2018年2月8日木曜日

スタッフレポート「環境整備」

本社工場では、長年の課題だった廃プラの飛散防止対策として、破砕場をネットで囲いをし、重機旋回範囲は開閉式にして作業に支障がないようにする工事を、仕事の合間をみつけて進めていき、完了しました。

毎日カラスが廃プラをくわえて、場内は元より周辺にも飛散させてしまっている現状です。
 
年末にはシートやネットで飛散防止対策はするのですが、年始にはカラスによって飛散が見られますので、2018年こそは気持ちよく新年を迎えられるように、年内に完了させる目標を立て最優先で取組みました。

これで、全ての課題がクリアされたわけではありませんが、一つ一つ取組んでいき、安心安全な本社工場にしていきたいと考えています。

本社工場 北川貴伸