2018年4月19日木曜日

スタッフレポート

我が家には妻の持ち物であった七段の雛飾りがあり、桃の節句に毎年全部並べようとしては面倒で断念することが続いていましたが、今年こそはと一時間半かけて完成させました。

この雛飾りは、妻の祖父母が大阪で安くていいものが手に入るということで、わざわざ買いに行ったらしく、妻の母が大切に保管していたものを娘に譲り受けました。

今回全部揃った飾りを娘は喜んで見てくれました。来年も頑張ろうと思います。

ただ、せっかく出してもすぐに片づけないといけないのが切ないですね・・・。

 業務部 藤元勇太


2018年4月18日水曜日

スタッフレポート

今月私のいとこが結婚式を挙げる予定があり、とても嬉しく思っています。

今、御祝儀や当日着ていく服装等の準備をしている所です。

先日、母親から御祝儀を渡しに行こう。と提案がありました。

私は今まで、御祝儀は結婚式当日に会場へ持参し、受付の方へお渡しするのがマナーだと思い込んでいました。

実際には、結婚式よりも前に本人のお宅へ持参し、直接本人へお祝いの言葉を贈り、御祝儀も本人へ渡すのが本来のマナーであるとの事でした。

こうした普段なかなか経験しない事があると、まだまだ知らない事がたくさんあるのだと考えてしまいます。

まだ、結婚式まで時間がありますので、しっかりと準備していきたいと思います。

総務部 山田佳恵

2018年4月17日火曜日

スタッフレポート

理想の体型を維持する為に、食生活の改善や適度な運動をしているのにも関わらず、気がついたら少し太っていたり、脂肪がついたりして油断にならない時があります。知らず知らずに太っているのには意外にもクセが関係しているみたいです。

いくつかの要因があり、
 
「早食い」・・・消化不良になり、太る原因になります。
 
「食事を抜く」・・・夜に近い食事であるほど栄養吸収力が高まる為、朝食なしで夕食ありの人は太りやすいといいます。
 
「ストレス発散に食事」・・・特に過剰に食べたり、飲んだりする習慣がある人の約75%は、ストレスが溜まり続けることを発散する為に過食になりやすいです。
 
「もったいない食い」・・・食べ放題や残すのがもったいないと、お腹がいっぱいでも限界以上に食べ過ぎになります。
 
「夜更かし」・・・睡眠不足になると、食欲を調整するホルモンが分泌異常を起こし、食べたい気持ちが高まるそうです。
 
「常夜灯を点けて寝る」・・・熟睡できないと、脂肪が分解してくれる成長ホルモンが分泌されにくくなり、代謝も下がって太っていくというメカニズムがあります。
 
これらは意外にも結構当てはまることが多いかもしれません。

自分でも気づかない内に続けていることがあるので、これらを意識的に解消すると、効率の良い体型が維持できるかもしれません。
 
営業部 福原史之

2018年4月16日月曜日

スタッフレポート

先日、長女が誕生日を迎えました。

中学1年生の長女に、誕生日プレゼントは何が良いかと聞いたら、帰ってきた答えにビックリしました。

予想では、カワイイ洋服とかカワイイ小物とかを想像していましたし、普通の中1女子は、そうだと思います。しかし、彼女の答えは、ギターのアンプでした。

確かにギターは本人の希望で習わせていますし、色んなライブにも参加させていただいていますが、まさか誕生日プレゼントがギターアンプとは思わず、ビックリしました。

結局、買ってやったので、喜んで使っています。その様子を見て、我が子ながらやっぱり面白い子だなと思いました。
 
本社工場 飯田一樹
 

2018年4月12日木曜日

スタッフレポート

今年も激しいカープのチケット争奪戦が終了しました。

会社の年間指定席での先行販売で惨敗、その他の先行抽選発売、一般発売と共に撃沈! 球場の売り場では一か月も前から交代で並ぶ人も居たとか。

ネットではすでに高額でチケット売買が行われています。転売目的購入者を介してのチケット購入だけは、腹が立つので絶対にするつもりはありませんが、多くの人が結果として転売者を介してのチケット購入を余儀なくされています。

そろそろカープ球団側も売り上げ、入場者数が良ければいいから、本格的な対策を考え講じていかないとファン離れに繋がってしまうのではないかと。

ガラガラの球場で酔っぱらいのオッサンがカープうどんの汁をこぼして歩いていた頃が懐かしく、消化試合のチケットを親父に貰い友達と旧市民球場に行っていたころを思い出します。

まさかこんなプレミアムチケットになるとは、ネット売買がなければこんなことにもならなかったのでしょうが。

行ける試合は精一杯楽しみたいと思います!たぶん飲みすぎて途中で寝落ちすると思いますが。

業務部 大村治生

2018年4月11日水曜日

スタッフレポート

先日、サンフレッチェ広島の開幕戦を観に行きました。

今年はタイの英雄と言われているティーラシン選手が加入したので、活躍してくれるのを楽しみにしています。

まだシーズンが始まったばかりですが、開幕戦は昨年みたいなヒヤヒヤするシーンが少なかったので、今年は昨年よりも良いのではないかなと期待しています。

今年は名古屋に移籍をした元サンフレッチェの佐藤寿人選手との直接対決や、鹿島に内田選手が海外から戻ってきたので、試合で見れるのを今から楽しみにしています。

ユニホームは高いので毎年新調は出来ないのですが、今年はタオルマフラーを新調してしまったので、それを持ってしっかり応援したいと思います。

総務部 舛本奈美

2018年4月10日火曜日

スタッフレポート

日本のメダルラッシュに沸いた平昌オリンピックが閉幕しました。

開幕の頃は政治的な話題も多く、あまり興味を持てなかったのですが、やはり日本がメダルを取ると嬉しいもので、自分の中ではここ何回かのオリンピックの中で一番盛り上がりました。

今回は前評判の高かった選手が実力通りの結果を出すことが多く、4年に一度の舞台に臨む準備と、なによりそのメンタルの強さに感動しました。

今の若い世代がみんなそうなのか、それとも努力で高められたものなのか、一発勝負の場面で力を出し切るのは本当にすごいことだと思います。

2年後の東京オリンピックは是非直接観戦したいと思います。

営業部 橋本一広

2018年4月9日月曜日

スタッフレポート「受賞式」

カンサイの環境活動レポートが、この度環境省主催の環境コミュニケーション大賞優良賞を受賞しました。

この賞は、環境に対する取り組みをCSR報告書や環境活動レポートにし、情報公開をしている優秀な企業に贈られます。

会社を代表して、私が受賞式に行って来ました。

受賞式には日本を代表する大企業が顔を揃え、私がこの場に居てよいのかと思う程でした。

カンサイのレポートは、環境力道場で皆で知恵を出し、NPO法人環境文明21の加藤先生、藤村先生の指導を仰ぎながら作り上げました。本格的なレポート作りを始めて5年、毎年応募してやっと受賞することができました。

皆で毎年少しずつ、内容を濃いものにしていった努力が少し報われたような気がします。

授賞式時に今までのレポート作りを思い出してみると、レポート作りも、目標や夢も一気に達成することは出来ません。日々の積み重ねと勉強、諦めない心が大切で、それをやり遂げた者だけが受賞する権利を得られのではないのでしょうか?

この諦めない思いを心に留めて、これからも仕事に精進していきたいと思います。

本社工場 北川貴伸


2018年4月5日木曜日

スタッフレポート

楽しみにしていた平昌オリンピックが終わってしまいました。4年に一度の祭典には、選手達のそれにかける思いが強い分、色々なドラマや感動が生まれます。
 
私は、今回一番応援していた宇野昌磨君が銀メダルを取り、カーリング女子が銅メダルを取れてもらい泣きしてしまいました。カーリングは、とても静かで長い戦いを何試合も行わなくてはならないので、非常に忍耐力が必要な競技だと思います。

辛い場面でも、明るく最後まで諦めなかった彼女たちの姿勢に元気と感動をもらえました。

ほかにも挙げればきりがないほど、感動場面がありましたが、思うような結果が得られなかった選手たちにも次回に期待してお疲れ様と言いたいです。
 
総務部 金子美絵

2018年4月4日水曜日

スタッフレポート

任されている下水管路のテレビカメラ調査も終盤を迎えています。

歩行者、車両の通行量が多い箇所ということもあり、作業車両の設置位置や交通規制の仕方などかなり気を使って作業しました。その他、近隣のお店や住人の方への作業前の声掛けなどいつも以上に注意しました。日進量は納得いくものではないものの、毎日ヘトヘトで会社に帰っていました。

思えばこの1年はほぼ下水道の調査業務をこなしていたように思います。専門性を追求し技術力を高めるには、充実した1年間だったと思います。

また、この先につながるように成果物はもちろん、自分の気づいた事を書き記して残していきたいと思います。
 
業務部 水田竜志

2018年4月2日月曜日

スタッフレポート「寒冬」

少しずつですが、春に向かっています。

全国的に今年の冬は、気温が低い日が長く続くなど記録的な天候でした。

こうした気候が、交通機関等、私たちの生活にも大きく影響しています。

近年、地球温暖化による地球環境の問題が至るところでおきています。私たちの何不自由ない暮らしのつけが、こうした形に現れているのでしょうか。

今年1月より、お隣の中国では、環境保護税という大気汚染や水質汚染の環境対策の導入がされ、排出量の多いい企業には負担が多く課されるようです。

これ以上、地球環境が悪化しない為にも、私達ひとりひとりが、地球にやさしくなれればと思います。
 
総務部 藤岡広志

2018年3月29日木曜日

スタッフレポート

3月に入り、いよいよ年度末です。

業務部では例年この時期は気持ちに余裕がなくなり、小さな事故が起こりがちなのですが、本年度は互いに注意しあいながら無事故で来ています。

原因の一つに、若手の技量が少しずつ上がり心に余裕ができてきたのではないかと思っています。また現場を任される事によって責任感や、充実感が生まれ仕事量は例年と変わらないのですが、心に余裕ができ周りに気を遣えるという良い環境が芽生えつつあると感じます。

また、ベテランも意気に感じて協力してくれています。

とはいえ、こういった時にこそ、慣れによる事故が起こりやすいので、自分自身も含めて最後まで緊張感を持って本年度を乗り切りたいと思っています。
 
業務部 菊池一彦

2018年3月28日水曜日

スタッフレポート

年末大掃除で自分の周辺をきれいにしたのも束の間、最近気がつくとまた、物が増えて整理しないといけない状況です。

掃除することは嫌いではないですが、中々物が捨てられない性格です。

断捨離という言葉が流行っていますが、私も実践してみてわかったことがあります。私の場合、考えると今いらなくても必要な時がくるとか、持っていれば価値が上がる等、金銭欲的な要素が邪魔をするので、結局捨てる物が少なくなってしまいます。

断捨離とはただ物を捨てるだけではなく、心を整理することだと感じます。物を捨てる前にまず、私利欲を捨て心の整理をしてみたいと思います。生活環境の中で散らかすことが多くなると、自分の心も乱れている証拠だと思います。
 
心に余裕をもって、そこから周辺の整理をしてみたいと思います。
 
営業部 福原史之

2018年3月27日火曜日

スタッフレポート

先日見ていたテレビ番組で、あるタレントが東京都内の古い空き住居を購入し、DIYでリフォームする企画を放送していました。
(まだ完成していませんし、何週にも渡って放送している番組ですので、ご覧になった方もいるとは思います。)
 
一つ一つ自分の手で、時には職人さんの力を借りながらも、生まれ変わりつつある家の様子を毎回楽しんで見ています。
 
とある場面で「大きな問題に突き当たりました」とテロップが出たのですが、どうやら今から床を剥がそうとしているその部分に使われている建材にはアスベストが含まれており、不用意に作業できないとの事。
 
アスベストは非常に軽く飛散しやすいので、専門業者に依頼しその部分の作業をしたようです。

防護服に防塵マスクとゴーグルをした作業員さんが、なにやら液体を散布しながら床材を剥がしていましたが、その液体は特殊な糊の様なもので、アスベストを舞い上がらせないようにするものだそうです。
 
今回は専門業者に作業してもらったため、剥がした廃材などの処理をタレントさん個人ですることはなかった様ですが、画面隅に「個人で行った場合、廃材処理は各自治体の指示に従って~」というテロップが出ていました。
 
昨今DIYという言葉も定着しホームセンターのDIYコーナーは沢山の人で賑わい、簡単なものから家丸一軒までDIY人口は増えてきていると思います。

何かを作ったり、作り替えたりした場合はそれに伴ってゴミが出ます。

この番組で直面したアスベスト問題以外にもDIYをする上で廃棄物に関わる問題が何か出てくるかもしれません。

廃棄物の事はやはり身近な問題なのだと改めて思いました。
 
総務部 吉村綾子
 

2018年3月26日月曜日

スタッフレポート

このたび、2級土木施工管理技士の試験に合格しました。

試験は学科と実地に分かれており、学科は4択のマークシート式で選べばいいものなので簡単ですが、実地は、すべて記述式で自分の経験を文章にしたりするので、とても難しかったです。

この資格を取得することで仕事の幅が広がっていくと思いますので、ますます頑張りたいと思います。
 
そして、また新たな資格を取得するため、日々学びの姿勢で取り組んでいきたいと思います。
 
業務部 水田竜志


2018年3月22日木曜日

スタッフレポート

先月誕生日だったのですが、誕生日当日に仕事から帰ると、宅配便で友達から荷物が届きました。
 
箱を開けると、中には綺麗な花束が入っていました。
 
花束は箱から出してそのまま飾れる、花瓶のいらないエコゼリー入りのブーケで、最近はこんな便利なのものがあるのかと驚きました。
 
一人暮らしだと花瓶は小さなものしか置いておらず、水かえはついつい忘れてしまいがちなので、私みたいな人にはすごく有り難いです。

また、母の日や遠方に住んでいる人にも贈ることが出来るので、私も利用したいなと思いました。
 
歳をとるのは嬉しくないですが、誕生日を祝ってもらえるのはいくつになっても嬉しく、友人からのサプライズがとても嬉しかったです。
 
カンサイでは、誕生日には会社からプレゼントとケーキが頂けるので、今年は会社からと友達からのサプライズで、ダブルで嬉しい誕生日を過ごすことが出来ました。
 
総務部 舛本奈美

 

2018年3月20日火曜日

スタッフレポート「電気自動車」

私達の社会生活の中で、自動車なしでは考えられません。

快適さや便利さとか自動車の価値は計りしれません。

しかし、その一方では大気汚染等地球環境に深刻な問題を与え続けてます。

化石燃料から地球にやさしいエネルギーの開発がされる中、電気自動車が注目され自動車産業は大きく変わろうとしています、近い将来、ダイソンとかグーグルとか異業種から参入するとかいわれてます。

これから、自動車メーカーだけでなく、異業種の産業にも大きく経済的影響がある事と思います。

これから、経済優先から環境優先に変わってゆくことを思います。
 
総務部 藤岡広志

2018年3月19日月曜日

スタッフレポート「今年の目標」

例年、個人目標を心の中で立てるのですが、今年はそれを本社工場に掲げました。

私は、喜怒哀楽が激しく、なかなか冷静な判断や的確性に欠けるところがあります。

そこで今年は『平常心』という目標を立てました。

本社工場のスタッフへの対応や運営など変化をしなければいけないことは理解しているものの、どう変化すればよいのかが分からずに、これまでは半ば勢いで進めてきました。

今年は私が変化することで、スタッフに達成感や充実感を体現してモチベーションを上げて欲しいとの思いです。

そのためには、自分の価値観ではなく、相手や環境が何を求めているのか考え理解することが大切と思います。

今年一年『平常心』を肝に命じて頑張っていきます。
 
本社工場 北川貴伸

2018年3月15日木曜日

スタッフレポート

先日生まれて初めて火事の消火現場を目撃しました。

マンションの6階辺りが火元らしく、その上の階はススで真っ黒になっていて、下の階は水浸しになっていました。

私もマンションの5階に住んでいるので、凄く怖いなぁと思いましたし、いざという時は安全な行動ができるのか、とても不安です。

私のマンションでは、今年に入ってからも火災警報の誤報がありました。

前回同様慌てましたが、願い通じて誤報でしたので取り立てて何もしないですみました。

こうゆう事に慣れてしまうのはとても危険だと思います。しっかりとした対策をしなければと思いました
 
総務部 金子美絵

2018年3月13日火曜日

スタッフレポート

家庭ごみの集積所収集をやめ、各家庭の前にごみを出してもらう「個別収集」が都市部で増えているそうです。

マナーの改善を期待して始まった試みのようですが、ごみの量が減るという思わぬ効果もあるようです。なかなか興味深いニュースだなと思います。

誰が出したごみかが明確になるため、ルーズだった分別や出す時間に気を付けるようになると。集積所でそれが出来ないものかと思いますがやはり難しいのでしょう。

収集業者の手間が増えることになる、こういう方法を試さざるを得ない状況は少し寂しいような気もします。

営業部 橋本一広

2018年3月12日月曜日

スタッフレポート

昨年末から週末の休みのたびに庭の手入れをしています。

今の家に引っ越して3年半が経ちましたが、庭の手入れをするのはほぼ初めてです(草刈りだけは年数回やっていましたが)。

決して今まで怠けていたわけではなく、他にやることがあったため、ずっと後回しになっていました。当然のことながら庭は鬱蒼としており、周りの人からは「この家、本当に人住んでるの?」と思われていたのではないかと思います。

そんな庭の樹々をバッサバッサと切っていき、太いものは薪用に確保しつつ、細かい枝葉は畑で燃やし、1ヶ月半の休日のほぼ全てを費やし、ようやく一通り手を入れることができました。庭師の方が見れば「無惨」な庭かもしれませんが、自分としては、空が良く見えるようになり、スペースが広くなったので大満足です。

庭が片付いたので、次は更に後回しになっている納屋の片付けです・・・。

庭木の剪定屑は畑で燃やせたのですぐに片付きましたが、納屋のゴミはそういうわけにはいかないので長丁場必至です。

まだまだ「やらないといけないこと」が山盛りで、「やりたいこと」がなかなかできない状況ですが、せっかくの休日なので、庭木の薪でおやつを作ったりするなど、楽しみを後回しにするのではなく、楽しみながら作業を進めていきたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久

2018年3月8日木曜日

スタッフレポート

1月に父親がインフルエンザにかかりました。

私自身にはうつりませんでしたが、39度の高熱が出て、とても大変そうでした。

今はすっかり良くなっていますが、まだまだ寒い日が続きます。

人混みなど感染しそうな場所には充分注意をして、手洗い・うがいをこまめにしていこうと思います。
 
総務部 山田佳恵

2018年3月7日水曜日

スタッフレポート

3月に入り、業務部も年度末に向けて仕事に追われる日々が続いています。

しかし、数年前から比べると、若手が仕事を覚え自身をつけ、兼ねてからの目標である、「平行して仕事を進める」という事が形になりつつあります。

それぞれが担当する現場を持ち、若手やベテランと共に作業を進める事によって、一つ一つを終わらせながら進めていた頃に比べ比較にならないほどのスピード感を感じています。

担当する現場を持つことによって互いに切磋琢磨し、又競争心も生まれ、結果的に工程の短縮により利益も上がり、それが自信に繋がっていくのだと思っています。

この良い流れを確立させて、層の厚い部署にしていきたいと考えています。
 
先日、若手の一人が国家試験に合格しました。
 
ここらで、力の差を見せつける必要がある為、一級土木施工管理技士の試験を受けようと思っています。
 
業務部 菊池一彦

2018年3月6日火曜日

スタッフレポート「2018年を迎えて」

2018年を迎え、今年の目標を決めるにあたり、その為に昨年の年初に掲げた目標をもう一度確認しました。

昨年の年初に掲げた目標は、5Sの再徹底でした。

場内全般の5Sがマンネリ化から少しずつ衰退してきているのを感じ、目標にしたのですが、一年後、実施出来ている箇所もありますが、場内全般は実施出来ていないのが現状です。ですから、5Sは目標にしつつ、昨年と同じでは、進歩がありませんので、5Sの再徹底と場内全般の働きやすさの向上を目標にしたいと思います。

5Sが整っている事も働きやすさ向上になりますし、また、夏場の熱中症対策や労働環境の改善など、さまざまな改善を検討し、労働災害や作業員の体への負担を減らしていける様、熟考していきたいと思います。

新入社員のリクルートが難しい世上の状況を少しでも改善出来るよう、可能な事から進めたいと考えています。
 
本社工場 飯田一樹

2018年3月5日月曜日

スタッフレポート

寒い日が続いています。雪が今年は、一度にたくさん降ることはないですが、降る日数が多いように思います。

年始の事ですが、今年の初詣を広島東照宮に行ってきました。
 
正月休みのうちにと思って、一度行きましたが、その時は人が多く、階段を下って、道路まで列が伸びていましたので、行列で待つのが大の苦手な私は、列を見た瞬間に諦め、第3週の休みの日にゆっくりとお参りしてきました。

本殿で参拝を済ませ、時間があったので、二葉山の山頂にある、金光稲荷神社まで、足を伸ばしてみました。人が少なかったこともあり、山頂までの道中は、静かで穏やかな気持ちでいられました。

近くでもいい所があるのだという事と、お参りは静かな日にした方がいいと再発見した初詣となりました。
 
営業部 中尾友暁

 

2018年3月2日金曜日

スタッフレポート

バタバタと忙しく過ごすうちに、今年もとくに何も変わったことのない年末年始でした。

毎年元日は祖父の家で親せきが集まり、二日は義父のところへ挨拶に行きます。

毎年「今年こそは南国にでも旅行に行ってやるぞ」と意気込むのですが、費用や渋滞を考えると一歩踏み出せずにいます。その結果、家でゴロゴロ不摂生して過ごし、秋から年末にかけて絞ってきた体重が元の状態へ戻りました。

ここのところ少し痩せてはリバウンドの繰り返しなので、なんとか夏までに痩せて、それをキープできたらと思います。

仕事に於いては今年も資格に挑戦しますので、いつもみたいにギリギリ追い込まれてからではなく、計画的に勉強できる体制を作りたいと思います。
 
業務部 藤元勇太

2018年3月1日木曜日

スタッフレポート

この冬は、雪道走行が続いています。

業務車両のほとんどがスタッドレスタイヤを購入していただいてはいますが、凍結路面や坂道ではスリップする事も多く有ります。
 
山陰の現場の運行時、色々な車両事故現場を見る事が有り、決して他人事ではないとハンドルを握る手に力が入ります。
 
雪道でも車間距離をとらない車両や、無理な追い越しをしようとする車両がいます。
 
周囲に気を配り、自分本意の運転にならないように集中して運転し、事故なく春を迎えたいと思います。
 
業務部 大村治生

2018年2月28日水曜日

スタッフレポート

2018年、新たな年がスタートしました。

ネットやニュースでは、中東、東アジア情勢など、不穏な空気が拡がっていますが、グローバルな視点を持ちつつ、マクロ的視点に立ち、今やるべき事をしっかりやっていこうと考えております。

今私は大きな現場を任されております。

順調に作業が進んでいるとはいえず、毎日のように予定外の事が起こり、その都度自らで判断し進めていきます。

小さな事なら臨機応変に対応するのですが、工程が変わるような事案であれば今後の進捗を逆算しなおし、下請業者さんに調整してもらいます。

しかし、業者さんも当然ここの現場だけではない為、工程に狂いが生じると他の現場に行けない、又日程が空いてしまうといった状況になってしまいます。

責任者というのはそういった周りの人達の時間を割り振り、拘束しているという自覚が必要です。その為、判断するという事はとても重圧がかかります。

毎日現場で作業していると、特に順調にはいっていない現場だと、段々と視点が小さく、マクロになって行くのを感じます。現場以外の事は考える余裕がなくなります。

そこで、もう一度気持ちを切り替えて意識的に視点を大きくもつよう心掛ける事、グローバルな視点を持ち、バランスを保つことが、物事がうまくいく一番大事な事だと考えています。
 
業務部 菊池一彦

2018年2月27日火曜日

スタッフレポート

いつものように身近な事柄から発展し、壮大でどうしようもない閉め方をする文章になります。
 
大型寒波の影響で車通勤を余儀なくされています。

というのも僕は普段は、原付で通勤しています。原付通勤の良い点はガソリン代も安く、また、車も1台しかないので、日中の妻の移動手段確保、通勤時の渋滞回避ができるのでとても気に入っています。

しかし、寒波の影響で原付では転倒の危険があるので、車通勤も仕方ありません。
 
先日、テレビで深夜に洋画の「デイ・アフター・トゥモロー」(2002年公開)をやっていてたのを思い出しました。

 あの映画では人間が化石燃料を消費しすぎたのが原因で、巡りめぐって地球は氷河期に突入するという内容だったのですが、あながちフィクションだと無下にできないようになってきたと感じます。

環境保全に対して僕一人にできる事はないように思えますが、自分に負担の少ない限り、できる事はやっていきたいと大寒波から巡って思いました。
 
業務部 森川誠

2018年2月26日月曜日

「第21回環境コミュニケーション大賞」において、【優良賞】を受賞しました


この度、環境省と一般財団法人 地球・人間環境フォーラム主催の「第21回環境コミュニケーション大賞」において、当社の環境活動レポート第50期が【優良賞】を受賞しました。

2月21日(水)に、品川プリンスホテルにて表彰式が行われました。

「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書や環境活動レポート等を表彰することにより、事業者などの環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とされています。

審査を経て、大賞、優秀賞、優良賞、新人賞が授与されます。

当社は、

・「環境力道場」にて、人材育成に力を入れている点
・CO2削減の進捗管理を、工場・部署別で可能な範囲で分け、きめ細やかな単位で管理している点
・先進的な環境教育を実施している点

が評価され、環境活動レポート部門130点の応募の中から、優良賞を受賞しました。

今後も環境コミュニケーションに積極的に取組み、環境活動レポート等で環境情報の開示を行ってまいります。



 

スタッフレポート

食べ過ぎでお腹周りが気になる事があります。

腹筋を鍛えようと筋トレを行いますが、すればするほど腰に違和感を招くことがあります。

日本バスケットボール協会では、昨年から指導者養成の場で上体起こしを「推奨できないトレーニング方法」として周知を進めているということです。

協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究です。ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表しました。
 
何度も繰り返すことで、背骨の間の椎間板(ついかんばん)を痛めるといいます。完全にしないほうがいいというわけではないでしょうが、運動の初心者や知識がない人が行えば間違ったやり方で続けるので腹筋を鍛えるより腰を痛める方がメインになります。

最近では、自重スクワットやサイドブリッジ、クロスクランチなどの方法があり、中でもプランクポーズは腰に負担がかからない、いい方法と言われています。体幹トレーニングといわれているものです。
 
このような別のやり方もあるので、個人的にもこの方法で腹筋を鍛えていこうと思います。


営業部 福原史之

2018年2月22日木曜日

スタッフレポート「インフルエンザ」

この冬は、一段と寒さが厳しく感じます。

この時期といえば、インフルエンザの季節でもあり、学級・学校閉鎖とか聞かれるようになります。

予防注射をしていたら、かかったとき軽症といっても辛いインフルエンザです。
 
日頃からストレスを溜めるなどして体調が悪く体温が下がると、免疫力も低下してしまいます。そんなことにならない為には、体を冷やさないよう暖かくして、体調管理を工夫し免疫力をアップするように心がけることです。

その一つに、会社の接遇研修の時習った、あいうべ体操があります。大きく口を開けて動かすことで唾液を沢山だして免疫力をアップさせるだけです。

簡単な口を動かす体操なので、時間があればやるようにして、健康管理をしてゆきたいと思います。
 
総務部 藤岡広志

2018年2月21日水曜日

スタッフレポート

僕は今 新聞を取っていません。

節約のためにだったのですが、インターネットのサイトニュースだと内容に偏りができてしまいがちです。朝のニュースは最近はバラエティー番組のようなものが多く、あまりためになりません。

そこで、たまにコンビニで気が向いた時に新聞を買っています。

その日の気分により、日経新聞や読売新聞など違う新聞を買っています。すると新聞社毎に特色があるようで、それもまた面白いです。

ニュース解説者の池上彰は毎朝凡ての新聞社を読みきるそうですが、一般人には無理です。

池上彰ほどは無理なのですが、常に社会の動向に目を向けていれるようになりたいです。
 
業務部 森川誠

2018年2月20日火曜日

スタッフレポート

2018年がスタートしました。
 
倉橋工場では、汚泥のコンポスト化に関し、施設の改修工事や新たな機械の導入、作業工程の見直しを進めつつ処理の効率化を図ってきましたが、ようやく理想的な形が見えてきました。
 
「理想的」というのは、もちろん今の施設、環境、収益やコストの相場でのことであり、理想的な形は流動的なものですので、適宜アレンジを加えていかなければなりませんが、ベースとなる形が見えてきたというのは非常に大きな収穫です。
 
そのお陰で、今年は2日が仕事始めではありましたが、気持ち的に余裕を持って新年を迎えることができました。
 
今年も一年、無事故無災害を目指し、社員一同でより充実した工場管理に努めたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久

2018年2月19日月曜日

スタッフレポート

年末年始のお正月休みに、牛田山へハイキングに行きました。

いつもであれば、すぐに疲れてしまい翌日には筋肉痛になっていましたが、昨年、富士山へ登る為に良く歩いていたお陰か、筋肉痛にならずに済みました。

また、疲れも心なしか気持ちの良い疲れだったように思います。
 
日頃から体を動かす事の大切さを感じた出来事でした。

富士山登山は終わりましたが、引き続き歩く習慣をつけたいと思います。

総務部 山田佳恵

 

2018年2月15日木曜日

スタッフレポート

今年の抱負は、無病息災 一年間病気をせず健康に過ごす事です。 その為には、まずは健康な体を作り維持する事!と言う事で、元旦にランニングシューズとトレーニングウエアが入った福袋を購入し、中二の息子と夜ランニングしてます。今日で五日目なので三日坊主はクリアーしました。
 
 昨年は体力の衰えを実感した一年になったため、さすがにこのままだとヤバイなと思い、嫌いなランニングをする事にしましたが、一日二箱以上吸っていたタバコを止めて三年半、体力作りでランニングと、改めて我ながら、クソじじいになったなと痛感しております。

また、カンサイではロゴも変わり、世間では少子化に伴い働き方も大きく変わっていく変化の年になると思います。

自分自身も変えるべき所は変えていき、業務部も変えるべき所は変えていき、良き仲間、良き職場と言える、思える環境を目指したいと思います。

業務部 大村治生

2018年2月14日水曜日

スタッフレポート

2017年の目標を掲げていましたが、いくつか達成出来ました。

一つは、富士山登頂!近場の山で練習を重ねて実現出来ました。

二つ目は、十年日記の一年目!最後頃は少しさぼりがちになりましたが、なんとかクリア・・・

三つ目は、フェルトアートの作品を作ること。

昔から手作りのものが好きで、オリジナルの作品をこれからも作り続けたいと思います。


さて、2018年の目標は・・

10年日記の二年目は決定ですね。

2018も充実した年になるように頑張りたいと思います。
 

写真は、フェルトアート作品  我が家のワンコです。
 
総務部 金子美絵