2018年3月29日木曜日

スタッフレポート

3月に入り、いよいよ年度末です。

業務部では例年この時期は気持ちに余裕がなくなり、小さな事故が起こりがちなのですが、本年度は互いに注意しあいながら無事故で来ています。

原因の一つに、若手の技量が少しずつ上がり心に余裕ができてきたのではないかと思っています。また現場を任される事によって責任感や、充実感が生まれ仕事量は例年と変わらないのですが、心に余裕ができ周りに気を遣えるという良い環境が芽生えつつあると感じます。

また、ベテランも意気に感じて協力してくれています。

とはいえ、こういった時にこそ、慣れによる事故が起こりやすいので、自分自身も含めて最後まで緊張感を持って本年度を乗り切りたいと思っています。
 
業務部 菊池一彦

2018年3月28日水曜日

スタッフレポート

年末大掃除で自分の周辺をきれいにしたのも束の間、最近気がつくとまた、物が増えて整理しないといけない状況です。

掃除することは嫌いではないですが、中々物が捨てられない性格です。

断捨離という言葉が流行っていますが、私も実践してみてわかったことがあります。私の場合、考えると今いらなくても必要な時がくるとか、持っていれば価値が上がる等、金銭欲的な要素が邪魔をするので、結局捨てる物が少なくなってしまいます。

断捨離とはただ物を捨てるだけではなく、心を整理することだと感じます。物を捨てる前にまず、私利欲を捨て心の整理をしてみたいと思います。生活環境の中で散らかすことが多くなると、自分の心も乱れている証拠だと思います。
 
心に余裕をもって、そこから周辺の整理をしてみたいと思います。
 
営業部 福原史之

2018年3月27日火曜日

スタッフレポート

先日見ていたテレビ番組で、あるタレントが東京都内の古い空き住居を購入し、DIYでリフォームする企画を放送していました。
(まだ完成していませんし、何週にも渡って放送している番組ですので、ご覧になった方もいるとは思います。)
 
一つ一つ自分の手で、時には職人さんの力を借りながらも、生まれ変わりつつある家の様子を毎回楽しんで見ています。
 
とある場面で「大きな問題に突き当たりました」とテロップが出たのですが、どうやら今から床を剥がそうとしているその部分に使われている建材にはアスベストが含まれており、不用意に作業できないとの事。
 
アスベストは非常に軽く飛散しやすいので、専門業者に依頼しその部分の作業をしたようです。

防護服に防塵マスクとゴーグルをした作業員さんが、なにやら液体を散布しながら床材を剥がしていましたが、その液体は特殊な糊の様なもので、アスベストを舞い上がらせないようにするものだそうです。
 
今回は専門業者に作業してもらったため、剥がした廃材などの処理をタレントさん個人ですることはなかった様ですが、画面隅に「個人で行った場合、廃材処理は各自治体の指示に従って~」というテロップが出ていました。
 
昨今DIYという言葉も定着しホームセンターのDIYコーナーは沢山の人で賑わい、簡単なものから家丸一軒までDIY人口は増えてきていると思います。

何かを作ったり、作り替えたりした場合はそれに伴ってゴミが出ます。

この番組で直面したアスベスト問題以外にもDIYをする上で廃棄物に関わる問題が何か出てくるかもしれません。

廃棄物の事はやはり身近な問題なのだと改めて思いました。
 
総務部 吉村綾子
 

2018年3月26日月曜日

スタッフレポート

このたび、2級土木施工管理技士の試験に合格しました。

試験は学科と実地に分かれており、学科は4択のマークシート式で選べばいいものなので簡単ですが、実地は、すべて記述式で自分の経験を文章にしたりするので、とても難しかったです。

この資格を取得することで仕事の幅が広がっていくと思いますので、ますます頑張りたいと思います。
 
そして、また新たな資格を取得するため、日々学びの姿勢で取り組んでいきたいと思います。
 
業務部 水田竜志


2018年3月22日木曜日

スタッフレポート

先月誕生日だったのですが、誕生日当日に仕事から帰ると、宅配便で友達から荷物が届きました。
 
箱を開けると、中には綺麗な花束が入っていました。
 
花束は箱から出してそのまま飾れる、花瓶のいらないエコゼリー入りのブーケで、最近はこんな便利なのものがあるのかと驚きました。
 
一人暮らしだと花瓶は小さなものしか置いておらず、水かえはついつい忘れてしまいがちなので、私みたいな人にはすごく有り難いです。

また、母の日や遠方に住んでいる人にも贈ることが出来るので、私も利用したいなと思いました。
 
歳をとるのは嬉しくないですが、誕生日を祝ってもらえるのはいくつになっても嬉しく、友人からのサプライズがとても嬉しかったです。
 
カンサイでは、誕生日には会社からプレゼントとケーキが頂けるので、今年は会社からと友達からのサプライズで、ダブルで嬉しい誕生日を過ごすことが出来ました。
 
総務部 舛本奈美

 

2018年3月20日火曜日

スタッフレポート「電気自動車」

私達の社会生活の中で、自動車なしでは考えられません。

快適さや便利さとか自動車の価値は計りしれません。

しかし、その一方では大気汚染等地球環境に深刻な問題を与え続けてます。

化石燃料から地球にやさしいエネルギーの開発がされる中、電気自動車が注目され自動車産業は大きく変わろうとしています、近い将来、ダイソンとかグーグルとか異業種から参入するとかいわれてます。

これから、自動車メーカーだけでなく、異業種の産業にも大きく経済的影響がある事と思います。

これから、経済優先から環境優先に変わってゆくことを思います。
 
総務部 藤岡広志

2018年3月19日月曜日

スタッフレポート「今年の目標」

例年、個人目標を心の中で立てるのですが、今年はそれを本社工場に掲げました。

私は、喜怒哀楽が激しく、なかなか冷静な判断や的確性に欠けるところがあります。

そこで今年は『平常心』という目標を立てました。

本社工場のスタッフへの対応や運営など変化をしなければいけないことは理解しているものの、どう変化すればよいのかが分からずに、これまでは半ば勢いで進めてきました。

今年は私が変化することで、スタッフに達成感や充実感を体現してモチベーションを上げて欲しいとの思いです。

そのためには、自分の価値観ではなく、相手や環境が何を求めているのか考え理解することが大切と思います。

今年一年『平常心』を肝に命じて頑張っていきます。
 
本社工場 北川貴伸

2018年3月15日木曜日

スタッフレポート

先日生まれて初めて火事の消火現場を目撃しました。

マンションの6階辺りが火元らしく、その上の階はススで真っ黒になっていて、下の階は水浸しになっていました。

私もマンションの5階に住んでいるので、凄く怖いなぁと思いましたし、いざという時は安全な行動ができるのか、とても不安です。

私のマンションでは、今年に入ってからも火災警報の誤報がありました。

前回同様慌てましたが、願い通じて誤報でしたので取り立てて何もしないですみました。

こうゆう事に慣れてしまうのはとても危険だと思います。しっかりとした対策をしなければと思いました
 
総務部 金子美絵

2018年3月13日火曜日

スタッフレポート

家庭ごみの集積所収集をやめ、各家庭の前にごみを出してもらう「個別収集」が都市部で増えているそうです。

マナーの改善を期待して始まった試みのようですが、ごみの量が減るという思わぬ効果もあるようです。なかなか興味深いニュースだなと思います。

誰が出したごみかが明確になるため、ルーズだった分別や出す時間に気を付けるようになると。集積所でそれが出来ないものかと思いますがやはり難しいのでしょう。

収集業者の手間が増えることになる、こういう方法を試さざるを得ない状況は少し寂しいような気もします。

営業部 橋本一広

2018年3月12日月曜日

スタッフレポート

昨年末から週末の休みのたびに庭の手入れをしています。

今の家に引っ越して3年半が経ちましたが、庭の手入れをするのはほぼ初めてです(草刈りだけは年数回やっていましたが)。

決して今まで怠けていたわけではなく、他にやることがあったため、ずっと後回しになっていました。当然のことながら庭は鬱蒼としており、周りの人からは「この家、本当に人住んでるの?」と思われていたのではないかと思います。

そんな庭の樹々をバッサバッサと切っていき、太いものは薪用に確保しつつ、細かい枝葉は畑で燃やし、1ヶ月半の休日のほぼ全てを費やし、ようやく一通り手を入れることができました。庭師の方が見れば「無惨」な庭かもしれませんが、自分としては、空が良く見えるようになり、スペースが広くなったので大満足です。

庭が片付いたので、次は更に後回しになっている納屋の片付けです・・・。

庭木の剪定屑は畑で燃やせたのですぐに片付きましたが、納屋のゴミはそういうわけにはいかないので長丁場必至です。

まだまだ「やらないといけないこと」が山盛りで、「やりたいこと」がなかなかできない状況ですが、せっかくの休日なので、庭木の薪でおやつを作ったりするなど、楽しみを後回しにするのではなく、楽しみながら作業を進めていきたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久

2018年3月8日木曜日

スタッフレポート

1月に父親がインフルエンザにかかりました。

私自身にはうつりませんでしたが、39度の高熱が出て、とても大変そうでした。

今はすっかり良くなっていますが、まだまだ寒い日が続きます。

人混みなど感染しそうな場所には充分注意をして、手洗い・うがいをこまめにしていこうと思います。
 
総務部 山田佳恵

2018年3月7日水曜日

スタッフレポート

3月に入り、業務部も年度末に向けて仕事に追われる日々が続いています。

しかし、数年前から比べると、若手が仕事を覚え自身をつけ、兼ねてからの目標である、「平行して仕事を進める」という事が形になりつつあります。

それぞれが担当する現場を持ち、若手やベテランと共に作業を進める事によって、一つ一つを終わらせながら進めていた頃に比べ比較にならないほどのスピード感を感じています。

担当する現場を持つことによって互いに切磋琢磨し、又競争心も生まれ、結果的に工程の短縮により利益も上がり、それが自信に繋がっていくのだと思っています。

この良い流れを確立させて、層の厚い部署にしていきたいと考えています。
 
先日、若手の一人が国家試験に合格しました。
 
ここらで、力の差を見せつける必要がある為、一級土木施工管理技士の試験を受けようと思っています。
 
業務部 菊池一彦

2018年3月6日火曜日

スタッフレポート「2018年を迎えて」

2018年を迎え、今年の目標を決めるにあたり、その為に昨年の年初に掲げた目標をもう一度確認しました。

昨年の年初に掲げた目標は、5Sの再徹底でした。

場内全般の5Sがマンネリ化から少しずつ衰退してきているのを感じ、目標にしたのですが、一年後、実施出来ている箇所もありますが、場内全般は実施出来ていないのが現状です。ですから、5Sは目標にしつつ、昨年と同じでは、進歩がありませんので、5Sの再徹底と場内全般の働きやすさの向上を目標にしたいと思います。

5Sが整っている事も働きやすさ向上になりますし、また、夏場の熱中症対策や労働環境の改善など、さまざまな改善を検討し、労働災害や作業員の体への負担を減らしていける様、熟考していきたいと思います。

新入社員のリクルートが難しい世上の状況を少しでも改善出来るよう、可能な事から進めたいと考えています。
 
本社工場 飯田一樹

2018年3月5日月曜日

スタッフレポート

寒い日が続いています。雪が今年は、一度にたくさん降ることはないですが、降る日数が多いように思います。

年始の事ですが、今年の初詣を広島東照宮に行ってきました。
 
正月休みのうちにと思って、一度行きましたが、その時は人が多く、階段を下って、道路まで列が伸びていましたので、行列で待つのが大の苦手な私は、列を見た瞬間に諦め、第3週の休みの日にゆっくりとお参りしてきました。

本殿で参拝を済ませ、時間があったので、二葉山の山頂にある、金光稲荷神社まで、足を伸ばしてみました。人が少なかったこともあり、山頂までの道中は、静かで穏やかな気持ちでいられました。

近くでもいい所があるのだという事と、お参りは静かな日にした方がいいと再発見した初詣となりました。
 
営業部 中尾友暁

 

2018年3月2日金曜日

スタッフレポート

バタバタと忙しく過ごすうちに、今年もとくに何も変わったことのない年末年始でした。

毎年元日は祖父の家で親せきが集まり、二日は義父のところへ挨拶に行きます。

毎年「今年こそは南国にでも旅行に行ってやるぞ」と意気込むのですが、費用や渋滞を考えると一歩踏み出せずにいます。その結果、家でゴロゴロ不摂生して過ごし、秋から年末にかけて絞ってきた体重が元の状態へ戻りました。

ここのところ少し痩せてはリバウンドの繰り返しなので、なんとか夏までに痩せて、それをキープできたらと思います。

仕事に於いては今年も資格に挑戦しますので、いつもみたいにギリギリ追い込まれてからではなく、計画的に勉強できる体制を作りたいと思います。
 
業務部 藤元勇太

2018年3月1日木曜日

スタッフレポート

この冬は、雪道走行が続いています。

業務車両のほとんどがスタッドレスタイヤを購入していただいてはいますが、凍結路面や坂道ではスリップする事も多く有ります。
 
山陰の現場の運行時、色々な車両事故現場を見る事が有り、決して他人事ではないとハンドルを握る手に力が入ります。
 
雪道でも車間距離をとらない車両や、無理な追い越しをしようとする車両がいます。
 
周囲に気を配り、自分本意の運転にならないように集中して運転し、事故なく春を迎えたいと思います。
 
業務部 大村治生