2018年4月19日木曜日

スタッフレポート

我が家には妻の持ち物であった七段の雛飾りがあり、桃の節句に毎年全部並べようとしては面倒で断念することが続いていましたが、今年こそはと一時間半かけて完成させました。

この雛飾りは、妻の祖父母が大阪で安くていいものが手に入るということで、わざわざ買いに行ったらしく、妻の母が大切に保管していたものを娘に譲り受けました。

今回全部揃った飾りを娘は喜んで見てくれました。来年も頑張ろうと思います。

ただ、せっかく出してもすぐに片づけないといけないのが切ないですね・・・。

 業務部 藤元勇太


2018年4月18日水曜日

スタッフレポート

今月私のいとこが結婚式を挙げる予定があり、とても嬉しく思っています。

今、御祝儀や当日着ていく服装等の準備をしている所です。

先日、母親から御祝儀を渡しに行こう。と提案がありました。

私は今まで、御祝儀は結婚式当日に会場へ持参し、受付の方へお渡しするのがマナーだと思い込んでいました。

実際には、結婚式よりも前に本人のお宅へ持参し、直接本人へお祝いの言葉を贈り、御祝儀も本人へ渡すのが本来のマナーであるとの事でした。

こうした普段なかなか経験しない事があると、まだまだ知らない事がたくさんあるのだと考えてしまいます。

まだ、結婚式まで時間がありますので、しっかりと準備していきたいと思います。

総務部 山田佳恵

2018年4月17日火曜日

スタッフレポート

理想の体型を維持する為に、食生活の改善や適度な運動をしているのにも関わらず、気がついたら少し太っていたり、脂肪がついたりして油断にならない時があります。知らず知らずに太っているのには意外にもクセが関係しているみたいです。

いくつかの要因があり、
 
「早食い」・・・消化不良になり、太る原因になります。
 
「食事を抜く」・・・夜に近い食事であるほど栄養吸収力が高まる為、朝食なしで夕食ありの人は太りやすいといいます。
 
「ストレス発散に食事」・・・特に過剰に食べたり、飲んだりする習慣がある人の約75%は、ストレスが溜まり続けることを発散する為に過食になりやすいです。
 
「もったいない食い」・・・食べ放題や残すのがもったいないと、お腹がいっぱいでも限界以上に食べ過ぎになります。
 
「夜更かし」・・・睡眠不足になると、食欲を調整するホルモンが分泌異常を起こし、食べたい気持ちが高まるそうです。
 
「常夜灯を点けて寝る」・・・熟睡できないと、脂肪が分解してくれる成長ホルモンが分泌されにくくなり、代謝も下がって太っていくというメカニズムがあります。
 
これらは意外にも結構当てはまることが多いかもしれません。

自分でも気づかない内に続けていることがあるので、これらを意識的に解消すると、効率の良い体型が維持できるかもしれません。
 
営業部 福原史之

2018年4月16日月曜日

スタッフレポート

先日、長女が誕生日を迎えました。

中学1年生の長女に、誕生日プレゼントは何が良いかと聞いたら、帰ってきた答えにビックリしました。

予想では、カワイイ洋服とかカワイイ小物とかを想像していましたし、普通の中1女子は、そうだと思います。しかし、彼女の答えは、ギターのアンプでした。

確かにギターは本人の希望で習わせていますし、色んなライブにも参加させていただいていますが、まさか誕生日プレゼントがギターアンプとは思わず、ビックリしました。

結局、買ってやったので、喜んで使っています。その様子を見て、我が子ながらやっぱり面白い子だなと思いました。
 
本社工場 飯田一樹
 

2018年4月12日木曜日

スタッフレポート

今年も激しいカープのチケット争奪戦が終了しました。

会社の年間指定席での先行販売で惨敗、その他の先行抽選発売、一般発売と共に撃沈! 球場の売り場では一か月も前から交代で並ぶ人も居たとか。

ネットではすでに高額でチケット売買が行われています。転売目的購入者を介してのチケット購入だけは、腹が立つので絶対にするつもりはありませんが、多くの人が結果として転売者を介してのチケット購入を余儀なくされています。

そろそろカープ球団側も売り上げ、入場者数が良ければいいから、本格的な対策を考え講じていかないとファン離れに繋がってしまうのではないかと。

ガラガラの球場で酔っぱらいのオッサンがカープうどんの汁をこぼして歩いていた頃が懐かしく、消化試合のチケットを親父に貰い友達と旧市民球場に行っていたころを思い出します。

まさかこんなプレミアムチケットになるとは、ネット売買がなければこんなことにもならなかったのでしょうが。

行ける試合は精一杯楽しみたいと思います!たぶん飲みすぎて途中で寝落ちすると思いますが。

業務部 大村治生

2018年4月11日水曜日

スタッフレポート

先日、サンフレッチェ広島の開幕戦を観に行きました。

今年はタイの英雄と言われているティーラシン選手が加入したので、活躍してくれるのを楽しみにしています。

まだシーズンが始まったばかりですが、開幕戦は昨年みたいなヒヤヒヤするシーンが少なかったので、今年は昨年よりも良いのではないかなと期待しています。

今年は名古屋に移籍をした元サンフレッチェの佐藤寿人選手との直接対決や、鹿島に内田選手が海外から戻ってきたので、試合で見れるのを今から楽しみにしています。

ユニホームは高いので毎年新調は出来ないのですが、今年はタオルマフラーを新調してしまったので、それを持ってしっかり応援したいと思います。

総務部 舛本奈美

2018年4月10日火曜日

スタッフレポート

日本のメダルラッシュに沸いた平昌オリンピックが閉幕しました。

開幕の頃は政治的な話題も多く、あまり興味を持てなかったのですが、やはり日本がメダルを取ると嬉しいもので、自分の中ではここ何回かのオリンピックの中で一番盛り上がりました。

今回は前評判の高かった選手が実力通りの結果を出すことが多く、4年に一度の舞台に臨む準備と、なによりそのメンタルの強さに感動しました。

今の若い世代がみんなそうなのか、それとも努力で高められたものなのか、一発勝負の場面で力を出し切るのは本当にすごいことだと思います。

2年後の東京オリンピックは是非直接観戦したいと思います。

営業部 橋本一広

2018年4月9日月曜日

スタッフレポート「受賞式」

カンサイの環境活動レポートが、この度環境省主催の環境コミュニケーション大賞優良賞を受賞しました。

この賞は、環境に対する取り組みをCSR報告書や環境活動レポートにし、情報公開をしている優秀な企業に贈られます。

会社を代表して、私が受賞式に行って来ました。

受賞式には日本を代表する大企業が顔を揃え、私がこの場に居てよいのかと思う程でした。

カンサイのレポートは、環境力道場で皆で知恵を出し、NPO法人環境文明21の加藤先生、藤村先生の指導を仰ぎながら作り上げました。本格的なレポート作りを始めて5年、毎年応募してやっと受賞することができました。

皆で毎年少しずつ、内容を濃いものにしていった努力が少し報われたような気がします。

授賞式時に今までのレポート作りを思い出してみると、レポート作りも、目標や夢も一気に達成することは出来ません。日々の積み重ねと勉強、諦めない心が大切で、それをやり遂げた者だけが受賞する権利を得られのではないのでしょうか?

この諦めない思いを心に留めて、これからも仕事に精進していきたいと思います。

本社工場 北川貴伸


2018年4月5日木曜日

スタッフレポート

楽しみにしていた平昌オリンピックが終わってしまいました。4年に一度の祭典には、選手達のそれにかける思いが強い分、色々なドラマや感動が生まれます。
 
私は、今回一番応援していた宇野昌磨君が銀メダルを取り、カーリング女子が銅メダルを取れてもらい泣きしてしまいました。カーリングは、とても静かで長い戦いを何試合も行わなくてはならないので、非常に忍耐力が必要な競技だと思います。

辛い場面でも、明るく最後まで諦めなかった彼女たちの姿勢に元気と感動をもらえました。

ほかにも挙げればきりがないほど、感動場面がありましたが、思うような結果が得られなかった選手たちにも次回に期待してお疲れ様と言いたいです。
 
総務部 金子美絵

2018年4月4日水曜日

スタッフレポート

任されている下水管路のテレビカメラ調査も終盤を迎えています。

歩行者、車両の通行量が多い箇所ということもあり、作業車両の設置位置や交通規制の仕方などかなり気を使って作業しました。その他、近隣のお店や住人の方への作業前の声掛けなどいつも以上に注意しました。日進量は納得いくものではないものの、毎日ヘトヘトで会社に帰っていました。

思えばこの1年はほぼ下水道の調査業務をこなしていたように思います。専門性を追求し技術力を高めるには、充実した1年間だったと思います。

また、この先につながるように成果物はもちろん、自分の気づいた事を書き記して残していきたいと思います。
 
業務部 水田竜志

2018年4月2日月曜日

スタッフレポート「寒冬」

少しずつですが、春に向かっています。

全国的に今年の冬は、気温が低い日が長く続くなど記録的な天候でした。

こうした気候が、交通機関等、私たちの生活にも大きく影響しています。

近年、地球温暖化による地球環境の問題が至るところでおきています。私たちの何不自由ない暮らしのつけが、こうした形に現れているのでしょうか。

今年1月より、お隣の中国では、環境保護税という大気汚染や水質汚染の環境対策の導入がされ、排出量の多いい企業には負担が多く課されるようです。

これ以上、地球環境が悪化しない為にも、私達ひとりひとりが、地球にやさしくなれればと思います。
 
総務部 藤岡広志