとなります。

小学生の頃は台風が近づくと、なにか起こるのではという雰囲気からワクワクしていた記憶がありますが、社会人になると仕事の影響や家の事を考えると、迷惑以外考えられません。 

特に上陸する恐れとか大型の強い台風とかなると、これまでの経験から被害はあるのかと考えるので、進路や現在の状況が気になります。

台風の知識として進路方向の右側が湿った空気が入りやすく、雨・風が強く危険というデータがあり、実際被害も大きいみたいです。その後の吹き替えしという風にも注意が必要で、近づいてくる時よりも離れていくときのほうが強く吹きます。

一番大きな被害としては、斜めに進んでいく進路だと常に強い風にさらされることになります。
 
この時期は、台風情報にも気を付けてみていきたいです。

営業部 福原史之

2017年9月4日月曜日

スタッフレポート

7月末に社員旅行で富士山に登りました。

登りの9合目までは全然元気で登れたのですが、そこの山小屋で眠って呼吸が浅くなったことで高山病にかかりました。吐き気、頭痛がひどく早朝の頂上までの登山が地獄のようにきつかったです。

しかし、少し下山するとあの苦しみが嘘のようになくなり、高山病の恐ろしさを痛感しました。

達成感はものすごく、他に味わった事のないものを感じました。
もう一度富士登山のチャンスがあれば、行けなかった剣ヶ峰まで登りたい気持ちもありますが、高山病の苦しみはもう味わいたくない気持ちもあり迷います。

みんなで協力して1つの事を成し遂げることの素晴らしさを実感した、貴重な時間になりました。

業務部 水田竜志